バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用

タツナビではバイアグラ病院ではED(勃起不全)の改善や対策に効果のあるバイアグラ、シアリス、レビトラの効果効能や飲み方、他のED治療薬の細かい情報などなどを読みやすく判り易くまとめてある専門サイトになります。

ED(勃起不全)治療薬 シアリス

服用中の薬がある場合は?シアリスの併用禁忌薬と併用注意薬

更新日:

本記事では、シアリスの併用禁忌薬や併用注意薬についてまとめていきます。基本的に安全に使用できるED治療薬のシアリスですが、一部の医薬品とは飲み合わせが悪くなっています。

シアリスの併用禁忌薬としては以下の医薬品が代表的なものです。

  • ニトログリセリンなどの硝酸剤
  • 塩酸アミオダロン製剤
  • sGC刺激薬

また、心疾患系病気の治療に使われる血圧を下げる効果のある医薬品は、そのほとんどがシアリスの併用注意薬となっています。

今現在、常用している薬のある方は、その医薬品とシアリスとの飲み合わせについて事前にチェックしておき、少しでも不安がある場合には専門医に確認をするようにしましょう。

シアリスと飲み合わせの悪い医薬品に要注意

バイアグラとレビトラに続き日本国内において3番目に認可されたED治療薬であるシアリス。厚生労働省が承認をしている医薬品ということもあり、用法用量を守って使用する分には安全なものです。

しかし、シアリスは一部の医薬品とは飲み合わせが悪くなっています。シアリスとの併用禁忌薬に指定されている医薬品もあり、それらを服用している方はシアリスを使うことはできません。

本記事ではシアリスと飲み合わせが悪い医薬品についてまとめていきます。今現在、常用している医薬品がある方は、その薬とシアリスとの相性について事前にチェックをしておきましょう。

>>シアリスのお得な通販はこちら<<

ED治療薬はもともと狭心症の薬

シアリスを含むED治療薬に飲み合わせの悪い併用禁忌薬があるのはなぜでしょうか。それは、ED治療薬がもともと狭心症の対策薬だったことに理由があります。狭心症は、端的に言うと、心臓への血の巡りが悪くなってしまう疾患です。

そのため、狭心症の対策薬は、血圧を下げ心臓への血行を良くする効果があります。バイアグラも、もともとこの狭心症治療のために身体の血圧を下げる薬として開発されていたものです。

しかし、開発の過程でバイアグラにはペニスへの血行促進効果があることが分かり、ED治療薬として一躍有名になりました。そして、後に続いたED治療薬であるレビトラやシアリスも基本的には同じ仕組みのものです。

「血圧を下げ血行を良くする」

この本来ならば狭心症の治療に求められる効果がED治療薬にあります。そのため、同じような効果のある心疾患系の治療薬とバッティングしてしまうと過剰に血圧が降下してしまい身体に大きな負担となってしまいます。

シアリスの併用禁忌薬

このためにシアリスを含むED治療薬は、血圧を下げる効果があるような心疾患系の障害の治療に使う医薬品との併用が禁止されています。併用が禁止されている医薬品とシアリスを同時に摂取してしまうと、最悪の場合、死に至る危険性もあります。

シアリスでセックスを楽しみたいとはやる気持ちは分かりますが、まずは自分の常用している薬とシアリスとの飲み合わせをチェックする必要があります。シアリスの併用禁忌薬として指定されている医薬品はかなりの数があります。

以下に、そのうちから代表的なものをピックアップしていきます。ざっと確認してみて、「自分の服用している医薬品も当てはまるかもなぁ」と思ったら、ためらうことなく専門医のいるクリニックで詳細を確かめてみて下さいね。

ニトログリセリンなどの硝酸剤

硝酸剤は狭心症や心筋梗塞の治療に使用される医薬品です。詰まってしまっている血管を拡げ、身体全身の血行を促進する効果があります。心臓の負担を軽くするための薬ですね。

血管を拡げるということは、血圧が下がることを意味します。硝酸剤は一酸化窒素供与剤などとも呼ばれます。前述のように、この血圧を下げ血流量を多くするという効果は、ED治療薬の身体への作用にもまんま当てはまるものです。

そのため、硝酸剤とED治療薬を一緒の飲んでしまうと、この血圧を下げる効果がダブルで身体に作用することになってしまいます。その結果、急激に血圧が下がることとなってしまい身体に大きな負荷がかかってしまいます。

事実、日本国内にいて、バイアグラと硝酸剤を一緒に摂取したことによる死亡事故の事例も報告されています。硝酸剤は、飲み薬だけではありません。貼り薬、吸入薬、注射、塗り薬、スプレーなどのタイプもあるので注意が必要です。

塩酸アミオダロン製剤

塩酸アミオダロン製剤は、乱れてしまった心臓の拍動を正常に正す効果のある医薬品です。不整脈の治療などで使用します。商品名としては、アンカロンなどが知られています。

硝酸剤と同じく、この塩酸アミオダロン製剤とシアリスなどのED治療薬を一緒に摂取することで急激な血圧降下につながってしまいます。そのため、塩酸アミオダロン製剤を使用している方はED治療薬を使うことはできません。

sGC刺激薬

sGC刺激薬は、慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH、シーテフ)という難病の治療に使われる医薬品です。慢性血栓塞栓性肺高血圧症は、肺の血管に血栓ができてしまい肺の動脈の血圧が上がってしまうものです。

sGC刺激薬は、この肺の動脈の血圧を下げる作用がある医薬品です。繰り返しになりますが、シアリスなどのED治療薬にも血圧を下げる効果があります。そのため、sGC刺激薬とED治療薬とを一緒に摂取してしまうと「症候性低血圧」という状態になってしまいます。

つまりは、薬剤によって強制的に引き起こされた低血圧の状態ということですね。急激な血圧の低下により身体にショック症状が出てしまいます。このため、sGC刺激薬はED治療薬の併用禁忌薬に指定されています。

シアリスの併用要注意薬

また、禁止するほどではないにせよ、ED治療薬との併用には注意を払う必要があるとされた併用注意薬とよばれる医薬品もあります。医師に相談して適切な併用の方法を確認する必要があるということですね。

  • α遮断薬と呼ばれる前立腺肥大治療薬
  • 血圧を下げる作用のある医薬品全般
  • 急性心不全治療剤

これらの医薬品は血圧を下げる効果があるものです。シアリスなどのED治療薬の血行促進効果とバッティングしてしまうわけです。ダブルで血圧を下げる効果が身体に作用してしまうリスクがあります。

  • CYP3A阻害剤
  • HIVプロテアーゼ阻害剤

これらの医薬品は、肝臓にあるCYP3Aという酵素の働きを抑えるものです。CYP3Aという酵素はシアリスを含むED治療薬の有効成分を代謝するものです。

つまり、これらの医薬品を使用しCYP3Aの代謝の働きが阻害されてしまうと、有効成分がいつまでも身体に残ってしまいED治療薬の作用が身体に強く出てしまう可能性があります。その結果、副作用のリスクが高まる可能性もあるので注意が必要です。

他の薬は基本的に併用OK

以上、併用禁忌薬と併用注意薬についてまとめてきました。これらの医薬品以外ならば、基本的にはシアリスを含むED治療薬と併用しても問題はありません。多くの方がED治療薬と併用する医薬品として以下のものがあります。

プロペシアなどのAGA治療薬

多くの中高年男性がAGA治療薬であるプロペシアを使用しているかと思います。このプロペシアの有効成分「フィナステリド」には男性ホルモンの分泌を抑える効果があります。

そのため、副作用として性欲低下や勃起不全の症状があわらわれることがあります。このような状況下においてシアリスなどのED治療薬を使おうと考える方は多いです。

結論から言うと、プロペシアなどのAGA治療薬とED治療薬とは併用が可能です。プロペシアの性欲減退効果とシアリスの勃起促進効果は別角度から身体に作用するものです。そのため、併用に際してのリスクなどはありません。

ただ、同じくAGA治療薬のミノキシジルについては血圧を下げる効果があるので注意が必要です。日本国内では「リアップ」などの商品に使用されていますね。

内服するタイプのミノキシジルを使用したAGA治療薬に関しては併用注意薬に指定されている降圧剤と同じ扱いをしたほうが安心かもしれません。

風邪薬・胃薬・頭痛鎮静剤

バイアグラやレビトラほどではないにせよ、シアリスには副作用があります。代表的な症状には以下のようなものがあります。

  • 鼻づまり
  • 胸焼け
  • 頭痛

シアリスでこれらの副作用が身体にでた場合でも、基本的にはちょっとダルいぐらいの耐えられるレベルのものです。しかし、体質や体調によっては症状が強く出てしまう場合もあります。そのような時に思いつくのが各種市販薬かと思います。

  • 鼻づまりには風邪薬
  • 胸焼けには胃薬
  • 頭痛には鎮静剤

副作用の対処としてこれらの市販薬を使用することは、基本的には問題ないことです。ED治療専門クリニックでも副作用の対処のために鎮静剤のロキソニンなどが処方されることがあります。なので、これら市販薬は安心してED治療薬と併用することができます。

医師に確認するのがもっとも安心

以上、服用中の薬がある方がシアリスを使うにあたって気をつけなくてはいけないことをまとめてきました。ED治療クリニックのHPなどを参照しつつ正確な情報を提供しているつもりです。

とはいえ、やはり専門医ではない素人のコンテンツになるので、全てを網羅できているわけではありません。本記事を読むことによって、今自分が服用している薬とシアリスとの飲み合わせに疑問や不安が生まれることもあるかと思います。

その場合、一番安心なのは、最寄りのED治療クリニックを訪れ、専門医にチェックしてもらうことです。時間と費用はかかりますが、一度行っておくだけでもシアリスの使用に際してのリスクはぐんと下がるはずです。最初だけでも面倒がらずにクリニックに問診に行くことをおすすめします。

>>シアリスのお得な通販はこちら<<

まとめ:シアリスと飲み合わせの悪い医薬品

以上、本記事ではシアリスと飲み合わせの悪い医薬品について事前に知っておくべきことをまとめてきました。併用禁忌薬に指定されている以下のタイプの医薬品を使用している方はシアリスの服用が認められていません。

  • ニトログリセリンなどの硝酸剤
  • 塩酸アミオダロン製剤
  • sGC刺激薬

また、血圧を下げる効果のある医薬品は、シアリスとの併用において注意が必要です。今現在、服用中の薬とシアリスとの飲み合わせについて少しでも疑問がある場合は専門医のクリニックで確認をしましょう。

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを投稿する

シアリスの併用禁忌薬
平均:  
 0 reviews

-ED(勃起不全)治療薬, シアリス
-, , , ,

Copyright© バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用 , 2020 All Rights Reserved.