バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用

タツナビではバイアグラ病院ではED(勃起不全)の改善や対策に効果のあるバイアグラ、シアリス、レビトラの効果効能や飲み方、他のED治療薬の細かい情報などなどを読みやすく判り易くまとめてある専門サイトになります。

ED(勃起不全)治療薬 レビトラ

レビトラの副作用と起こりうる症状

更新日:

本記事ではレビトラ服用時に起こりうる副作用のリスクについてまとめていきます。レビトラの副作用の発症率は約30%となっており、症状には以下のようなものがあります。

  • ほてり
  • 頭痛
  • 鼻づまり
  • 心拍数の増加

バイアグラやシアリスなど他のED治療薬と比較しても特にレビトラの副作用のリスクが高いということはありません。なので、そこまで過剰にレビトラの副作用を不安に思う必要はありません。もし頭痛などの症状がつらくなってきたら、市販の頭痛鎮静剤で対処するようにしましょう。

>>レビトラのお得な通販はこちら<<

レビトラには副作用のリスクがある

バイアグラなど他のED治療薬と同様にレビトラにも副作用のリスクがあります。レビトラはED治療薬であり医療用医薬品です。そのため、身体に対して一定の影響を与えるものです。

効果があいまいなサプリメントや精力剤とは根本的に違うということですね。そのため、この身体への作用の裏返しとして、なかば必然的に副作用のリスクは避けられないものとなります。

とはいえ、レビトラの副作用に関してはそこまで怖がる必要はありません。厚生労働省に認可された医薬品ですので、用法用量を守って適切に使用する限りにおいては一定の基準の安全は担保されているものです。

日本国内未認可の海外製の医薬品などとは根本的に違うということです。レビトラの副作用に関しては、そこまで不安がる必要のあるものではなく、この記事でまとめる程度の知識があれば十分に対処できるものとなります。

臨床試験におけるレビトラの副作用

では、レビトラの副作用の症状は具体的にどのようなものでしょうか。ここでは確証あるデータとして、レビトラに関する国内と海外とで行われた2つの臨床試験を参照したいと思います。

まずは、国内で実施された臨床試験です。913人を対象に行われたもので、そのうちの257人(28.15%)に副作用の症状があらわれたとのことです。副作用の具体的な症状としては、以下のようになります。

  • ほてり:143件(15.66%)
  • 頭痛:51件(5.59%)
  • 鼻づまり:27件(2.96%)
  • 心拍数の増加:27件(2.96%)

次に海外で実施された臨床試験の結果を引用します。7080人を対象に実施されたもので、そのうちの2206人(31.16%)に副作用の症状が認められました。その副作用の症状は以下のようになります。

  • 頭痛:871件(12.30%)
  • ほてり:749件(10.58%)
  • 鼻づまり:(4.42%)
  • 消化不良:(3.25%)
  • めまい:(1.77%)

細部に違いはあるものの、これら2件の臨床試験の結果は似通っていることが分かりますね。レビトラにおける副作用の発症率はだいだい30%ぐらいとなっています。3人に1人ぐらいの人がレビトラの副作用を発症してしまうということです。

レビトラの副作用の原因

では、レビトラの服用においては、なぜこれらの副作用の症状が発症するのでしょうか。その原因を端的に説明すると、レビトラの作用によって全身の血行が促進されたためとなります。

レビトラがいかに身体に作用して勃起を促すのかということについては、「レビトラに含まれている成分とは?」という記事にて詳しく解説しているので、詳細は省きます。

端的にレビトラの効果を言ってしまうと、ペニス付近の血管を拡張させ血流を良くし、海綿体への血液の流入量を多くするというものです。このペニス付近の血流を促進する効果に付随して、全身の血流も合わせて促進させることになります。

その結果として、上記のような副作用が発症するということですね。なので、極端な話、副作用の症状はレビトラがきちんと効いている証拠と言うことも出来ます。

  • 顔のほてり:顔の表面の血管で血行が促進されたため
  • 頭痛:頭部の血管で血行が促進され周囲の神経を圧迫したため
  • 鼻づまり:鼻粘膜が充血したため
  • 消化不良:消化器官の血流が良くなりすぎたため

このように、身体の各部位の血行が良くなりすぎた結果としてのレビトラの副作用となります。全ての副作用の原因は、レビトラの血行促進効果にあるということですね。

他のED治療薬との副作用の比較

このようにレビトラにも一定の副作用のリスクが内在しています。では、このレビトラの副作用のリスクは他のED治療薬と比較してどうなのでしょうか。バイアグラやシアリスなどと比較してレビトラの副作用のリスクは高いのか。もしくは低いのか。以下にまとめていきます。

レビトラ、バイアグラ、シアリス。現在、日本国内において認可されているこれらの3つのED治療薬の有効成分は、ともに体内において似たような働きをします。

詳しくは、「レビトラに含まれている成分とは?」という記事にてまとめていますが、副作用の症状に関しては3つのED治療薬で似通っており、大きな違いはありません。なので症状ではなく、その発症率に違いを比較していきます。

バイアグラとの比較

まずは、日本で史上初めて認可されたED治療薬であるバイアグラとレビトラの副作用のリスクを比較していきます。

バイアグラの国内認可時に行われた臨床試験では、157人を対象に行われ、そのうちの65人(41.4%)に副作用の症状が認められています。また、海外で行われた臨床試験では、823人を対象に行われ、そのうちの261人(31.7%)に副作用の症状が認められています。

バイアグラの日本国内の臨床試験と海外の臨床試験で発症率に差があります。が、レビトラの発症率と比較すると、同程度かレビトラのほうが低いことが分かります。

国内の臨床試験結果を比較するとレビトラのほうが約10%も発症率が低いのが分かりますね。これらは、バイアグラの後追いで開発されたレビトラが、バイアグラの欠点である副作用の発症率の高さを改善しようとしたためだとされています。

シアリスとの比較

次にレビトラよりも後に開発・販売がなされたシアリスとレビトラの副作用のリスクを比較します。

シアリスの国内認可時に行われた臨床試験は、257人を対象に行われ、そのうち70人(27.2%)に副作用の症状が認められています。また、海外で行われた臨床試験では、2047人を対象に行われ、そのうち599人(29.3%)に副作用の症状が認められています。

シアリスの副作用の発症率とレビトラのそれとを比較すると、シアリスのほうが数%程度低くなっていることが分かります。レビトラとシアリスはほぼほぼ同じぐらいの発症率ぐらいですね。

「シアリスがもたらす効果・効能」という記事でまとめていますが、シアリスの有効成分は水に溶けにくく身体にゆっくり吸収されます。そのため、シアリスの勃起促進の効果が発揮されるまではバイアグラやレビトラよりも時間がかかり、かつその効果もそこまで強力ではありません。

遅効性のシアリスにおいて副作用の発症率が低いのは理解できると思います。一方で、レビトラは即効性でありながらシアリスと同程度まで副作用のリスクを下げることが出来ているということです。即効性を求めているが副作用が不安。そのような方におすすめなのがレビトラということですね。

軽度の副作用は薬効が働いてる証拠

ここまでレビトラの副作用の詳細、およびバイアグラやシアリスなどの副作用の発症率との比較についてまとめてきました。ビトラは他のED治療薬と比較しても副作用の発症率は低く30%程度となっています。

「3人に1人がレビトラで何らかの副作用を発症する」

このように言われるとレビトラはかなり副作用のリスクが高く感じるかもしれません。

しかし、本サイトで繰り返し述べているように、レビトラの副作用は発症したとしてもそこまで重症化するものではありません。上記のように、その副作用はレビトラの血行促進効果に起因するものです。

なので、ちょっと身体がダルいなぐらいで終わるものがほとんどです。また、その症状はレビトラの勃起促進効果が切れるとともに鎮まっていくものです。

なので、そこまで不安に思う必要はありません。何らかの副作用を感知したら、それはレビトラの薬効がきちんと身体にあらわれている証拠です。

ほとんどの場合、何らかの副作用が発症したとしても問題なくセックスできるので、そこまで副作用を気にしなくても問題ありません。「お、レビトラが効いてきたぞ」ぐらいの気持ちで軽く受け流しましょう。

どうしてもの時は市販薬で対処

ただ、一部の人には頭痛などの副作用の症状が重く出てしまうこともあるようです。アルコール摂取時に頭痛に悩まされる人は、レビトラを飲んだ場合でも同様の頭痛に悩まされることがあるようです。

ともに頭部の血管が拡張し、周辺の神経に干渉してしまうことによって発症するものです。その場合、セックスをするどころではなくなってしまいます。

そのような時には、市販の頭痛剤、鎮静剤などで対処することが出来ます。ドラッグストアでは多くの頭痛に効く薬が市販されていますが、それらはレビトラの副作用としての頭痛にも効果を発揮します。

  • ロキソニン
  • バファリン
  • イブ
  • セデス
  • ナロンエース

これらが代表的なところでしょうか。レビトラの副作用に心配があるならば、これらの市販の鎮静剤を一緒に摂取しておくようにしましょう。

まとめ:レビトラの副作用は怖くない

レビトラ服用時の副作用の発症率はだいたい30%程度となっています。症状としては、

  • ほてり
  • 頭痛
  • 鼻づまり
  • 心拍数の増加

などがあります。レビトラの副作用のリスクはバイアグラやシアリスなど他のED治療薬と比較しても低くなっており、基本的には安心して使用することが出来ます。

「副作用の症状はレビトラが効き始めたサイン」ぐらいの認識で問題ありません。頭痛のなどの副作用の症状に不安がある場合は、市販の頭痛鎮静剤で対処することが可能となっています。

>>レビトラのお得な通販はこちら<<

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを投稿する

レビトラの副作用
平均:  
 0 reviews

-ED(勃起不全)治療薬, レビトラ
-, , , , , , ,

Copyright© バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用 , 2020 All Rights Reserved.