バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用

タツナビではバイアグラ病院ではED(勃起不全)の改善や対策に効果のあるバイアグラ、シアリス、レビトラの効果効能や飲み方、他のED治療薬の細かい情報などなどを読みやすく判り易くまとめてある専門サイトになります。

ED(勃起不全)治療薬 バイアグラ

バイアグラを服用してはいけない人やタイミング

更新日:

本記事では、バイアグラを服用することが禁止されている人と服用に適さないタイミングについてまとめていきます。

以下の条件のいずれかにあてはまる人はバイアグラを使用してはいけません。ED治療クリニックにおいても、これらの条件のいずれかを満たしている人にはバイアグラの処方は行われていません。

  • 有効成分シルデナフィルにアレルギーがある
  • 硝酸剤などの併用禁忌薬を服用している
  • 心臓の障害などでセックスを医師に禁じられている
  • 重度の肝機能障害である
  • 重度の低血圧、もしくは高血圧である
  • 脳梗塞や心筋梗塞の既往が最近6ヵ月以内である
  • 網膜色素変性症である
  • 未成年である(例外あり)

バイアグラは摂取タイミングを間違うとその勃起促進効果が十分に発揮されません。バイアグラの服用に不適切なタイミングとしては以下のようなケースがあります。

  • 食事の直後
  • 過度の飲酒の後
  • 以前の服用が24時間以内の場合
  • セックスをする直前
  • セックスをする3時間以上前

これらのタイミングでのバイアグラの摂取は避けるようにしましょう。バイアグラの適切な摂取タイミングに関しては、「バイアグラの効果的な飲み方や危険な飲み合わせ」という記事でまとめいます。

>>バイアグラのお得な通販はこちら<<

バイアグラを服用してはいけない人

年齢を問わず勃起不全(ED)に悩む男性の救いとなるのがバイアグラです。

そんなバイアグラですが、以下にまとめるようなケースにあてはまる場合は、クリニックでの処方を受けることが出来ません。これはバイアグラを服用することによって、身体に重い副作用が発症するリスクがあるからですね。

海外通販を利用すれば、クリニックで処方を断られる人でもバイアグラを入手することは出来ます。しかし、最悪の場合は命の危険もあることです。以下のようなケースにあてはまる方は、海外通販であってもバイアグラの購入・服用は見合わせたほうが良いでしょう。

有効成分シルデナフィルにアレルギーがある

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルクエン酸塩を摂取することによって、身体にアレルギー反応が発症してしまう方がいます。そのような方は、当然ですが、バイアグラを服用することは出来ません。

  • かゆみ
  • まぶたがむずむずする
  • 身体にぶつぶつができる

過去にバイアグラを服用したことによりこのような症状が身体にあらわれた方は注意が必要です。

また、バイアグラには有効成分のシルデナフィルクエン酸塩以外にも青色2号などの添加物が含有されています。これらの添加物にアレルギー反応が発症してしまう場合もあるので、同様に注意するようにしましょう。

硝酸剤などの併用禁忌薬を服用している

バイアグラには一緒に服用することのできない医薬品があります。併用禁忌薬や併用注意薬とよばれるものですね。これらにあてはまる医薬品を服用している方は、バイアグラを一緒に飲むことで強い副作用が発症するリスクがあります。

  • アミオダロン製剤
  • 硝酸剤
  • 慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬

これらの医薬品を今現在、服用している方のバイアグラの使用は厳禁です。最悪の場合、命の危険もありますバイアグラの併用禁忌薬・併用注意薬については「バイアグラの効果的な飲み方や危険な飲み合わせ」という記事にまとめていますので、そちらも合わせてチェックして下さい。

心臓の障害などでセックスを医師に禁じられている

セックスは早歩きと同程度の強度の運動行為です。そのため、心拍数や血圧、心筋酸素消費量に影響を与えるものです。そのため、心血管系障害や不安定狭心症などを患っている場合は、医師からセックスをすることを禁じられる場合があります。

バイアグラはセックスをすることを前提とした医薬品となります。なので、セックスをすることが不適切であると判断された場合は、バイアグラを服用することは認められていません。

重度の肝機能障害である

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルクエン酸塩は、肝臓で代謝され体外へ排出されるものです。そのため、肝硬変などの肝機能障害を患っている場合は、シルデナフィルクエン酸塩の代謝が上手く行かずに血中濃度が増大してしまう可能性があります。

その結果として、強い副作用のリスクにさらされてしまいます。そのため、重い肝機能障害を患っている方のバイアグラの服用は認められていません。

重度の低血圧、もしくは高血圧である

バイアグラには血管を拡張し血行を促進する効果があります。そのため、服用後は血圧の低下を招くことがあります。そのため、以下のようなケースにあてはまる低血圧の方は、過度の低血圧を招くリスクがあるために、バイアグラを服用することが出来ません。

  • 最大血圧90mmHg未満
  • 最小血圧が50mmHg未満

また、高血圧の患者は、管理がなされていない場合におてのみバイアグラの服用が禁止されています。服用が認められない高血圧とは以下のようなケースです。

  • 安静時収縮期血圧170mmHg以上
  • 拡張期血圧が100mmHg以上

このような重度の低血圧、もしくは高血圧である人はバイアグラの臨床試験から除外されています。したがって、どのような副作用のリスクがあるか分からないため、バイアグラの服用は原則禁止となっています。

脳梗塞や心筋梗塞の既往が最近6ヵ月以内である

血管には血圧を一定に保つ調節機能があります。しかし、脳梗塞などの脳血管障害を患うと、これらの血圧調節機能が脳の血管において上手く働かなくなってしまいます。そのため、バイアグラの血管拡張効果によって急激な血圧の低下を招く可能性があります。

また、心筋梗塞を患った方は、セックスの運動負荷が心臓に大きな負担となる可能性があります。したがって、過去6ヵ月の間に脳梗塞や心筋梗塞などを患った方のバイアグラの服用は禁止されています。

網膜色素変性症である

網膜色素変性症は、視野が狭くなったり、視力が低下したりする遺伝による網膜疾患です。最終的には失明につながることもあります。網膜にはPDE6という酵素が存在しています。この酵素は、目に届いた光の刺激を脳へと伝達する役割を担っています。

バイアグラなどのED治療薬はPDE5阻害薬という医薬品に分類されます。PDE5という酵素の働きを抑える作用があるということですね。

このPDE5を阻害する過程において、PDE6の働きも妨害してしまうことがあります。このバイアグラによるPDE6の働きの阻害は、網膜色素変性症を悪化させる可能性があります。そのため、網膜色素変性症の方のバイアグラの摂取は禁止されています。

未成年である(例外あり)

認可にあたって実施された臨床試験では、未成年は試験者から除外されています。そのため、未成年がバイアグラを服用した場合の安全は立証されていません。

そのため、未成年のバイアグラの服用は認められていません。ただし、既婚者であるなどの理由がある場合には、成年であっても、医師の判断によってバイアグラの処方が認められる場合があります。

バイアグラを服用に適さないタイミング

「バイアグラの効果的な飲み方や危険な飲み合わせ」という記事でまとめたように、バイアグラにはその勃起促進効果を最大限発揮させるための適した飲み方があります。

ということは、この「適した飲み方」から外れたタイミングで服用をしてしまうと、バイアグラの効果が十分に発揮できないこととなります。そのようなバイアグラの服用に適さないタイミングにはどのようなものがあるのでしょうか。以下にまとめていきます。

食事の直後

バイアグラは食事の影響を受けやすい医薬品です。食後の胃の中がかさ張っている状態だと、有効成分が上手く体内へ吸収されなくなってしまいます。なので、食後のバイアグラの服用は基本的にNGとなっています。

ベストな摂取タイミングは食前の胃の中が空っぽの状態のときです。どうしても食後に服用しなければならないという場合は、食後2~3時間後ぐらいの消化が落ち着いた状態のときにしましょう。

過度の飲酒の後

適量の飲酒はリラックス効果があるために、バイアグラの効果にプラスに働きます。しかし、泥酔・酩酊といった過度の飲酒をした状態ではバイアグラは十分に効果を発揮できなくなってしまいます。

脳の働きが抑制されてしまい、神経の伝達が上手くいかなくなってしまうためですね。セックス前のアルコール摂取は2~3杯程度の軽い量で抑えるようにしましょう。

以前の服用が24時間以内の場合

バイアグラには服用間隔が定められています。1日1錠の服用で、次の服用までには24時間のインターバルを置く必要があります。

パートナーとののんびりした旅行中などは、1日に複数回のセックスをすることもあるでしょう。そのような場合は、バイアグラの連続使用は出来ません。より効果継続時間の長いシアリスなどで補うようにしましょう。

セックスをする直前

バイアグラは服用した後、効果が身体にあらわれるまでは、だいたい30分から40分ぐらいかかります。セックスの直前のタイミングで摂取をしても、すぐに勃起促進効果を体感することは出来ないので気を付けましょう。

セックスをするタイミングから逆算してバイアグラを摂取することが大事になります。より効果の即効性を求める場合には、レビトラを服用しましょう。空腹時であれば15分から20分ほどで勃起促進の効果があらわれます。

セックスをする3時間以上前

一般的にバイアグラ50mgの効果継続時間は5~6時間とされています。ここで注意しなければいけないことは、服用後1時間の時と服用後5時間の時とでは勃起促進効果の強さが異なるということです。

バイアグラの勃起促進効果は有効成分シルデナフィルの血中濃度に比例します。シルデナフィルの血中濃度が高ければそれだけ勃起を強く促すということですね。

この血中濃度ですが、バイアグラを服用後1時間でピークを迎え、その後なだらかに低くなっていきます。そして、服用後3時間の時点では血中濃度はピーク時の半分となってしまいます。

服用後3時間では、ピーク時の半分の勃起促進効果しか期待できないということです。なので、効果の持続する時間内だからといって、セックスをする3時間以上前にバイアグラを飲んでもそこまで力強く勃起することは出来ないでしょう。

まとめ:服用できない人と服用すべきでないタイミング

以下の条件のいずれかにあてはまる人は、ED治療クリニックにてバイアグラの処方を受けることができません。これは、バイアグラを服用すると重い副作用が発症するリスクがあるためです。

  • 有効成分シルデナフィルにアレルギーがある
  • 硝酸剤などの併用禁忌薬を服用している
  • 心臓の障害などでセックスを医師に禁じられている
  • 重度の肝機能障害である
  • 重度の低血圧、もしくは高血圧である
  • 脳梗塞や心筋梗塞の既往が最近6ヵ月以内である
  • 網膜色素変性症である
  • 未成年である(例外あり)

これらの条件にあてはまる人は、海外通販でのバイアグラの個人輸入も控えるべきでしょう。

また、バイアグラには服用に適さないタイミングがあります。具体的には以下のようなタイミングになります。

  • 食事の直後
  • 過度の飲酒の後
  • 以前の服用が24時間以内の場合
  • セックスをする直前
  • セックスをする3時間以上前

このようなタイミングでバイアグラを服用しても、十分な勃起促進効果を享受することはできません。「バイアグラの効果的な飲み方や危険な飲み合わせ」という記事でまとめられているような適切な飲み方を心掛けるようにしましょう。

>>バイアグラのお得な通販はこちら<<

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを投稿する

バイアグラ
平均:  
 0 reviews

-ED(勃起不全)治療薬, バイアグラ
-, , , ,

Copyright© バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用 , 2020 All Rights Reserved.