バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用

タツナビではバイアグラ病院ではED(勃起不全)の改善や対策に効果のあるバイアグラ、シアリス、レビトラの効果効能や飲み方、他のED治療薬の細かい情報などなどを読みやすく判り易くまとめてある専門サイトになります。

ED(勃起不全)治療薬 シアリス

シアリスを服用する場合の注意点

更新日:

本記事では、シアリスを服用するにあたって注意するべき項目をまとめます。シアリスは基本的には安全に使用できるED治療薬です。しかし、医薬品である以上は服用に際して気をつけるべきことがあります。

  • 摂取タイミング
  • 服用間隔
  • 併用禁忌薬
  • 副作用

これらの項目ついては事前に理解しておくようにしましょう。誤った知識でシアリスを使用してしまうと、身体に思わぬトラブルが生じてしまう危険性もあります。

シアリスは身体への負担が少ない医薬品

シアリスは世界トップシェアのED治療薬です。勃起不全に悩む世界中の男性から支持されているということですね。

バイアグラやレビトラをおさえて、シアリスは世界で一番人気のED治療薬となっているシアリス。その理由には、身体への負担が少ないということがあります。

もともとED治療薬は、用法用量を守ることによって安全に使用することが出来るものです。しかし、それでも医薬品である以上、バイアグラやレビトラにはある程度の副作用などのリスクがありました。

シアリスは、そんなバイアグラやレビトラなど先に存在していたED治療薬の欠点を補った医薬品です。つまり、より身体への負荷が少なくなるようにデザインされているということですね。

「安全にセックスを楽しむことが出来る」

このような全てのEDに悩む男性の願いを叶えてくれる魔法の薬がシアリスなのです。

>>シアリスのお得な通販はこちら<<

シアリスを摂取する際に注意するべきこと

このような基本的に安全なシアリスですが、医薬品である以上、服用に際しては気を配らなければいけないことがあります。身体への負担が少ない薬だからといって好き勝手に使用してはいけないということですね。

シアリスをクリニックで処方してもらう時には、薬剤師から使用方法に関しての説明を受けます。そして、そのガイドライン通りに摂取していく必要があります。この点は、他の病気で薬を処方してもらう場合と同じです。

多くの方がシアリスに対して「下半身を元気にするサプリメント」のようなライトな認識をしてしまっています。しかし、実際はそんなことはなく、医療用医薬品であり間違った使われ方をしてしまうと身体への影響が懸念されてしまうものです。

服用に際して注意するべきことをきちんと理解しておき、適切に使用できるようにしましょう。以下に、シアリスを服用する際にチェックするべき点についてまとめていきます。

摂取タイミング

シアリスは摂取するべきタイミングがバイアグラやレビトラなど他のED治療薬とは違います。シアリスを摂取するベストなタイミングはセックスをする3時間前です。

バイアグラやレビトラが30分から1時間前であるのと比較すると結構な差があります。これはシアリスの有効成分であるタダラフィルの身体への吸収がゆっくりであるためです。

シアリスの摂取タイミングに関して、詳しくは「シアリスの適切な飲み方」の記事で解説しています。

効果の継続時間

シアリスの勃起促進効果は摂取後、最大で36時間継続します。この効果の継続時間の長さこそが数あるED治療薬のなかでシアリスがトップシェアとなっている理由のひとつです。

バイアグラで最大5時間程度、レビトラで最大10時間程度の継続時間です。これらと比較すると群を抜いてシアリスの効果時間が長いことが分かります。1錠で週末や小旅行の間をカバーできるということですね。

シアリスの勃起促進効果の継続時間に関して、詳しくは「シアリスの効果時間」の記事で解説しています。

服用の間隔

シアリスの摂取は1日1回に限ると決められています。1回摂取した後は24時間のインターバルを置かないといけないということですね。

1錠で効果が十分に感じられなかったからといって、24時間以内にシアリスを飲み足すことは避けるべきことです。副作用のリスクを不必要に上げてしまう可能性があります。多くのED治療専門クリニックも主張していることです。この24時間の服用間隔は守るようにしましょう。

シアリスの服用間隔に関して、詳しくは「シアリスの適切な飲み方」の記事で解説しています。

シアリスを飲むことが出来ない人

ED治療薬であるシアリスは血圧に強く作用する医薬品です。そのため、血液の疾患や心臓の疾患などの既往歴がある方は、シアリスの使用が禁じられている場合があります。

このサイトの以下の記事を含め、ネット上でより詳しくシアリスを飲むことが出来ない人、シアリスを処方してもらえない人についてまとめられています。それをチェックし、少しでも不安がある方は専門医の診察を受けるようにしましょう。

シアリスを飲むことが出来ない人、シアリスを処方してもらえない人に関して、詳しくは「シアリスを処方できないケース」の記事で解説しています。

併用禁忌薬

シアリスには、多数の医薬品が併用禁忌薬として指定されています。今現在、常用している医薬品がある方は、それがシアリスの併用禁忌薬にひっかかっていないかを事前にチェックするようにしましょう。

代表的なシアリスの併用禁忌薬は、狭心症の治療などに使用するニトログリセリンなどの硝酸剤です。もし心当たりがある方は、使用している薬を携帯して専門医のクリニックを訪れて併用できるかをチェックしてもらいましょう。

シアリスの併用禁忌薬に関して、詳しくは「服用中の薬がある場合は?」の記事で解説しています。

媚薬や精力増強剤ではない

シアリスはED治療薬のひとつです。正常な勃起をするにあたってのサポートをする医薬品です。日本では多くの方が、シアリスなどのED治療薬を媚薬や精力増強剤の類であると誤解しています。

シアリスを飲んだからといって性的に旺盛になるわけでもなく、またセックスにおける快感が上昇したりすることありません。用途を間違わないようにしましょう。

シアリスと媚薬や精力増強剤に関して、詳しくは「シアリスがもたらす効果・効能」の記事で解説しています。

食後の服用

バイアグラは食後に使用することが推奨されていません。有効成分シルデナフィルの体内への吸収が上手くいかなくなってしまうからです。

それと比べるとシアリスは食事の影響を受けづらいED治療薬です。800kcal程度の食事ならば、食後の使用もOKとされています。ただ、より確実な勃起促進効果を期待するならば空腹時の摂取がおすすめされています。

シアリスと食事の関係について、詳しくは「シアリスの適切な飲み方」の記事で解説しています。

アルコール摂取後の服用

過度にならない範囲であれば、お酒を飲んだ後であってもシアリスの摂取は可能です。アルコール摂取後でもシアリスは問題なく勃起促進効果を発揮できます。

ただ、飲み過ぎには要注意です。泥酔状態になると身体の神経伝達がマヒしてしまい、勃起どころの話ではなくなってしまいます。シアリスを飲むときには、自分で飲酒量をコントロールするようにしましょう。

シアリスとお酒の関係について、詳しくは「シアリスの適切な飲み方」の記事で解説しています。

副作用

シアリスは副作用のリスクが小さいED治療薬とされています。ただ副作用のリスクがゼロなわけではなく、あくまでバイアグラなどと比較して副作用が生じづらいということです。

身体に強い影響を与える医薬品である以上、シアリスにも頭痛や顔のほてりなどの副作用のリスクは存在します。症状がひどくなってしまった場合には、ロキソニンなど市販の鎮静剤が有効です。

シアリスの副作用に関して、詳しくは「シアリスの副作用」の記事で解説しています。

シアリスと「慣れ」

薬やサプリメントを常用していると、身体がその有効成分に慣れてしまって効き目が弱くなるということがあります。体内にその成分に対する抗体ができてしまっている状態です。

ただ、シアリスに関しては長期間服用を続けても体内に有効成分タダラフィルに対する抗体が出来るいったことはありません。シアリスを常用しても、身体がシアリスに慣れて勃起促進効果が薄れてしまうことはないということですね。

まとめ:シアリスをより安全に、効果的に服用するために

以上、シアリスを服用するにあたって注意するべきことについてまとめてきました。繰り返しになりますが、シアリスはバイアグラやレビトラなどと比べると身体への負担が少ないEDです。

しかし、だからといって好き放題に乱用できるわけではありません。服用に際しては以下の項目などに気をつける必要があります。

  • 摂取タイミング
  • 服用間隔
  • 併用禁忌薬
  • 副作用

これらを軽視すると思わぬ身体のトラブルにつながることがあります。適切に使用することこそが、シアリスの効果を最大限引き出すことにつながります。

本記事の項目で気になった箇所については、ぜひ詳細ページで確認してみて下さいね。

>>シアリスのお得な通販はこちら<<

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを投稿する

シアリスの注意点
平均:  
 0 reviews

-ED(勃起不全)治療薬, シアリス
-, , , , , , , ,

Copyright© バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用 , 2020 All Rights Reserved.