バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用

タツナビではバイアグラ病院ではED(勃起不全)の改善や対策に効果のあるバイアグラ、シアリス、レビトラの効果効能や飲み方、他のED治療薬の細かい情報などなどを読みやすく判り易くまとめてある専門サイトになります。

ED(勃起不全)治療薬 レビトラ

レビトラの偽造薬には要注意

更新日:

本記事では、レビトラの偽造品についての情報をまとめていきます。レビトラの偽造品は市場に広く出回っています。ネット流通はもちろんのこと、一部のクリニックの処方においても偽造品は紛れています。

医薬品の偽造品は身体に大きなダメージを与えます。使用は避けなければいけません。レビトラの偽造品を掴まされないためには次のような対策があります。

  • 医療機関での処方:製薬会社が紹介しているクリニックで処方を受ける
  • 個人輸入での海外通販:信頼できるサイトの基準をみたしている業者を利用する

中高年になってセックスを楽しむためには、レビトラなどのED治療薬はどうしても手放せないものです。そのためにも、偽造品に騙されないようにし、正規品を確実に入手出来るようにしましょう。

>>レビトラのお得な通販はこちら<<

レビトラおよびED治療薬は安心・安全な医薬品

本記事ではネット通販を中心に広く流通しているレビトラの偽造品の危険性についてまとめていきます。レビトラの偽造品は安全性が証明されていないもので、身体に重篤な被害をおよぼすリスクがあるものです。偽造品を購入したり使用することは出来る限り避けなくてはいけないことです。

ここで注意して欲しいのは、リスクがあるのはあくまでもレビトラの偽造品だということです。バイエル社が製造する正規品のレビトラは厚生労働省によって認可された安全な医薬品です。

なので、用法用量を守って使用することによって安全に勃起ができるものです。避けるべきは偽造品であり、レビトラそれ自体には害はありません。レビトラには悪いイメージをもたないようにして下さいね。

偽造品はネット通販に限らない

レビトラをはじめとするED治療薬の偽造品はかなりの数にのぼります。他の医薬品などと比べると、ED治療薬の偽造品の割合は圧倒的なものがあります。

海外通販などの正規ルートではないケースはもちろんのこと、正規品を取り扱っているはずの街中のクリニックなどでもED治療薬の偽造品は紛れています。

なぜここまでレビトラなどED治療薬には偽造品が多くなっているのでしょうか。その理由は簡単で、たくさんの需要があるからです。世界初のED治療薬として開発されたバイアグラは、販売されるやいなや爆売れしました。

日本国内の市場規模だけでも数十億円と言われています。それだけ多くの人が欲してるものがED治療薬なのです。の需要につけ込んで多くの業者が偽造品を開発しているというわけです。

ネット流通で偽造品が多いのは事実

ED治療薬の偽造品というとインターネットの通販で出回っているというイメージがあるかと思います。

この認識は正しく、バイアグラが出回りはじめた頃に比べると規制が厳しくなった現在においても、海外通販などの日本人向け個人輸入サイトには、多くのED治療薬の偽造品で溢れかえっています。

国内でED治療薬の開発・販売を行っている製薬会社が2016年に合同で行った大規模な調査では、ネットで通販されているED治療薬の実に40%ほどが偽造品であったとのことです。また、2015年には、1,030件もの偽造医薬品が税関にて押収されています。

押収数に関しては、10年間で100倍近くになっています。このようなデータからもネット流通および海外通販などで偽造品が多く出回っているのが分かりますね。

医療機関でも偽造品が販売されている

また、レビトラなどED治療薬の偽造品の流通は何もネット通販に限ったものではありません。街中にあるクリニックで処方されるレビトラが偽造品である可能性もあります。

ネットで見つけた噂なのでどこまで本当かは分かりませんが、首都圏を中心にフランチャイズを展開している男性向けクリニックにて偽造品が処方されているなどという情報もあります。

そのクリニックを担当している医師が故意に偽造品を扱っているのか、それとも医師であっても偽造品を見抜けずに騙されてしまっているのかは分かりません。

ここで大事なことは、ンズクリニックにおける処方であってもED治療薬の偽造品を掴まされてしまう可能性があるということです。

ED治療薬の偽造品には多大なリスクが

では、レビトラなどED治療薬の偽造品には実際にはどのような危険性があるのでしょうか。正直なところ、たとえ偽造品であってもレビトラと同様の勃起促進効果があり、かつ身体への悪影響などがなければ問題はないですよね。

しかし、もちろんそんなことはありません。偽造品のレビトラには以下にまとめるような無視できないリスクがあります。使用することは避けるべきものです。

劣悪な製造環境

偽造品のリスクの1つ目は、劣悪な環境下で医薬品の製造が行われているということです。日本で認可されているED治療薬はどれもメジャーな製薬会社によって製造・販売が行われています。

大企業が仕切ってるため、製造プロセスにおいても各国の定める基準を上回るものなっています。医薬品に一定の質が担保されているということですね。

しかし、偽造品ではそうはいきません。偽造品は、少しでも製造コストを下げるために、劣悪な環境下で安い労働力によって製造されています。多くの場合、東南アジアの田舎などの人件費が安い地域で製造されているようです。

質の担保も衛生管理もなにもないそのような環境で製造されているため、偽造品には人体にどんな悪影響があるか分かったものではありません。

高い副作用のリスク

偽造品のリスクの2つ目は、正規品よりも偽造品のほうが副作用のリスクが高いということです。これは上記の劣悪な環境下での製造ともつながってくることです。

偽造品は製造コストを抑えるために、正規品には含まれていない成分が混入していることがあります。正規品よりも勃起促進効果が弱いだけでなく、身体に余計な悪影響を与えてしまうということですね。

海外の事例になってしまいますが、シンガポールでは偽造品の服用によって40人もの男性が昏睡状態に陥ってしまい、そのうち4人が無くなってしまったという事件も起きています。しかも、2008年のことなので比較的最近の出来事です。

偽造品の使用は死に直結していると言っても過言ではありません。

素人目では判別出来ない

このように多くのリスクを内包している偽造品ですが、問題なのは偽造品と正規品の判別が素人目には難しいということです。「シアリスの偽造薬に注意」という記事ではED治療薬の偽造品の見分け方のコツをまとめています。

しかし、最近では正規品のレビトラと全く見分けがつかないものも出回りつつあります。前述した男性向けクリニックで処方されていた偽造品もそのような正規品のレビトラに非常によく似たものです。

専門知識のある医師や薬剤師でさえ騙されてしまう可能性があるのです。このレベルの偽造品に関しては素人である私たちはお手上げです。

偽造品のリスクを最小化するためには

とはいうものの、中高年になってからもセックスを楽しむためには、レビトラなどのED治療薬は手放すことが出来ません。どうすればビトラの偽造品を掴まされるリスクを最小化することが出来るのでしょうか。

以下、おすすめのクリニックの選び方、海外通販サイトの選び方を紹介します。

まずはレビトラを処方してくれるクリニックの選び方です。一番確実な方法は製薬会社が運営しているサイトで紹介されているクリニックを利用するということです。

レビトラの製造・販売を行っているバイエル社であれば、「EDネットクリニック.com」というサイトを運営しています。ここで紹介されているクリニックはバイエル社が認めたクリニックなので正規品を取り扱っている可能性が高くなります。

次は、海外通販で正規品のレビトラを個人輸入できるサイトの選び方です。信頼できる通販サイトを見つける時は以下の項目をチェックしましょう。

  • 電話問い合わせ窓口が用意されていること
  • クレジットカードの使用を認めていないこと(医薬品販売業界では基本的にクレジットカードは使えないので、逆にクレジットカード決済が出来ると怪しい)
  • 正規品保証や配達保証をきちんと行っていること
  • 成分鑑定書をサイトできちんと開示していること

詳しくは、以下の記事にて詳しくまとめています。よりレビトラの海外通販についてより深く知りたい方はぜひ確認してみて下さいね。

まとめ:レビトラの偽造品に騙されないために

海外通販などを利用しての個人輸入においても、街中のクリニックでの処方においても、レビトラの偽造品は出回っています。偽造品の使用は非常にリスクが高く、最悪の場合、死に至る危険性もあります。ED治療薬の偽造品を掴まされるリスクを最初化するためには以下の対策があります。

  • 医療機関での処方:製薬会社が紹介しているクリニックで処方を受ける
  • 個人輸入での海外通販:信頼できるサイトの基準をみたしている業者を利用する

最近では医師でも見分けがつかないほどのED治療薬の偽造品が出回っています。個人で出来る対策はきちんと行い、偽造品を掴まされないようにしましょう。

>>レビトラのお得な通販はこちら<<

-ED(勃起不全)治療薬, レビトラ
-, , , , , ,

Copyright© バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用 , 2020 All Rights Reserved.