バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用

タツナビではバイアグラ病院ではED(勃起不全)の改善や対策に効果のあるバイアグラ、シアリス、レビトラの効果効能や飲み方、他のED治療薬の細かい情報などなどを読みやすく判り易くまとめてある専門サイトになります。

ED(勃起不全)治療薬 レビトラ

レビトラに含まれている成分とは?

更新日:

本記事ではレビトラの有効成分であるバルデナフィルの特徴についてまとめていきます。

バルデナフィルは、他のED治療薬と同じホスホジエステラーゼ5阻害薬という医薬品です。ホスホジエステラーゼ5という酵素の働きをブロックすることによってペニスを勃起しやすい状態にするものです。

他のED治療薬の有効成分と比べてバルデナフィルは、水に溶けやすいという性質があります。そのため、Tmax(血液中での濃度が最高になるまでの時間)も最短となっています。

空腹時であれば勃起促進効果を体感できるまでの時間は20分程度となっています。いざ急にエッチな雰囲気になってしまった時でも頼りになるED治療薬がバルデナフィルを含有するレビトラです。

>>レビトラのお得な通販はこちら<<

レビトラの有効成分バルデナフィルとは?

 

レビトラが日本国内で認可されたのは2004年です。アスピリンの製造・販売で有名なドイツのバイエル社製のED治療薬となります。

世界初のED治療薬であるバイアグラが日本国内で認可されたのが1999年です。レビトラはこのバイアグラに遅れること5年、世界で2番目のED治療薬として販売が開始されました。

そんなレビトラの有効成分はバルデナフィル塩酸塩水和物です。バイアグラ同様に医療用医薬品となっています。そのために、海外通販での個人輸入を除いて、クリニックで処方してもらうしか入手方法はない医薬品です。

また、自由診療の保険適用外の医薬品となっています。そのため、国内流通正規品の価格は1錠あたり1500円から2000円となっています。

1999年の発売開始とともにバイアグラは「中高年男性にとっての夢の薬」として大きな話題となりました。そして、多くの男性がバイアグラによって再び充実した性生活を営めるようになりました。

しかし、このバイアグラには複数の看過できない欠点があります。そのバイアグラの欠点の部分を補うために開発が進められたのがバルデナフィル塩酸塩水和物を有効成分とするレビトラです。

バルデナフィルはどのように身体に作用するか?

 

レビトラの有効成分であるところのバルデナフィル塩酸塩水和物は、いかに身体に作用に勃起不全の症状を改善させるのでしょうか。

実は、バルデナフィル塩酸塩水和物の医薬品としての作用機序は、バイアグラのシルデナフィルやシアリスのタダラフィルと基本的に同じとなります。有効成分の構造的な違いがあるのみで、それが身体にどう作用するかは基本的には同じメカニズムというわけですね。

レビトラのバルデナフィル。バルデナフィルのシルデナフィル。シアリスのタダラフィル。これらのED治療薬の有効成分はともにホスホジエステラーゼ5阻害薬とよばれる医薬品です。

「ホスホジエステラーゼ5」というのはペニスの海綿体内に存在する酵素のひとつです。このホスホジエステラーゼ5の働きを妨害するのがバルデナフィルなどのED治療薬の有効成分というわけです。

ホスホジエステラーゼ5阻害薬としてのバルデナフィル

 

ホスホジエステラーゼ5という酵素の主たる働きは、同じくペニスの海綿体内に存在する一酸化窒素の働きを抑制させるというものです。この一酸化窒素の働きが抑制されると血流が悪くなり、海綿体への血液の流入が悪くなります。

その結果として、勃起しづらい状態になってしまうわけですね。勃起不全という症状は、このホスホジエステラーゼ5が体内で活発になりすぎている状態だと言うことができます。

バルデナフィルなどのED治療薬の有効成分は、この中高年男性の体内において活性化し過ぎてしまっているホスホジエステラーゼ5という酵素の働きをブロックする効果があります。

その結果として、一酸化窒素が体内で本来の働きを取り戻し、ペニスの血管を拡張させ海綿体への血液の流入を促進します。このため、勃起しやすい状態になるというわけです。

バルデナフィルと他のED治療薬の有効成分との違いは?

 

ともにホスホジエステラーゼ5阻害薬である3つのED治療薬の有効成分。では、そのなかにおいてバルデナフィルは他の有効成分とはどのように違うのでしょうか。

結論から先に述べてしまうと、バルデナフィルの最大の特徴はその水溶性の高さにあります。シルデナフィルやタダラフィルに比べて、バルデナフィルは非常に水に溶けやすい性質があるということですね。

有効成分の水溶性が高いということは、身体への吸収が早いということです。つまり、バルデナフィルという有効成分を有するレビトラは、その勃起促進効果が発現されるまでの時間が短いということです。

以下に有効成分のTmax(血液中での濃度が最高になるまでの時間)を挙げておきます。言うまでもなく、血中濃度のピークがED治療効果のピークとなります。

  • バルデナフィル:0.7~0.9時間
  • シルデナフィル:0.5~1.5時間
  • タダラフィル:0.5~4.0時間

勃起促進効果が身体にあらわれるまでにバイアグラは1時間弱、シアリスは3時間弱かかります。一方、レビトラは空腹時であれば20分程度で勃起促進効果を体感することができます。

バイアグラやシアリスを飲む時は、どうしてもセックスをする時間から逆算して摂取タイミングを考える面倒臭さがあります。しかし、レビトラならば、いざ急にエッチな雰囲気になってから飲んでも間に合うということですね。

この効果が発揮されるまでの時間はバルデナフィルの何よりの特徴となります。

まとめ:バルデナフィルの特徴は即効性

 

本記事ではレビトラの有効成分であるバルデナフィルの特徴についてまとめてきました。

バルデナフィルはバイアグラの有効成分であるシルデナフィルやシアリスの有効成分であるタダラフィルと同じホスホジエステラーゼ5阻害薬です。ホスホジエステラーゼ5という酵素の働きをブロックすることによってペニスの海綿体への血流を増加させ勃起を促すものです。

同じホスホジエステラーゼ5阻害薬といってもバルデナフィルは他のED治療薬の有効成分にはない特徴があります。それは効果の即効性です。

バルデナフィルは非常に水に溶けやすい性質があり、Tmax(血液中での濃度が最高になるまでの時間)も3つのED治療薬の有効成分のなかで最短です。

そのため、空腹時であれば摂取後20分ほどで効果を体感することが出来ます。意図せずエッチな雰囲気になったときなどにも重宝するED治療薬がバルデナフィル有するレビトラです。

>>レビトラのお得な通販はこちら<<

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを投稿する

レビトラの有効成分
平均:  
 0 reviews

-ED(勃起不全)治療薬, レビトラ
-, , , , ,

Copyright© バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用 , 2020 All Rights Reserved.