バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用

タツナビではバイアグラ病院ではED(勃起不全)の改善や対策に効果のあるバイアグラ、シアリス、レビトラの効果効能や飲み方、他のED治療薬の細かい情報などなどを読みやすく判り易くまとめてある専門サイトになります。

ED(勃起不全)治療薬 バイアグラ

バイアグラの服用で起こりうる副作用

更新日:

本記事では、バイアグラの副作用の症状についてまとめていきます。バイアグラを服用する人の9割以上が何らかの副作用を発症します。

この副作用は、バイアグラの有効成分シルデナフィルの働きによって、全身の血管が拡張され血行が促進されたことによって引き起こされたものです。そのため、副作用を感じるということは、バイアグラがきちんと効いてる証拠であるという見方もできます。

バイアグラの副作用はそこまで重い症状にはなりません。バイアグラの効果が切れると副作用の症状もおさまります。無視してもよいものです。ただ、

「どうしてもバイアグラの副作用が気になる」
「少しでも副作用のリスクを減らしたい」

このような思いがある方は以下の対処法を試してみましょう。

  • 副作用の症状に対応する市販薬を併用する
  • 一度に摂取するバイアグラの量を少なくする
  • レビトラやシアリスなど他のED治療薬に切り替えてみる

バイアグラは国によって認可された安全な薬です。「バイアグラ=危険」という世間の間違った認識に惑わされることなく、適切に使用していきましょう。

>>バイアグラのお得な通販はこちら<<

バイアグラを使用する人の9割に副作用?

バイアグラは勃起不全に悩む男性の人生の質を向上を期待できる素晴らしい医薬品です。しかし、欧米に比べると、いまだ日本においてバイアグラの普及は十分とは言えません。この背景にはバイアグラの副作用に対する根強い不安があると思います。

「バイアグラを服用すると重い副作用の症状で健康を害する」

このようなイメージが蔓延しているために、バイアグラの服用に対して二の足を踏んでいる方も多いのではないでしょうか。

バイアグラが副作用が発症しやすい医薬品であることは事実です。ED治療を専門に行っているクリニックのHPにも「バイアグラを服用する9割以上の人に副作用の症状が現れる」という旨の記述がなされています。

「服用すると90%以上の確率で副作用が発症する」

このように言われると、たしかに「バイアグラは危険な薬なのかな」と思ってしまうのも納得です。いくらセックスが出来るようになっても、危険な薬で健康を害してしまうならば服用は控えようと思うのが普通でしょう。

このバイアグラの副作用の本当のところはどうなっているのでしょうか。以下、バイアグラの副作用の詳細に関してまとめていきます。

バイアグラの副作用の症状

服用後には高確率で副作用が発症するバイアグラ。では、その副作用の症状にはどのようなものがあるのでしょうか。有効成分シルデナフィルの認可にあたって行われた臨床試験においては、次のようなバイアグラの副作用の症状が報告されています。

  • ほてり
  • 潮紅(顔などが赤みを帯びること)
  • 頭痛
  • 消化不良
  • 胃痛
  • 胸の痛み
  • 動悸
  • 心拍数の増加
  • 鼻づまり
  • 鼻血

また、発症の確率はきわめて低いですが、次のような重い副作用の症状も報告されています。

  • 視覚異常
  • 急激な血圧の低下
  • 4時間以上にわたって痛みをともなう勃起状態の継続

もし、重い副作用の症状に気づいたら、すぐにバイアグラの服用を止め、医師に相談する必要があります。重い副作用が発症することはほとんどありません。しかし、バイアグラを服用するということは、これらの副作用のリスクがあるのだと覚えておきましょう。

副作用はバイアグラが効いてる証拠

このように副作用の症状だけを列挙すると、バイアグラがやたらと危険な薬に思えてくるかもしれません。

「服用した人の9割以上に副作用が発症する」

このように聞くとバイアグラの服用に二の足を踏みたくなる方もいるのではないでしょうか。しかし、実際のところ、イアグラの副作用はそこまで気にする必要はないものです。

医師に相談が必要な重い副作用を除くと、どの副作用もバイアグラの血行促進効果・血管拡張効果が派生して発症しているものであることが分かります。

  • ほてり・潮紅:顔の表面の血流が活発化したため
  • 頭痛:頭部の血管が拡張したため
  • 消化不良・胃痛:胃の周囲の血行が促進されたため
  • 胸の痛み・動悸・心拍数の増加:心臓付近の血の巡りが速まっているため
  • 鼻づまり・鼻血:鼻の粘膜付近の血流量が多くなったため

バイアグラはペニスの周囲の血行を良くし、海綿体へ血液を流入しやすくすることによって勃起を促すものです。そのため、バイアグラの副作用として身体の各部位の血行が良くなっているということは、バイアグラがきちんと効果を発揮している証拠と言うことも出来ます。

バイアグラは危険な薬?

私たちがバイアグラに対して抱くネガティブなイメージは、バイアグラ登場したばかりの頃に形成されたものです。バイアグラが登場して最初の頃は、今ほどバイアグラに対する理解が浸透していませんでした。そのため、いかがわしい媚薬や精力剤と同じように扱われ方をしていました。

  • 用量を無視して過剰な量を一気に摂取する
  • 併用禁忌薬に注意を払わずにやみくもに服用する

バイアグラが出回って最初のころには、たしかに死亡事故や緊急搬送された事件もあったのは事実です。しかし、これらのバイアグラの副作用の被害者は、前述のようなバイアグラの適切な飲み方からは外れた無茶な服用をしていたことが分かっています。バイアグラという医薬品に対する無知ゆえの被害ということですね。

きちんと用法用量を守って服用することで、バイアグラは安全に使用することができます。そうでなければ、厚生労働省の厳しい審査を通過し認可を受けることは出来ません。

前項ではバイアグラの副作用の症状を列挙しましたが、これらの症状もほとんどの場合、バイアグラの効果が切れると同じくしておさまるものです。なので、バイアグラやその副作用に対して、そこまで極端に不安を抱く必要はありません。

副作用が気になるなら…

「バイアグラには副作用のリスクはあるものの、そこまで心配する必要はない」

このように言われても、すぐには不安を払拭できないという方もいるでしょう。また、副作用の程度には個人差があるので、その人の体質によっては副作用の症状が強めに出てしまう場合もあります。

このような時に対処可能な、バイアグラの副作用を軽くする方法は何かないのでしょうか。以下に3つの方法をご紹介したいと思います。

市販薬で副作用の症状に対処する

バイアグラの副作用への対処法のひとつ目。それは、副作用の症状を市販薬で緩和させるというものです。

バイアグラには併用禁忌薬や併用注意薬があります。これらに記載がない医薬品であれば、基本的にバイアグラと併用することが出来ます。なので、ドラッグストアで購入できるような市販薬でバイアグラの副作用の症状に対処することも可能となります。

  • 頭痛:ロキソニンなどの鎮静剤
  • 消化不良・胃痛:ガスター10などの胃薬
  • 鼻づまり:エスタックイブエースなどの風邪薬

このような副作用の各症状に対応した市販薬をバイアグラと一緒に摂取することによって、つらい副作用の症状を軽くすることができます。副作用の頭痛対策のロキソニンなどは、クリニックでもバイアグラと一緒に処方されることもあるものです。安心して併用しましょう。

服用量を減らす

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルの含有量が多ければ多いほどに、副作用の症状は強くなっていきます。そのため、副作用のリスクを減らしたいと望むならば、一度に摂取するバイアグラの量は少なくするようにしましょう。

日本国内では25mg錠と50mg錠のバイアグラが販売されています。この場合、25mg錠のほうが副作用のリスクは小さくなります。

海外通販などを利用しバイアグラを個人輸入すると、100mg錠のバイアグラを手にすることもあるかと思います。この100mgは、欧米人に比べると身体が小柄な日本人にとっては多すぎる含有量となります。

このような場合は、ピルカッターなどで錠剤を割って、一回の有効成分摂取量を少なくしてから使用することをおすすめします。必ず少量から服用を開始し、必要に応じて少しずつシルデナフィルの摂取量を増やしていくようにしましょう。

他のED治療薬を使う

「バイアグラがどうしても体質に合わない」
「副作用の症状がひどくてセックスどころではない」

このような方は、バイアグラ以外のED治療薬を試してみましょう。日本国内で認可されているED治療薬は、バイアグラの他にもレビトラとシアリスがあります。

どちらもバイアグラが販売開始された後に開発されたものです。そのため、バイアグラの欠点をきちんと補ったED治療薬となっています。

これは副作用の症状に関しても同じです。レビトラ、シアリスともに副作用のリスクはバイアグラより低くなっています。なかでもシアリスは特に身体への負担が少ないED治療薬です。

バイアグラやレビトラよりもじっくりと時間をかけて身体に作用していくので、副作用は発症したとしても軽いものになります。バイアグラで副作用に苦しみながら服用を続けるのは心身に良い影響は与えないものです。そのような場合は、思い切って別なED治療薬に切り替えてみましょう。

まとめ:バイアグラ服用に副作用がつきもの

バイアグラには副作用のリスクがあります。バイアグラを服用した人の実に9割以上に何らかの副作用の症状があらわれます。

この副作用の症状は、バイアグラの有効成分であるシルデナフィルの効果によって、全身の血管が拡張され血行が促進されたために発症するものです。副作用の症状はバイアグラの勃起促進効果がきちんと働いている証拠であるとも言えるものです。

バイアグラの副作用の症状を対処するためには、以下の3つの方法があります。

  • 副作用の症状に対応する市販薬を併用する
  • 一度に摂取するバイアグラの量を少なくする
  • レビトラやシアリスなど他のED治療薬に切り替えてみる

バイアグラは厚生労働省によって認可された医薬品であり、安全に使用できる医薬品です。副作用にそこまで不安を抱かないようにしましょう。

>>バイアグラのお得な通販はこちら<<

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを投稿する

バイアグラの副作用
平均:  
 0 reviews

-ED(勃起不全)治療薬, バイアグラ
-, , , , , ,

Copyright© バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用 , 2020 All Rights Reserved.