バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用

タツナビではバイアグラ病院ではED(勃起不全)の改善や対策に効果のあるバイアグラ、シアリス、レビトラの効果効能や飲み方、他のED治療薬の細かい情報などなどを読みやすく判り易くまとめてある専門サイトになります。

勃起不全(インポ)

勃起不全(インポ)は早期改善が重要!放置は厳禁

更新日:

本記事では、勃起不全(インポ)の早期治療の大切さについてまとめていきます。単にセックスやエロに関することとして勃起不全(インポ)を軽視し、治療せずに放置している男性は多くいます。

しかし、勃起不全(インポ)は次に上げるような重大な疾患の前兆ともいえる症状であり、治療を投げ出して良いものではありません。

  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞

この2つの疾患と勃起不全(インポ)は、ともに血管の詰まりが原因にあるものです。対応してる血管はそれぞれ以下のものになります。

  • 勃起不全(インポ):陰茎動脈
  • 心筋梗塞:冠状動脈
  • 脳梗塞:内頚動脈

動脈硬化によって、これらの血管が詰まることによってそれぞれの症状が発症することになります。この動脈のうち、最も細く詰まりやすいのが陰茎動脈です。

そのため、勃起不全(インポ)は、他の疾患に先んじて発症することになります。これが勃起不全(インポ)が心筋梗塞や脳梗塞の前兆といわれるゆえんです。

心筋梗塞や脳梗塞を予防するためにも、勃起不全(インポ)の治療は本腰を入れて取り組むべきものです。バイアグラなどのED治療薬は、継続的に服用することによって血液の流れを改善させることが分かっています。

海外通販サイトからの海外個人輸入で入手コストを抑えつつ、日々ED治療薬を積極的に服用していくようにしましょう。

勃起不全(インポ)は早期の治療が大事

「勃起不全(ED・インポ)とは?EDと判断される基準」という記事でもまとめたように、かつて勃起不全(インポ)は侮蔑の対象でした。その症状が世間に知られるということが恥だったわけですね。

しかし、バイアグラというED治療薬の登場以降、このような認識は急激に過去のものになりつつあります。勃起不全(インポ)が病気の症状とみなされるようになり、医薬品などによる治療の対象であると考えられるようになったということです。

このような世間の認識の変化もあり、最近では勃起不全(インポ)の症状でクリニックを訪れることや海外通販などを利用しED治療薬を個人輸入することは一般的なことになりつつあります。

年齢を問わず多くの男性が行っていることであり、そこにかつてのような「恥」を感じることはなくなりました。その結果、多くの男性が若かりし頃の勃起を取り戻し、満足のいく性生活を送れるようになっています。

勃起不全(インポ)の原因は「年齢」ではない

しかし、このような認識の変化にもかかわらず、いまだに勃起不全(インポ)の治療に消極的な男性がいるのもまた事実です。

「年齢も年齢だしもうセックスからは引退で良いかな」
「いい歳になってセックスにがっつくのも大人げないかな」

このように考えている方はいまだに多くいます。このような考え方をしている男性には次の視点が抜け落ちています。

それは、「勃起不全(インポ)の原因は単純な加齢ではなく、身体の老化にある」ということです。医学の研究結果によると、健康体であれば人間の男性は60歳を超えてなお正常な勃起をすることが出来るとのことです。

つまり、勃起が出来ないのは年齢のせいではなく、あなたの身体が生活習慣などの理由によって衰えてしまっているサインであるということです。

>>勃起不全治療薬ランキング<<

勃起不全(インポ)は重大な疾患の前触れである

「勃起不全(インポ)になってしまう様々な原因や要因」という記事にてまとめているように、勃起不全(インポ)にはさまざまな原因があります。それら原因の中で最もポピュラーなのが器質性の勃起不全です。

精神面でなく身体に原因がある勃起不全ですね。中高年とよばれる年代の男性の勃起不全(インポ)はほとんどが器質性のものと考えて問題ありません。

前述したように、このタイプの勃起不全(インポ)は、年齢を重ねたからといって必ず発症するものではありません。負担となるような生活習慣病を繰り返すことによって身体にダメージが蓄積され、その結果として発症するものです。

健康的な生活習慣を身につけることで身体を若々しく保つことが出来れば勃起不全(インポ)が発症するリスクはグッと低くなります。

勃起不全(インポ)は心筋梗塞や脳梗塞につながる

このように、勃起不全(インポ)は身体に蓄積されたダメージの結果として発症するものです。これは、「たかが勃起不全だしセックス諦めればそれでいいや」と簡単に無視できるものではないことを意味しています。

なぜならば、勃起不全(インポ)の症状が発症しているということは、重大な疾患の前兆である可能性があるからです。勃起不全(インポ)の裏で進行しつつある疾患には次のようなものがあります。

  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞

心筋梗塞は心臓の筋肉に血液を送る冠状動脈がふさがってしまう病気です。今では緊急の治療方法が確立されたこともあり致死率は下がりつつありますが、それでも死亡率は12%~30%にも及ぶ病気です。厚生労働省の発表によると、2015年には約37,000人もの人が急性心筋梗塞で亡くなっています。

また、梗塞とは脳内の血管が詰まってしまい脳内に酸素が行き渡らなくなってしまう病気です。その結果、脳内の細胞が壊死してしまい言語障害や手足の麻痺などを引き起こすものです。厚生労働省の発表によると、2014年の1年間に約66,000人が脳梗塞で亡くなっています。

勃起不全(インポ)は血管障害の初期症状

このように心筋梗塞も脳梗塞も、最悪の場合は、死に至る可能性のある重大な疾患です。勃起不全(インポ)の症状は、これらの疾患につながる身体の不具合ということです。

では、勃起不全(インポ)は心筋梗塞や脳梗塞とどのような関係があるのでしょうか。この答えを端的に言ってしまうと、「これらの疾患は動脈硬化によって発症するものだから」ということになります。

それぞれの疾患に対応する血管は以下のとおりです。

  • 勃起不全(インポ):陰茎動脈
  • 心筋梗塞:冠状動脈
  • 脳梗塞:内頚動脈

これらの血管が詰まってしまうことにより、それぞれの病気の症状が発症するということです。対象となる血管こそ違えど、どの症状も動脈硬化が原因である点は共通しているということですね。それぞれの動脈の太さ(直径)は次のようになります。

  • 陰茎動脈:1~2mm
  • 冠状動脈:3~4mm
  • 内頚動脈:5~6mm

このように、陰茎動脈⇒冠状動脈⇒内頚動脈という順で血管が太くなっていることが分かります。一番細く詰まりやすいのが陰茎動脈です。このため、血管の動脈硬化が進行するとまず陰茎動脈が詰まり、勃起不全(インポ)の症状が発症することになります。

その後、動脈硬化の症状が悪化するにつれて、冠状動脈、そして内頚動脈が詰まっていくことになります。症状としては、勃起不全(インポ)がまず発症し、その後に心筋梗塞、そして脳梗塞と病気が進展していきます。

これが、勃起不全(インポ)が心筋梗塞や脳梗塞の前兆と言われるゆえんとなります。

重大な疾患の予防のためにも勃起不全(インポ)の治療を

端的にまとめてしまうならば、「勃起不全(インポ)を患っている男性は心筋梗塞や脳梗塞の予備軍である」ということになります。

勃起不全(インポ)の症状ならば諦めがつく方、我慢できる方もいるでしょう。しかし、将来における心筋梗塞や脳梗塞の発症リスクとなると話が変わってくるかと思います。

心筋梗塞や脳梗塞は直接的に死へとつながる病気です。自殺志願者でもない限り、こんな病気はごめんこうむりたいものです。

このような観点からも、勃起不全(インポ)の早期治療は大事なこととなります。とあるデータによると、心筋梗塞の患者の7割弱に3年前ぐらいからの勃起不全(インポ)の自覚症状があったとのことです。

「勃起不全(インポ)が発症したまま放置をすると、3年後に心筋梗塞や脳梗塞になってしまう」

ちょっと極端ではありますが、このぐらいの心意気で早期治療に邁進するべきものが勃起不全(インポ)になります。たかが勃起と侮るなかれということですね。

勃起不全(インポ)はどのように治療するべきか

夜間勃起現象(いわゆる朝立ち)が自分が勃起不全(インポ)かどうかを判断する重要な指標であるとされています。

1週間ぐらいの間に連続して朝立ちが起こらない場合は、勃起不全(インポ)である可能性が高くなります。40歳を超えたあたりから血管の老化が急速に進むようなので、該当する方は注意をする必要です。

では、いざ勃起不全(インポ)の症状が発症してしまったらどのように対処すれば良いのでしょうか。勃起不全(インポ)の治療方法に関しては、「勃起不全(インポ)を改善する為の治療方法や薬」という記事にまとめています。基本的にこの記事に沿った治療を行っていけば問題ないはずです。ぜひチェックしてみて下さいね。

ED治療薬の継続使用で血管が若返る

ひとつ耳寄りな情報として、「バイアグラなどのED治療薬の継続服用によって血管の若返り効果を期待できる」というものがあります。ED治療薬はどうしても対症療法的なものであり、目先のセックスを可能にするための勃起を促すものです。

しかし、そんなED治療薬を3ヶ月間などの長期間にわたって継続的に服用することにより、動脈硬化が改善し血管の修復が見られたという研究結果があります。

動脈硬化の予防としては、どうしても生活習慣の改善などに目が行きがちです。それはもちろん大切なことですが、それと同時にED治療薬の服用も継続して積極的に行っていきましょう。

「ED治療薬を使ってガンガンにセックスをすることが心筋梗塞や脳梗塞の予防となる」

このように考えることが出来るということです。こんなおいしい話はありませんよね。

ED治療薬の継続使用には海外通販がお得

国内で正規に流通しているED治療薬を入手するためには、街中のクリニックで専門医の処方せんをもらう必要があります。また、保険適用外の医薬品となるので1錠あたりの価格も1500円程度と高額です。

この正規品ED治療薬の入手にかかる時間と金額のコストは、長期間にわたる継続にはキツいものがありますよね。仮に3ヵ月間もの間、毎日1錠ずつ服用するとすると、135,000円にもなってしまいます。

このED治療薬にかかるコストを下げる方法としては、海外製のED治療薬の個人輸入があります。

海外製のED治療薬ならば、1錠あたりの価格は300円から400円ほどです。また、日本向けの海外通販サイトを利用すれば、Amazonや楽天でネットショッピングをする感覚でED治療薬が配達されてきます。

長い期間にわたって継続使用する場合には、ED治療薬の海外通販の選択肢以外はないと個人的には思っています。ぜひチエックしてみて下さいね。

まとめ:勃起不全(インポ)は重大な疾患の前触れ

「年齢も年齢だし勃起不全(インポ)でも気にしない」
「セックスに対してがっついてると思われたくない」

このような理由から勃起不全(インポ)を治療しないで放置している男性は多くいます。しかし、勃起不全(インポ)は以下のような重大な疾患につながるようなもので、放置しておくことには大きなリスクがあります。

  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞

勃起不全(インポ)も上記の2つの疾患も、原因は動脈硬化にあります。それぞれ対応している血管に違いがあるのみです。

  • 勃起不全(インポ):陰茎動脈
  • 心筋梗塞:冠状動脈
  • 脳梗塞:内頚動脈

これら3つの動脈のなかで最も細く詰まりやすいものが陰茎動脈です。つまり、動脈硬化の初期段階において勃起不全(インポ)は発症するということです。

その後、動脈硬化の症状が進展していくにつれて冠状動脈や内頚動脈の詰まりにもつながっていきます。最初に症状にあらわれるのが勃起不全(インポ)ということですね。

逆に考えれば、勃起不全(インポ)を治療することは心筋梗塞や脳梗塞の予防となるということです。ED治療薬の継続使用で動脈硬化の症状が改善されたという研究結果もあります。

生活習慣の見直しという基本にプラスしてバイアグラなどのED治療薬も積極的に使用していくようにしましょう。ED治療薬の入手コストを抑えるならば海外通販サイトからの個人輸入がおすすめです。

>>勃起不全治療薬ランキング<<

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを投稿する

勃起不全(インポ)の早期治療
平均:  
 0 reviews

-勃起不全(インポ)
-, , , , , , , ,

Copyright© バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用 , 2020 All Rights Reserved.