バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用

タツナビではバイアグラ病院ではED(勃起不全)の改善や対策に効果のあるバイアグラ、シアリス、レビトラの効果効能や飲み方、他のED治療薬の細かい情報などなどを読みやすく判り易くまとめてある専門サイトになります。

ED(勃起不全)治療薬 バイアグラ

バイアグラの効果と副作用

更新日:

本記事ではED治療薬であるバイアグラの効果・効能・効果時間・副作用についてわかりやすく説明してあります。またバイアグラの正しい服用方法や注意する点も載せてあるのでバイアグラについて深く知る事ができます。

バイアグラとは?

>>バイアグラのお得な通販はこちら<<

バイアグラとはED治療薬のひとつです。複数あるED治療薬のなかでも古くから世界中で愛用されており、知名度も他のED治療薬と比較すると群を抜いて高くなっています。バイアグラの有効成分はシルデナフィルです。

この成分によって男性器の海綿体に正常に血液が流れ込むようになり、結果として正常な男性器の勃起につながります。服用してから30分程度で効果が現れ、4時間ほど持続するのが一般的です。なので、性行為を行う1時間前に服用するのが推奨されています。

バイアグラは保険適用外の医薬品です。そのため、日本国内においては、どのクリニックにおいても自費診療となってしまいます。そのため、保険証などの提示も必要ありません。

各クリニックによって若干の差はありますが、だいたい1錠あたり1500円ほどが相場のようです。ただ、ネット通販ではより割安で購入することが出来ることもあり、初回のみクリニックで処方を受け、二度目からはネット通販で済ますという方が多くいます。

多くの方が勘違いをしているようですが、バイアグラを飲んだからといって、性行為の際の感度が上がったり、興奮が高まったりするといったことはありません。バイアグラはあくまでEDを治療する医薬品であり、媚薬や精力剤のたぐいではないのです。

バイアグラは男性器への血液の流入を活発化させるものです。したがって、飲んでも性的刺激に対して敏感になったりといったことは科学的・医学的に実証されたものではありません。

バイアグラの効果

バイアグラはその有効成分が男性器への血液の流入を促進することによって、勃起不全を解消させる医薬品です。勃起不全とは、体内で分泌される勃起を抑制する酵素の割合が過剰に高くなってしまっている状態のことです。

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルには、この勃起を抑制する酵素の働きを妨害する効果があります。その結果として、男性器への血液の流入が盛んになり健全な勃起へとつながることになります。

バイアグラは勃起しやすい状態に身体を促してくれるものです。そのため、バイアグラを飲んだからといって、やたらめたらに四六時中勃起状態に悩まされるということはありません。あくまでも性的興奮を脳が感知したときのみに勃起に至るものです。

バイアグラの勃起促進効果は、服用後、だいたい30分ほどから実感することができます。その後、1時間ほどで効果はピーク状態になります。そして、徐々に効果は薄れていき、3時間から4時間ほどで勃起促進効果は半減すると言われています。なので、性行為をする1時間前にバイアグラを服用することが推奨されています。

バイアグラを服用するときは、空腹状態のほうが好ましいです。胃の中に未消化の食べ物があると、バイアグラの有効成分の体内への吸収が阻害されていしまうからです。

性行為をするタイミングがどうしても食後になってしまうという方もいるでしょう。そのような場合は、食事を始める30分ほど前の胃の中が空っぽな状態でバイアグラを事前に飲んでおき、バイアグラの有効成分が胃から吸収された後に食事は始めるというのが効果的とされています。

バイアグラの副作用

バイアグラは副作用の多い医薬品として知られています。バイアグラを服用することで、男性器のみならず、身体中の血行が活性化されます。それに付随して、さまざまな副作用が発症してしまいます。日本でバイアグラが承認された時の臨床実験においては、被験者の40%程度に何らかの副作用が認められたとのことです。

副作用のなかでも特に多いのは、顔のほてりやそれにともなう頭痛です。これらは、バイアグラの有効成分シルデナフィルによって、顔や頭部の血管が拡張してしまうことによっておこります。

拡張した脳の結果が周囲の神経に干渉することによって痛みが生じるためです。頭痛に関しては、バイアグラ服用者の10%程度の人に発症しているようです。

この脳内の血管の拡張が原因である頭痛というのは、飲酒時に頭痛がおこってしまうメカニズムと同じものです。そのため、アルコールを摂取すると顔が赤くなったり、頻繁に頭痛になってしまうという方は、バイアグラ服用時にも頭痛がおこりやすくなってしまう傾向にあります。

バイアグラの副作用としての頭痛への対処法としては、市販されている頭痛に効果のある鎮静剤が有効です。代表的なものではロキソニンなどですね。バイアグラを処方しているクリニックでは、これらの頭痛鎮静剤も一緒に処方してくれます。

これらの頭痛薬はバイアグラと同じく効果の持続時間は3時間から4時間程度です。なので、バイアグラの服用時に一緒に飲むようにして事前に副作用の頭痛を予防しましょう。

バイアグラの飲み合わせ

バイアグラはそれ単体で服用しても命にかかわる危険性のない安全な医薬品です。しかし、飲み合わせの悪い他の薬と一緒に服用してしまうことで、身体に重大な影響がでてししまいます。

なので、今現在、何かの医薬品を常用している方は、バイアグラを服用する前に、その医薬品とバイアグラとの飲み合わせについて専門医に確認をするようにしましょう。

バイアグラはもともと狭心症や心筋梗塞の薬として開発されていたものです。つまり、血管を拡張させ血流を良くし、血圧を下げる効果があるということですね。そのため、他の血圧を下げる効果のある医薬品と同時に服用することによって、身体の血圧が急激に下がってしまうという状態になってしまいます。

日本国内においては、ニトログリセリン系の狭心症の医薬品とバイアグラを一緒に服用してしまったために、血圧が下がりすぎてしまい死亡に至ってしまった例もあります。

また、注意しなければいけないこととしては、バイアグラとの併用が禁止されているのは、何も飲み薬に限ったことではないということです。狭心症や不整脈の薬には貼り薬や吸入薬、塗り薬やスプレーなどもあります。

これらも同様にバイアグラとの併用は認められていません。これに関しては素人には判断が難しいものです。面倒でも適宜、専門医の指導をあおぐようにしましょう。

最近では、ネット通販で手軽にバイアグラが入手できるようになっています。そのため、個人の判断で好い加減な使用をしている方も多くいるようです。

しかし、バイアグラは飲み合わせの悪い薬を併用してしまうことで死に至る可能性もある医薬品であることもまた事実です。そのため、初めてED治療薬を利用するという場合は、専門医の診察を受けられるクリニックをでの処方が安心です。

バイアグラの体験談

45歳男性

アラフォーとよばれる年代になってからというもの、行為の最中に中折れになってしまうことが多くなっていました。そのため、妻にも呆れられてしまっていました。そんな時に職場の上司から勧められて飲み始めたのがバイアグラです。

効果は抜群で若かりし頃の元気さを取り戻すことが出来ています。バイアグラ50mgのもの1錠で私は問題なく勃起できています。妻とは週一ほどで営んでいるので、月に4錠ほどの使用ですね。なんとか小遣いでもまかなうことのできる範囲なので助かっています。

38歳男性

自分はもともと性的に強いほうではなかったのですが、その状態が輪をかけてひどくなってきたのが35歳を過ぎたぐらいからでした。性欲それ自体が減退してしまった感があり、オナニーもほとんどしなくなってしまいました。婚活中の身だったこともあり、「このままではいかん」ということでバイアグラを使い始めました。

婚活パーティーで知り合った女性と食事する機会があったのですが、事前にレストランのトイレでバイアグラを飲むことによって、その日は問題なくセックスをすることが出来ました。おかげで自分の自信を保つことが出来ています。

27歳男性

大学院時代から3年ほど付き合っている彼女がいます。今はその彼女と同棲しているのですが、以前と比べると明らかに勃起しづらくなってきていました。中折れすることが多く、彼女も直接口に出すことはないにしても不満がっているようでした。まさか20代でEDに悩まされるとは思っていなかったのが正直なところです。

このままではいけないと思い、近場のED専門医のいるクリニックを訪れました。クリニックでは特に変な目で見られることもなく、先生は親身なって相談にのってくれました。バイアグラも処方され、その薬の効果ももちろんあり、問題なく彼女とセックスできるようになりました。しかし、それ以上に先生のアドバイスによって心理的負担が軽くなったというのが大きく感じています。

>>バイアグラのお得な通販はこちら<<

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを投稿する

バイアグラ
平均:  
 0 reviews

-ED(勃起不全)治療薬, バイアグラ
-, , , , , , ,

Copyright© バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用 , 2020 All Rights Reserved.