バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用

タツナビではバイアグラ病院ではED(勃起不全)の改善や対策に効果のあるバイアグラ、シアリス、レビトラの効果効能や飲み方、他のED治療薬の細かい情報などなどを読みやすく判り易くまとめてある専門サイトになります。

ED(勃起不全)治療薬 レビトラ

レビトラの適切な飲み方

更新日:

本記事では、ED治療薬であるレビトラの適切な飲み方についてまとめていきます。レビトラの摂取にあたっては、以下の項目をチェックする必要があります。

  • セックスの1時間前に摂取する
  • 10mgから使い始め、効果がない時に20mgに手を出す
  • 1錠飲んだら24時間の服用間隔を空ける
  • 出来る限り胃の中が空っぽの状態で摂取する
  • 飲みすぎない程度ならばアルコールの摂取はOK
  • 出来る限りお水で飲む。

これらをきちんと守ってレビトラを摂取するようにしましょう。そうすることよって、余計な副作用のリスクなどを避けることができ、かつレビトラの効果・効能を最大限引き出すことにもつながります。

>>レビトラのお得な通販はこちら<<

レビトラの適切な飲み方を知る

レビトラはバイアグラに続き日本で2番目に承認されたED治療薬です。厚生労働省によって認可された医薬品だといういうことですね。

医薬品である以上は、レビトラには定められた適切な飲み方があります。その適切な飲み方を無視してしまうと、レビトラから適切な勃起促進効果を得られないばかりかひどい副作用に悩まされる可能性もあります。

医薬品であるということは、身体に強い影響を与えるということです。栄養補助食品、健康食品、サプリメントなどとはレビトラは違うということです。

男性の下半身の「性」の悩みに関わることであるがために、どうしてもレビトラを精力剤か媚薬のようなものと勘違いしている方が多くいます。レビトラは適切な飲み方が定められているれっきとした医薬品です。その適切な飲み方を知り、より効果的にEDを治療できるようにしましょう。

服用タイミング

他のED治療薬と同じように、レビトラには服用するべきベストなタイミングがあります。それはセックスをする1時間程度前です。

レビトラは、服用後45分から1時間程度の時に有効成分バルデナフィルの血中濃度がピークを迎えます。言うまでもなく、このピーク時に勃起促進効果は最も発揮されます。そのタイミングでセックスをするのがベストということですね。

バイアグラは、服用後に有効成分シルデナフィルの血中濃度がピークを迎えるまでに90分ほどかかります。また、シアリスは、服用後に有効成分タダラフィルの血中濃度のピークまでには3時間ほどもかかってしまいます。

これらの他のED治療薬と比べるとリビトラは最も血中濃度がピークを迎えるのが早くなっています。現時点において最も即効性のあるED治療薬となっています。

服用量

レビトラは、有効成分バルデナフィルの含有量が10mgと20mgのものがあります。当然、10mgよりも20mgのほうが勃起促進効果は強くなります。

ただ、その結果として、10mgよりも20mgのほうが副作用が強く発症するリスクがあります。なので、何の予備知識もなくレビトラ20mgをいきなり服用するのは避けましょう。

20mgは体格の大きな欧米人でも十分に効果を体感できるように用意されたものです。そのため、比較的体格が小柄な日本人の場合は、10mgでも問題なく勃起することが出来る場合が多いです。

なので、いきなり20mgから服用するのは副作用のリスクもありおすすめできません。

  • まずは10mgを試してみる
  • その後、効果が不十分だった場合、20mgに切り替える。

面倒でも、このような手順をきちんと踏むことが大切になります。

服用間隔

レビトラの効果の継続時間は以下のようになります。

  • 10mg:5~6時間程度
  • 20mg:8~10時間程度

このぐらいの効果の持続時間があれば、1回のセックスならばほぼほぼカバーすることが出来るでしょう。

しかし、ゆっくりと恋人と時間をとってセックスをする場合など、レビトラの効果持続時間を超えてセックスをすることもあるかもしれません。そのような場合に、レビトラを飲み足すことは出来るのでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、効果の持続時間が切れてすぐにレビトラを飲み足すことは禁止されています。レビトラは24時間以上の服用間隔が定められています。つまり、1日に最大で20mgを1錠しか飲むことが出来ないということですね。

なので、レビトラの効果の持続時間をこえてセックスが長引いてしまったとしても、レビトラを飲み足すことはしてはいけません。余計な副作用のリスクなどを招いてしまいます。

恋人とゆったりと休日を過ごしたり、旅先でのんびりする場合など、レビトラの効果継続時間を超えてじっくりとセックスをすることがあるかもしれません。そのような場合は、レビトラではなくシアリスを使うことをおすすめします。

シアリスならば最長で36時間の勃起促進効果の継続が見込めます。用途の応じてED治療薬を使い分けることが大事ということですね。

レビトラと食事

バイアグラは食事の影響を強く受けるED治療薬であり、食後の使用は厳禁とされていました。

胃の中に食べ物があると、バイアグラの有効成分の体内への吸収効率が極端に下がってしまいます。なので、基本的には、バイアグラは空腹時、胃の中が空っぽの時に摂取することが推奨されています。

レビトラは、このバイアグラに比べると食事の影響を受けにくいED治療薬であるとされています。ある程度、胃の中に食べ物が残っている状態でも、レビトラは効果を発揮することが出来るということですね。

しかし、ここで注意しなくていはいけないのは、バイアグラと比べて食事の影響を受けづらいというだけで、より効果を求めるならば胃の中は空っぽであるのに越したことはないということです。

レビトラの取り扱い説明書には、「標準的な食事の影響を受けない」と記載されています。この「標準的な食事」とは具体的には、「エネルギー700kcal程度で、かつそのうちの脂肪の割合が30%以下」となります。

簡単に言うと、牛丼の並盛り1杯ぐらいです。がっつり食事をしたらすぐに超えてしまうぐらいの量です。気合を入れたデートなどでフランス料理のコースなんか食べたら一発アウトですね。

なので、「レビトラは食事の影響を受けにくい」ということを信頼しすぎるのはやめましょう。基本的には、バイアグラと同様、レビトラもお腹が空っぽの時に摂取をするのがベストとなります。

「レビトラの摂取タイミングであるセックスの1時間前にどうしても食事をしなくてはならない」

そんな時には次のようにレビトラの摂取タイミングをずらしましょう。

食事の30分前に飲む

お腹が空っぽの状態であれば、摂取後30分ほどでレビトラの有効成分バルデナフィルは体内に吸収されます。一度吸収されてしまえば、その後に食事をしたとしてもレビトラの効果に影響はありません。

レビトラの効果の持続時間は5~10時間と長めなので、この時間の範囲内にセックスを終わらせることが出来るならば、前もって摂取しておく分には問題はないということですね。

食後2時間が経過してから飲む

また、食事をした後に2時間程度時間を空ければ、胃の中の食べ物はあらかた消化されます。なので、食後であっても、2時間以上の時間を置くことができれば、レビトラを摂取しても問題ないと言えるでしょう。

ただ、焼肉や揚げ物などの脂質が多い食事をした場合は要注意です。それら脂質が膜となって胃を覆ってしまいます。この脂質の膜は4~5時間ほど持続すると言われています。

なので、食後にレビトラを飲む場合の食事は、できるだけ脂質が少ないさっぱりとしたものを選ぶようにしましょう。

レビトラとお酒

食事後のレビトラの摂取はおすすめできません。では、飲酒後はどうなのでしょうか。

結論を端的に述べると、適度な量であればお酒を飲んだ後であってもレビトラは使用することができます。適度がどのぐらいの量かは、その人のアルコールへの耐性によって変わってくるので、一概には言えません。

EDの原因が心因性の場合、つまり緊張のしすぎで勃起出来なくなってしまう場合は、適度のアルコールはED治療にプラスに働くことがあります。ちょっとのお酒は身体にリラックス効果をもたらすためです。

しかし、飲み過ぎと言えるレベルまでアルコールを摂取してしまうと、逆にレビトラの効果が半減してしまうので注意が必要です。

また、アルコールに耐性がない人、お酒を飲むとすぐに酔っ払ってしまう人は、お酒とレビトラとの服用は避けましょう。レビトラ同様、アルコールには血管を拡張させる効果があります。

お酒に耐性のない人は、このアルコールによる血管拡張の作用を受けやすい人です。レビトラとアルコールとの血管拡張作用がダブルで作用することで、場合によっては貧血で倒れてしまう可能性もあります。

レビトラはお水で飲む

レビトラを飲むときは、出来るだけお水で飲むようにしましょう。レビトラに限ったことではありませんが、あらゆる医薬品はお水で飲むことが前提になっています。

そのため、お水以外のもので飲むことによって、吸収効率が変わったり、効果が薄くなったりする可能性も無きにしもあらずです。レビトラに関しては、特に、以下の飲み物と一緒に飲むのは避けなくてはいけません。

牛乳などの脂質が高いものはNG

「レビトラと食事」のパートで説明しましたが、脂質の多いものを摂取してしまうとレビトラの有効成分バルデナフィルの体内への吸収効率が悪くなってしまいます。これは飲み物に関しても同じです。

牛乳などの脂質の多い飲み物とレビトラを一緒に飲むことで、レビトラの体内への吸収が妨害されてしまう可能性があります。なので、これら脂質の高い飲み物とレビトラは一緒に摂取しないようにしましょう。

グレープフルーツジュースはNG

グレープフルーツにはフラノクマリン酸という成分が含まれています。このフラノクマリン酸と一緒に摂取されることによって、レビトラの身体への吸収効率は高くなります。

「吸収効率が高くなる」というと良いことに聞こえますが、これは「副作用のリスクを増大させる」ということの裏返しなので注意を要するものです。そのため、グレープフルーツはレビトラと一緒に食べてはいけないとされています。

これはグレープフルーツジュースにおいても同じことが言えます。グレープフルーツジュースでレビトラを飲んでしまうと、レビトラの副作用のリスクを上げてしまうことにつながります。

なので、レビトラを使用する場合は、意識してグレープフルーツジュースは避けるように心がけましょう。ひどい頭痛などの副作用でセックスどころではなくなってしまいます。

まとめ:レビトラの正しい飲み方

レビトラは医薬品であり、摂取にあたっては注意しなくてはいけないことがあります。具体的には、以下の項目をチェックするようにしましょう。

  • セックスの1時間前に摂取する
  • 10mgから使い始め、効果がない時に20mgに手を出す
  • 1錠飲んだら24時間の服用間隔を空ける
  • 出来る限り胃の中が空っぽの状態で摂取する
  • 飲みすぎない程度ならばアルコールの摂取はOK
  • 出来る限りお水で飲む。

これらの項目をきちんと意識してレビトラを摂取しましょう。そうすることでレビトラの勃起促進効果を安心・安全に、かつ効果・効率的に享受できるようになります。

>>レビトラのお得な通販はこちら<<

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを投稿する

レビトラの適切な飲み方
平均:  
 0 reviews

-ED(勃起不全)治療薬, レビトラ
-, , , , , ,

Copyright© バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用 , 2020 All Rights Reserved.