バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用

タツナビではバイアグラ病院ではED(勃起不全)の改善や対策に効果のあるバイアグラ、シアリス、レビトラの効果効能や飲み方、他のED治療薬の細かい情報などなどを読みやすく判り易くまとめてある専門サイトになります。

ED(勃起不全)治療薬 レビトラ

レビトラが処方できないケース

更新日:

本記事では、医師がレビトラの処方を認めないケースについてまとめていきます。厚生労働省によって認可されたレビトラは、基本的には安全な医薬品です。

しかし、以下のいずれかのケースにあてはまる方がレビトラを使用すると身体に重篤な被害がでる可能性があります。

  • 併用禁忌薬を使用中のケース
  • 有効成分にアレルギーがあるケース
  • 医師から性行為の禁止を言い渡されているケース
  • 脳梗塞や脳出血、心筋梗塞の直近の既往があるケース
  • 重度の肝障害があるケース
  • 一定以上の低血圧・高血圧である場合。網膜色素変性症であるケース
  • 処方をうける人が女性であるケース。未成年であるケース

これらのケースに心当たりがある場合は、いきなり自己判断でレビトラを使用することは避け、まずは最寄りのED治療クリニックに相談にいくようにしましょう。

>>レビトラのお得な通販はこちら<<

レビトラは安全な医薬品だけど…

レビトラは2004年に日本国内において正式に認可されたED治療薬です。認可されたということは一定の効果と安全が厚生労働省によって担保されているということです。

そのため、用法用量をきちんと守る限りにおいては、レビトラは問題なく使用することの出来る医薬品です。バイアグラなどと比べると、レビトラは特に副作用のリスクも少ないことが臨床試験の結果などから分かっています。そのため、勃起不全に悩む男性には積極的におすすめできるものです。

しかし、とはいうものの、医師の処方せんを必要とする医療用医薬品である以上、レビトラを服用が認められず処方を受けることが出来ない人がいるのもまた事実です。

身体への影響があいまいなサプリメントなどとは違うということですね。万が一ということもあるので、レビトラの購入・使用を考えている場合には、どのようなケースにおいてレビトラの処方が認められないのかを学んでおきましょう。

レビトラの処方が認められないケース

海外通販などの特殊な入手方法を除いて、日本国内で正規に流通しているレビトラを入手するためにはクリニックで医師の問診を受ける必要があります。医師に処方せんを書いてもらう必要があるということですね。

基本的には安全に使用することの出来るレビトラですが、以下に述べるようなケースにあてはまる場合には、服用することによって身体に重篤な被害が生じてしまう可能性があります。それを防ぐために医師による処方が義務付けられているということですね。

併用禁忌薬を使用中のケース

詳しくは「他に服用中の薬がある場合はどうする?」という記事にてまとめていますが、レビトラには併用禁忌薬があります。レビトラと一緒に摂取してしまうと身体に重大な被害を及ぼすリスクがある医薬品があるということですね。このレビトラの併用禁忌薬を使用中である方は、当然ですが、レビトラの処方を受けることが出来ません。

レビトラの代表的な併用禁忌薬には、ニトログリセリンなどの硝酸剤や一酸化窒素供与剤があります。これとレビトラを併用してしまうと急激に血圧が下がってしまい身体が重篤な低血圧状態になってしまいます。

狭心症など心疾患系の病気の治療でニトログリセリンなどは使用されます。飲み薬だけでなく、湿布やスプレー、塗り薬などもあるので注意しましょう。

有効成分にアレルギーがあるケース

レビトラの有効成分であるバルデナフィルに対してアレルギー症状が過去に発症したころがある方はレビトラの処方を受けることが出来ません。よくあるアレルギー症状としてひは鼻炎があります。

紛らわしいのですが、このアレルギー性鼻炎はレビトラの副作用の鼻づまりとは区別されるものです。単なる副作用の鼻づまりならほっておいて良いのですが、アレルギー性鼻炎だと医師に相談する必要があります。

アレルギー性鼻炎の特徴としては、鼻水が水っぽくなったり、くしゃみがとまらなくなったり、肌に湿疹ができたりします。

レビトラの服用後に鼻炎の症状にプラスしてこれらの症状が発症した場合は、レビトラの有効成分であるバルデナフィルに対してアレルギーである可能性があります。それ以上のレビトラの服用はいったん止め、医師に確認をとるようにしましょう。

医師から性行為の禁止を言い渡されているケース

レビトラなどのED治療薬は、適切な勃起をうながし性行為をできるようにするための薬です。そのため、そもそも性行為自体を医師によって禁止されている場合には、当然ですが、レビトラを処方してもらうことが出来ません。

医師によって性行為を禁止されるケースとは、脳や心臓の血管に異常がある方です。このような方が性行為をすると、心拍数が増加することによって症状が悪化してしまうリスクがあります。そのため、医師は性行為そのものを禁止してしまうのです。

脳梗塞や脳出血、心筋梗塞の直近の既往があるケース

レビトラにおいては、過去6ヵ月以内に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞のどれかの既往がある場合には処方が認められません。レビトラは血圧や心拍数に強い影響を与える医薬品です。

そのため、完治しているといっても、過去6ヵ月以内という直近の期間に脳梗塞や脳出血、心筋梗塞などの血管の病気にかかっている方のレビトラの使用は認められていません。

重度の肝障害があるケース

レビトラの有効成分であるバルデナフィルは、肝臓で代謝され体外に排出されます。そのため、重度の肝機能障害がある方の場合は、バルデナフィルの代謝と排出が上手くいかなくなる可能性があります。

実際、海外での肝障害患者を対象にした臨床試験においては、健康な成人男性に比べてバルデナフィルの血中濃度が2.3倍から2.6倍ほどになってしまっていることが確認されています。

このようにレビトラを身体がうまくさばくことが出来なくなってしまうために、重度の肝障害がある方へのレビトラの処方は認められていません。

一定以上の低血圧・高血圧である場合

繰り返しになってしまいますが、レビトラは血圧や心拍数に強い影響がある医薬品です。そのため、一定の値以上の低血圧の方、高血圧の方に対しては処方は認められていません。

具体的には、低血圧の場合は最大血圧が90mmHg以下、高血圧の場合は最大血圧が170mmHg以上もしくは最小血圧が100mmHg以上である方はレビトラの処方を受けることは出来ません。

網膜色素変性症であるケース

網膜色素変性症という進行性の夜盲を患っている方はレビトラの服用が認められていません。これはレビトラの有効成分バルデナフィルのPDE5阻害薬としての働きが、網膜色素変性症の症状の悪化につながってしまうことが指摘されているためです。

また、このような理由から網膜色素変性症の患者を対象としたレビトラの臨床試験も行われていません。そのため、網膜色素変性症の方はレビトラの処方を受けることができません。

処方をうける人が女性であるケース

同じED治療薬であってもバイアグラなどには女性向けのものがあります。不感症などに悩む女性にもバイアグラが一定の効果があるということですね。しかし、レビトラはいまだに女性向けには開発されておらず、女性を対象としたレビトラの臨床試験も行われていません。

そのため、女性が使用するとどうなるかというデータが集まっていません。そのため、現時点においてはレビトラの女性向けの処方は禁止されています。

未成年であるケース

レビトラをはじめとするED治療薬は、あくまで勃起不全に悩む成人男性を対象にデザインされている医薬品です。そのため、未成年はその患者としての想定には入っていません。したがって、未成年を対象にしたレビトラの臨床試験はこれまで行われていません。

そのため、未成年に対するレビトラの安全性が確立されていないという理由から、未成年を対象にしたレビトラの処方は認められていません。ただ、同じ未成年であっても、既婚者である場合は処方をうけることも可能なようです。

最初は医師に判断してもらうのが肝心

以上、簡単ながら医師がレビトラの処方を認めないケースについてまとめてきました。もし、上記の項目に少しでも心当たりがある場合には自分で判断することなく、最寄りのED治療クリニックに相談に行きましょう。実際に医師に相談してみるのが何よりも安心です。

本サイトでは海外通販を利用してのレビトラの購入を推奨しています。実際のところ、上記の処方を断られるケースであっても海外通販ならば自己責任という名の下にレビトラを購入することは出来てしまいます。

しかし、そのような場合は、当然ながら、大きな健康のリスクを背負い込むことになってしまいます。そのような事態を避けるためにも、まずは医師の診察を受けましょう。海外通販でED治療薬を購入するのは2回目からでも遅くはありません。

まとめ:レビトラの処方が受けられないケースとは?

レビトラは基本的には安全に使用できるED治療薬です。しかし、以下の特定のケースにあてはまる場合には、医師はレビトラの処方が認められません。

  • 併用禁忌薬を使用中のケース
  • 有効成分にアレルギーがあるケース
  • 医師から性行為の禁止を言い渡されているケース
  • 脳梗塞や脳出血、心筋梗塞の直近の既往があるケース
  • 重度の肝障害があるケース
  • 一定以上の低血圧・高血圧である場合
  • 網膜色素変性症であるケース
  • 処方をうける人が女性であるケース
  • 未成年であるケース

もしこれらのいずれかのケースに自身があてはまる可能性がある場合には、いきなり自己責任で海外通販などを利用するのではなく、最寄りのED治療クリニックで医師の問診をうけるようにしましょう。

>>レビトラのお得な通販はこちら<<

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを投稿する

レビトラを処方できないケース
平均:  
 0 reviews

-ED(勃起不全)治療薬, レビトラ
-, , , , , ,

Copyright© バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用 , 2020 All Rights Reserved.