バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用

タツナビではバイアグラ病院ではED(勃起不全)の改善や対策に効果のあるバイアグラ、シアリス、レビトラの効果効能や飲み方、他のED治療薬の細かい情報などなどを読みやすく判り易くまとめてある専門サイトになります。

勃起不全(インポ)

タバコやアルコールと勃起不全(インポ)の関係性

更新日:

本記事では、タバコやアルコールと勃起不全との関係性についてまとめていきます。勃起不全を根本から解決するためには、生活習慣の見直しが欠かせません。なかでも喫煙と飲酒の習慣は勃起不全に大きな影響を与えうるものです。

タバコは基本的に勃起不全を悪化させます。これは含有される有害物質であるニコチンやタールによるものです。勃起不全の解消のためには禁煙が一番なのは言うまでもありません。しかし、禁煙をすることによって、大きなストレスを感じるようならば、無理をするのは良くありません。

最近では電子タバコなどニコチンやタールの摂取を大幅にカットできるものも販売されています。これらを利用することも勃起不全の改善には大きな効果を期待できるものです。あまり心身の負担にならないレベルのものからとりかかるようにしましょう。

飲酒に関しては、摂取するアルコールの量が問題となります。少量の飲酒は勃起不全に何の問題もありません。むしろリラックス効果でより勃起がしやすい状態になることもあります。心因性の勃起不全などには特に効果的です。

注意するべきは過度の飲酒です。酩酊・泥酔状態になってしまうと神経の伝達が鈍り、脳が発する勃起の命令がペニスまで届かなくなってしまいます。また、過度のアルコール摂取が習慣化すると脳萎縮や肝機能障害を引き起こします。これらは重度の勃起不全につながるものです。アルコールは適量で自制するようにしましょう。

勃起不全(インポ)の原因は生活習慣にあり

「勃起不全(インポ)になってしまう様々な原因や要因」という記事でまとめているように、勃起不全にはさまざまな原因があります。

その中でも特に大きな原因のひとつに生活習慣によるものがあります。力強い勃起をするのに適さない生活習慣があります。それを日々繰り返していることによって勃起不全に陥ってしまうのです。

勃起不全と関係がある生活習慣として本記事では喫煙習慣と飲酒習慣を取り上げます。これらの習慣によって勃起不全の状態が悪化してしまっている男性は多くいます。喫煙や飲酒をきっぱりと止めないと勃起ができないというわけではありませんが、量や回数を見直す必要はあります。

ED治療薬で勃起不全(インポ)は根治できない

「勃起不全にはバイアグラなどのED治療薬」

このような考え方はすでに一般的に普及していますね。たしかに勃起不全になったとしても、ED治療薬を服用することによって満足のいくセックスが出来るほどに勃起をすることは出来ます。

しかし、忘れてはいけないことは、ED治療薬はあくまで対症療法的なものだということです。目先の一回のセックスのための勃起こそ可能にしてくれますが、勃起不全という症状の根治にいたることはないということです。

そのため、生活習慣が原因となる勃起不全の場合は、その習慣の見直しが根治のためには必須となります。

>>勃起不全治療薬ランキング<<

喫煙の習慣と勃起不全(インポ)

勃起不全につながる生活習慣の代表的なものに喫煙(タバコ)があります。海外の医学研究によると、喫煙者におけるED発症率は非喫煙者の実に1.65倍にも及ぶとのことです。あなたが日常的にタバコを吸う習慣がある場合、それは勃起不全の直接的な原因になりうるものです。

他の先進国と比較すると、日本は喫煙者の多い国であるとされています。日本人男性の喫煙者は1500万人にものぼるとされています。これは日本人男性の4人に1人にあたる数です。周囲に流されてタバコを吸っているという方も多いのではないでしょうか。

いかにタバコは勃起不全(インポ)を悪化させるのか?

なぜ喫煙することで勃起不全になってしまうのでしょうか。それはタバコに含まれる有害成分にあります。第一に、ニコチンです。タバコを通じてニコチンを摂取すると身体中の血管が収縮します。いわゆるヤニクラという現象はこの血管収縮効果によるものです。

この血管収縮の結果、ペニスの海綿体への血流も悪化してしまいます。そして、勃起がしづらい状態となってしまいます。このような作用があるニコチンを日常的に摂取すると、動脈硬化がどんどん進行していき、勃起不全はどんどん悪化していきます。

第二に、タールです。タールが身体に摂り込まれると、ビタミンCが大量に消費されるようになります。体内のビタミンCが減ると、ストレス物質であるコルチゾールが増加します。このコルチゾールの増加は、男性ホルモンテストステロンの分泌低下を招きます。

言うまでもなく、テストステロンは勃起に重要な役割を果たすホルモンです。勃起力の源となる一酸化窒素もテストステロンがないと放出されません。このように、タバコを吸うことでタールが体内に摂り込まれると、男性ホルモンの分泌に影響を与え勃起がしづらくなってしまいます。

タバコを止めることによるストレスにも注意

このように、喫煙習慣は明確に勃起不全に関係しています。自分の勃起不全を何とかしたいと思うならば、禁煙をするのがベストです。しかし、タバコを止めることが強いストレスになるならば、無理にタバコは止めるべきではありません。

強いストレスは心因性勃起不全を引き起こすものです。無理にタバコを止めようとするイライラによって、逆に勃起不全が加速してしまうことも十分に考えられることです。

禁煙外来など医師の指導がある場合には別ですが、個人で禁煙にチャレンジする時はストレスのマネジメントに注意するようにしましょう。

電子タバコで悪影響をブロック

「禁煙をしようとするとどうしても強いストレスを感じてしまう」

このような悩みを抱えている人は、最近の流行りの電子タバコに手を出してみましょう。ブランドによって多少の違いはありますが、電子タバコは有害物質であるニコチンやタールの含有が大幅にカットしています。

そのため、普段吸っていたタバコを電子タバコに変えることで、タバコによる勃起不全の悪化リスクを大きく減らすことができます。

「普段吸っているタバコをアイコスなどの電子タバコに変える」

これならば、大きなストレスを感じる人も少ないのではないでしょうか。もちろん、完全禁煙のほうが身体にも勃起にも良いのは言うまでもありません。

しかし、長らく喫煙習慣があった人にとって、完全禁煙はハードルの高いことであり身体に大きな負担となります。そのため、りハードルが低い電子タバコから始めてみることをおすすめします。

「メンソールで勃起不全」はデマ

余談になりますが、「メンソールのタバコを吸うと勃起不全になる」という都市伝説を聞いたことがあるでしょうか。割りと知名度の高い都市伝説かと思います。しかし、この言説には全く根拠がないことが分かっています。

タバコそれ自体が勃起に悪影響を与えるのは上記の通りです。しかし、メンソールのタバコを吸っていた場合に、より勃起不全になりやすい(勃起不全が悪化しやすい)というようなデータは一切ありません。

「メンソールであるかどうかに関わらず、タバコは勃起に良い影響は与えないものである」

このように認識しておきましょう。

飲酒の習慣と勃起不全(インポ)

タバコを吸うことが勃起に良くないならば、お酒を飲むことはどうなのでしょうか。飲酒の習慣はタバコ同様にあまり身体に良いというイメージがありません。ただ、タバコ以上にお酒をたしなんでいる男性の人数はたくさんいます。

いざ「勃起不全の症状に悪い影響を与えるからお酒をやめろ」と言われても困ったしまう方が多いのではないでしょうか。勃起不全に悩む男性のお酒との付き合い方を以下にまとめていきます。勃起不全の症状を悪化させないようなお酒の飲み方を身につけましょう。

少量の飲酒ならOK

結論から言うと、少量の飲酒であれば勃起不全に対してマイナスに働くことはありません。勃起不全の症状の悪化を怖がって、無理に禁酒をする必要はないということですね。ED治療クリニックなどのHPをチェックすると、むしろ少量の飲酒ならば勃起にプラスに働くとさえ書かれています。

アルコールの摂取には緊張を緩和させる効果があります。セックスに対してのプレッシャーや日常生活に原因があるストレスなどがアルコールで軽減されるということですね。この結果、心因性の勃起不全が解消されやすくなるとのことです。

過度な飲酒で勃起しづらくなる

ただ、過度の飲酒は絶対にNGとなります。勃起不全の症状の悪化を懸念するならば、アルコールの摂取量は少量で抑えておくことが大事になります。過度の飲酒が勃起によくない影響をもたらすことはなんとなく想像がつくかと思います。

過度な一種によって酩酊・泥酔といった状態になってしまうと、脳の中枢神経が麻痺状態になってしまいます。その結果、脳が発する勃起の指令がきちんとペニスまで伝達されなくなってしまうということですね。

また、多量のアルコール摂取は一時的に身体中の血管を拡張させる効果があります。この状態でED治療薬を摂取すると、ED治療薬の血行促進効果が効きすぎてしまい、副作用の症状が強く出る可能性があります。この点にも注意を払っておきましょう。

過度な飲酒の習慣は勃起不全を悪化させる

また、過度な飲酒を繰り返しているとそれが習慣化してしまい勃起不全の症状はどんどん悪化してしまいます。 度を過ぎた飲酒の習慣は、脳の萎縮につながります。

この状態が進行すると、男性ホルモンの分泌低下や睾丸の萎縮にもつながっていきます。さらなる強固な勃起不全状態になってしまうということですね。

さらに、アルコールを暴飲すると肝機能に障害がでてしまいます。バイアグラなどのED治療薬は肝臓で代謝されるものです。

そのため、肝機能に障害があると血中濃度が高まりやすくなり副作用のリスクが高まってしまいます。このため、医師によってED治療薬の使用を止められてしまう可能性もあります。

このように、過度の飲酒は勃起になんら良い影響をもたらすものではありません。どの程度のアルコール摂取量からが「過度」になるかは、その人の体質によって変わってくるため、一概に言えるものではありません。きちんと自制心をもってお酒を楽しむようにしましょう。

まとめ:勃起のためにも喫煙や飲酒はほどほどに

勃起不全の改善のためには生活習慣の見直しが不可欠です。なかでも、勃起不全に強く影響する生活習慣として喫煙と飲酒があります。

喫煙は勃起不全を悪化させる習慣です。出来るならば禁煙をするのがベストです。もし、タバコを止めることが強いストレスになってしまうならば、電子タバコなど有害物質が少ないものに代えてみましょう。

飲酒に関しては、少量のアルコール摂取であれば問題ありません。少しの飲酒は、アルコールのリラックス作用によって、心因性勃起不全の解消につながることもあります。

しかし、過度の飲酒は厳禁です。泥酔・酩酊状態では脳が適切に性的興奮の刺激をペニスに伝えることが出来なくなってしまいます。

また、過度の飲酒が習慣化することで、脳萎縮や肝機能障害などより重症の勃起不全につながる要因を生み出してしまいます。

>>勃起不全治療薬ランキング<<

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを投稿する

タバコやアルコールと勃起不全
平均:  
 0 reviews

-勃起不全(インポ)
-, , , , , ,

Copyright© バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用 , 2020 All Rights Reserved.