バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用

タツナビではバイアグラ病院ではED(勃起不全)の改善や対策に効果のあるバイアグラ、シアリス、レビトラの効果効能や飲み方、他のED治療薬の細かい情報などなどを読みやすく判り易くまとめてある専門サイトになります。

ED(勃起不全)治療薬 デグラ

デグラ効果と副作用

更新日:

本記事ではED治療薬であるデグラの効果・効能・効果時間・副作用についてわかりやすく説明してあります。またデグラの正しい服用方法や注意する点も載せてあるのでデグラについて深く知る事ができます。

デグラとは?

>>デグラのお得な通販はこちら<<

デグラの効果・効能

デグラという薬品はバイアグラのジェネリックの商品名の1つです。同様に勃起力に満足できなくなってきた、セックス中に中折れをしてしまう、という男性にオススメの医薬品です。

デグラというのは、インドにある製薬会社のDevaという会社により、製造販売されているものです。

Devaという会社は高い品質のジェネリック医薬品製薬会社として、世界的に有名な会社なのです。

ジェネリックが本当に効くのか不安な方、インド製は不安という方も安心してお使いいただけます。

このデグラの有効成分には、バイアグラと同様なクエン酸シルデナフィルが含まれています。

クエン酸シルデナフィルは、体内にある、勃起を抑制しようとしてしまう酵素の働きを抑制し、陰茎付近の血の流れを良くする事で勃起力の活発にする効果があるのです。

テグラを使用する時は、空腹時に使用する方が効果的です。それは胃の中に食べ物が残っている状態ですと、有効成分であるクエン酸シルデナフィルの吸収を妨害し、その効果が薄れてしまうのです。

そして飲む時に関しては水、または白湯で飲むことがおすすめです。テグラ使用のタイミングは、セックスの約1時間前が良いとされています。

使用後、1時間ほど経つと副作用の目の充血、顔のほてり等が出てきますが、それほど深刻なものではないです。

それはデグラの効果が効き始めたという証拠であると捉えるのがよいです。このデグラには他のバイアグラのジェネリックとは違う特性があるのです。

このデグラには勃起力を改善させるだけではなく、陰茎の射精までの時間を遅延できてしまう効果もありますので、早漏で悩んでる方にも、非常に人気のある医薬品なのです。

そしてデグラの愛用者の中で、それまでバイアグラを購入されていたという人ももちろんいます。

このバイアグラは日本国内の医療機関や薬局で購入することができますが、保険適用外の治療薬であるため、その処方、入手にかかる費用は全て自己負担になってしまいます。

なのでコスト面を考えると、バイアグラジェネリックのデグラを服用するようになったという方はたくさんいます。

そのほとんどがバイアグラと同等の効果がある、と回答しております。テグラはインドの製薬会社で販売されていますので、一錠100mgとなりますが、日本の愛用者は錠剤を半分にピルカッターなどでして、50mg単位で使用している方が多いみたいです。

日本人の体質的に、100mgでなくても50mgで問題なく効果が発揮できるようです。

バイアグラを服用していた人も十分に効果が満足できるというデグラ、どうぞお試しください。

デグラ副作用

ED治療薬の代表バイアグラのジェネリック治療薬であるデグラ、バイアグラと同等な成分とその効果がありますので、もちろん副作用というのも同様な症状があらわれてしまいます。

ここではその副作用をしっかり理解して、安全、安心なセックスライフを送れるようにしていきましょう。

デグラの副作用として比較的多いとされている症状なんですが、頭痛、ほてり、などになります。

デグラの作用である、血管の拡張により、おこる症状になっており、多少なりとも、ほとんどの使用者にあらわれる症状になります。

そしてバイアグラと同様にその効果がなくなると同時に、そういった症状に関しては治まるものとなっております。

そしてバイアグラと同様に他にも、動悸、頻脈、鼻のつまり、めまい、などの症状があらわれることがあるのです。

そしてまた特殊な症状として、視覚の異常があらわれる場合もあります。それは、青色のメガネをしているみたいな感覚、青色と緑色の区別がつかなくなる、などの異常な見え方起こることがあるのです。

その多くの場合は一時的な症状になるので問題はありませんが、強く視力が低下したりする場合には、非動脈炎性前部虚血性神経症、(NAION)の危険性があるのです。

なので万が一ですが、激しい視力低下、そして視力喪失といった症状が現れてしまった場合には、病院、眼科などで専門医の人に相談していただく事をおすすめいたします。

その重度の副作用なのですが、もちろん頻繁に起こる事ではありませんが、デグラと併用を禁止されている硝酸剤と、デグラを併用してしまったという場合には、激しい血圧低下が起こる場合があるのです。

そしてその4時間以上に渡って、痛みを感じるような勃起状態が続いてしまった場合には、プリアピズム、(持続勃起症)という可能性があるのです。

そのプリアピズムではペニス組織が損傷してしまったり、勃起機能の喪失することにもなり兼ねないので、ご注意いただきたい副作用になります。

そして血圧が激しくかつ、大きく低下してしまうことで、狭心症状が出てしまうことがあるのです。

特に、ニトログリセリン(心臓発作薬)との併用する事は過度の血圧低下から死に至る可能性があるので注意が必要です。

他にもいくつか挙げますと、高血圧症の人、不整脈、低血圧の方や、一酸化窒素供与剤、硝酸剤を服用中の人や、心筋梗塞、脳梗塞、心筋梗塞、心不全を患った事のある人や、心臓病を治療する薬またはニトログリセリン系薬を服用している人や、末期腎不全患者、不安定狭心症、肝臓障害、遺伝性網膜変性症などの既往歴のある人や、網膜色素変性症の人などに該当する人はデグラを使用する事は控えた方がよいでしょう。

>>デグラのお得な通販はこちら<<

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを投稿する

バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用
平均:  
 0 reviews

-ED(勃起不全)治療薬, デグラ
-, , , , ,

Copyright© バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用 , 2020 All Rights Reserved.