バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用

タツナビではバイアグラ病院ではED(勃起不全)の改善や対策に効果のあるバイアグラ、シアリス、レビトラの効果効能や飲み方、他のED治療薬の細かい情報などなどを読みやすく判り易くまとめてある専門サイトになります。

ED(勃起不全)治療薬 レビトラ

レビトラ服用の注意点

更新日:

本記事ではレビトラを服用するにあたって注意するべきポイントをまとめています。レビトラは医薬品であり、服用に際しては以下の項目に気をつかう必要があります。

  • レビトラを服用できるかどうか
  • レビトラの正しい効果
  • 適切な服用タイミング
  • 適切な用量と服用間隔
  • 食後および飲酒後の服用
  • 効果の継続時間
  • 副作用のリスク

レビトラを含むED治療薬は安全に使用することが出来る医薬品です。しかし、適切な服用方法を守らないと思わぬリスクを抱え込んでしまう可能性があります。ですので、服用に際しては少なくとも本記事でまとめている項目に関しては理解しておくようにしましょう。

>>レビトラのお得な通販はこちら<<

医薬品には服用に際しての注意点がある

レビトラは日本国内においてバイアグラに次いで2番目に認可されたED治療薬です。ED治療薬であるということは医薬品であるということです。そして、医薬品であるということは身体に強い影響のある有効成分が含まれているということです。レビトラの場合はバルデナフィルですね。

したがって、レビトラを摂取するにあたっては用法用量など注意をしなければいけないポイントがあります。列記とした処方薬なので、サプリメントなどのように好き勝手に服用してはいけないということですね。

本記事ではレビトラを服用するにあたって事前に知っておくべき注意点についてまとめていきます。

レビトラを服用するにあたって注意するべきポイント

基本的にED治療薬は、身体に対してそこまで強い影響を与える医薬品ではありません。なので、きちんと適切な服用をこころがけることによって安全に勃起不全の症状をケアすることが出来ます。これはバイアグラにしてもシアリスにしても同様のことが言えます。

しかし、これらのED治療薬は「セックス」という個人の極めてプライベートな部分に直結するものなので、どうしても他の医薬品のよりも軽く扱われがちです。

好き勝手に服用すると思わぬトラブルが身体に起こってしまう可能性もあります。なので、「ED治療薬だし…」と軽く扱うことなく、以下にまとめる注意点をしっかりと書くにし服用していきましょう。

服用してはいけない人

いくつかの条件に当てはまる人はレビトラを服用することが禁止されています。また、そのような人はED治療クリニックでもレビトラを処方してもらうことが出来ません。これらを無視してレビトラを服用してしまうと身体に重篤な症状が発症してしまいます。

  • 併用禁忌薬を服用している
  • バルデナフィルにアレルギーがある
  • 心疾患系障害によってセックスを禁じられている
  • 不安定狭心症である。重度の肝障害である
  • 脳梗塞・脳出血・心筋梗塞の既往が直近にある

などなどこれらに当てはまる方はレビトラの服用を避けるようにしましょう。

詳しくは、「レビトラが処方できないケース」という記事にてまとめています。

効果:媚薬や精力剤との違い

レビトラに媚薬や精力剤の効果はありません。レビトラを服用したからといって、性的快感の度合いが高まったり、ペニスが勃起しっぱなしになるみたいなことはありません。あくまでも勃起不全という症状の改善に作用する医薬品ということです。

レビトラを飲んだからといって無闇矢鱈に性欲旺盛になるわけではありません。パートナーとエッチな雰囲気になり、脳が性的刺激を受容してはじめて勃起をすることができます。なので、レビトラにED治療薬以上の過大な期待をするのはやめましょう。

詳しくは、「レビトラがもたらす効果・効能」という記事でまとめています。

服用のタイミング

レビトラを服用するベストなタイミングは、セックスをする1時間前です。レビトラの有効成分であるバルデナフィルは、服用後45分から1時間後に血中濃度がピークとなります。このピークのときが一番レビトラの勃起促進効果が発揮されるタイミングです。

なので、このバルデナフィルの血中濃度がピークになっているタイミングでセックスに挑むことができるように逆算して摂取することが必要になります。他のED治療薬と比べて即効性があるレビトラですが、それでも摂取タイミングには気を使いましょう。

詳しくは、「レビトラの適切な飲み方」という記事にてまとめています。

一度に服用できる用量

レビトラには一度に服用できる用量の上限が定められています。それは、20mgです。いくら期待していた効果が得られなかったからといって、一度に20mg以上を服用することは避けましょう。余計な副作用のリスクを抱え込むことになり危険です。

また、レビトラの服用は1日に1回となっています。一度服用したら24時間の服用間隔を空けるということですね。時間が経って効果が弱まってきたからといって飲み足すことは出来ないので気をつけましょう。

詳しくは、「レビトラの適切な飲み方」という記事にてまとめています。

食後の服用について

レビトラはバイアグラと比べると食事の影響を受けづらいED治療薬であると言われます。製造元であるバイエル社の発表によると、700kcal程度の食事の後に使用しても効果を発揮することができようです。しかし、より勃起促進の効果を強くしたいと思うならば、やはり空腹時の服用が一番となります。

どうしても食後の服用になってしまうという場合は、お腹いっぱい食べることを避け、脂質の少ないさっぱりとした食事を意識するようにしましょう。揚げ物などはレビトラの有効成分の体内への吸収を妨害してしまうので注意が必要です。

詳しくは、「レビトラの適切な飲み方」という記事にてまとめています。

飲酒後の服用について

他のED治療薬と同じくアルコール摂取後のレビトラの服用は特に禁止されていません。飲酒後でもレビトラは効果を発揮することができるということです。むしろ、適量のアルコールは身体をリラックスさせる効果があるために、勃起不全の解消にはプラスの影響を与える可能性もあるとのことです。

ただ、飲み過ぎには注意です。いわゆる泥酔状態や酩酊状態になってしまうと、感覚が鈍り神経伝達が上手くいかなくなってしまいます。このような状況になるまでの飲酒は避け、ほろ酔いレベルで抑えるようにしましょう。

詳しくは、「レビトラの適切な飲み方」という記事にてまとめています。

効果の継続時間について

バイアグラはその勃起促進効果の継続時間が短いことが欠点でした。いつ効果が切れてしまうのかとヒヤヒヤしながらのセックスとなってしまいます。レビトラはこの点が改良されており、効果の継続時間も最大で10時間となっています。

ただ注意するべき点としては、有効成分の血中濃度の半減期は5時間程度ということです。つまり、5時間程度で勃起促進効果は半減してしまうということですね。なので、服用後5時間ぐらいまでにセックスを終わらせれるように意識しましょう。

詳しくは、「レビトラの効果時間とは?」という記事にてまとめています。

副作用について

効果時間が長いことと並んでバイアグラの欠点として指摘されていたのが、副作用のリスクです。この点についてもレビトラではきっちりと改善されています。臨床試験の結果などを確認すると、レビトラにおける副作用の発症率は、バイアグラの60%程度にまでおさえられています。

とはいえ、副作用のリスクがゼロというわけではありません。なので、事前に

  • どのような副作用が起こりうるのか
  • 副作用の症状が発症したらどう対処すれば良いのか。

ということについて確認しておきましょう。

詳しくは、「レビトラの副作用」という記事にてまとめています。

まとめ:レビトラ服用にあたってのチェックポイント

以上、本記事においては8つの項目に絞ってレビトラの服用に際して注意するべきポイントについてまとめてきました。レビトラを服用するときに気をつけるべきことをおさらいすると以下のようになります。

  • レビトラを服用できない条件にあてはまっていないか
  • レビトラの効果をきちんと正しく認識しているか
  • セックスの1時間前という摂取タイミングを意識しているか
  • 一度に服用できる用量を把握しているか
  • 食事とレビトラの関係について正しい知識があるか
  • 飲み過ぎの状態でレビトラを服用していないか
  • 勃起促進効果の継続時間について正しく理解しているか
  • 副作用に対する知見があるか

レビトラは医薬品であり身体に一定の影響をもたらすものです。なので、面倒でもこれらの注意するべきポイントを事前にチェックしておくようにしましょう。

>>レビトラのお得な通販はこちら<<

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを投稿する

レビトラ服用の注意点
平均:  
 0 reviews

-ED(勃起不全)治療薬, レビトラ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用 , 2020 All Rights Reserved.