バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用

タツナビではバイアグラ病院ではED(勃起不全)の改善や対策に効果のあるバイアグラ、シアリス、レビトラの効果効能や飲み方、他のED治療薬の細かい情報などなどを読みやすく判り易くまとめてある専門サイトになります。

ED(勃起不全)治療薬 レビトラ

心筋梗塞・狭心症の既往がある場合、レビトラは使えるか?

更新日:

本記事では、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患とレビトラ服用の関係性についてまとめていきます。

過去に狭心症や心筋梗塞を患っていた方でも基本的にはレビトラを使ってセックスをすることが出来ます。しかし、以下のような特定のケースに当てはまる場合には、レビトラの使用は認められていません。

  • 心筋梗塞の発症が過去6ヵ月以内の場合
  • レビトラの併用禁忌薬にあたる医薬品を使用・所持している場合
  • 医師から運動制限を言い渡されており、セックスが出来ない場合

狭心症や心筋梗塞の既往がある方は、レビトラを使用する前にこれらのケースに自分が当てはまっているかどうかをチェックしましょう。そして、少しでも疑問や不安が生じた場合には、主治医にその旨を相談するようにしましょう。

>>レビトラのお得な通販はこちら<<

心筋梗塞・狭心症とEDとの関連性

心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患は、ED(勃起不全)と関連のある病気です。

虚血性心疾患とEDとの関係については、「心筋梗塞・狭心症の既往がある場合、シアリスは使えるか?」という記事にて詳しくまとめています。要約すると、部位こそ違えどともに血管の詰まりが原因である疾患ということです。

  • ED(勃起不全):陰茎動脈の硬化が原因
  • 心筋梗塞・狭心症:感情動脈の硬化が原因

このようにED(勃起不全)と心筋梗塞・狭心症との間には強い関連性があります。なので、過去に心筋梗塞や狭心症を患っていた場合は、ED治療薬であるレビトラの使用に際して注意を払う必要があります。

今現在、心筋梗塞や狭心症の治療中である方はもちろんですが、過去にこれらの疾患の治療をしていた既往のある方も気をつけなくてはいけません。ぜひ以下のまとめをチェックして下さいね。

心筋梗塞・狭心症でレビトラが使えないケース

基本的にレビトラなどのED治療薬を使用することによって、心筋梗塞や狭心症などの心臓の病気が引き起こされることはありません。

「ED治療薬は心臓に負担がかかる」

このような漠然としたイメージが一般に浸透しているかと思いますが、これは根拠がないものです。これは世界初のED治療薬であるバイアグラがもともと狭心症の治療薬として開発されていたという逸話からも分かることですね。

ED治療薬は心臓に悪影響を与えるものではありません。しかし、過去に心筋梗塞や狭心症の既往がある場合において、以下にまとめるような一部のケースに当てはまるときはレビトラの使用が認められません。

レビトラそれ自体は厚生労働省によって認可されている安全な医薬品です。ですが、以下のような特殊なケースにあてはまる方がレビトラを使用すると、最悪の場合、死に至る可能性もあります。

なので、過去に狭心症や心筋梗塞を患っていた方は、ぜひレビトラの使用前に確認しておきましょう。

直近での心筋梗塞の既往がある

第一に、心筋梗塞の発症が最近6ヵ月以内であった場合、レビトラの使用は認められません。直近で心筋梗塞を経験した人は、レビトラ以前にセックスをすること自体に問題がともないます。

セックスは血圧や心拍数、心筋酸素消費量などを増加させる行為です。このような状態は、心筋梗塞から復帰したばかりで弱っている身体には好ましくありません。したがって、セックスにつながるレビトラの使用も禁止されているというわけです。

また、直近に心筋梗塞を発症していた場合、レビトラを服用したことによる血圧降下の作用によって、心血管系の障害が新たに発症してしまう可能性があります。

これらの理由のために6ヵ月以内に心筋梗塞の既往がある方のレビトラの使用は禁止されています。6ヵ月間というのがひとつの目安になっているので、既往がある方はいつ発症したのかを注意しておくようにしましょう。

併用禁忌薬を使用している

第二に、レビトラの併用禁忌薬を使用しているケースです。当然ですが、併用禁忌薬に指定されている医薬品を使っている場合はレビトラの使用は認められません。詳しくは「レビトラの他に服用中の薬がある場合はどうする?」という記事でまとめています。

狭心症や心筋梗塞の治療使用される硝酸剤は、レビトラの併用禁忌薬の代表的なものです。もしこれらの併用禁忌薬を使用している場合は、レビトラは絶対に使ってはいけません。

また、注意しなければいけないのは、併用禁忌薬を今現在使用していなくても所持はしてしまっている場合です。ニトログリセリンなどの硝酸剤は、狭心症や心筋梗塞の治療後も、頓服薬として処方されることがあります。

過去に併用禁忌薬にあたる医薬品を使っていたり、頓服薬として現在も所持している。このような場合は個人で判断してしまうのではなく、主治医に相談をしましょう。

医師により運動が制限されている

第三に、狭心症や心筋梗塞など心臓に関わる病気を患っていると、主治医から運動行為を制限されることがあります。上記のように、セックスも血圧や心拍数、心筋酸素消費量などに影響を与える運動行為です。

そのため、制限される運動行為の程度のよっては、セックスも断念しなければならないケースがあります。そのような場合には、セックスに直結する医薬品であるレビトラは使用することが出来ません。

セックスを安全に行うには、5~6METsという運動負荷量に耐えられなければなりません。この運動負荷量は、手荷物を持って3階まで階段を登る行為と同程度です。

もし医師によってこのレベルの運動を制限されているようでしたら、セックスおよびレビトラなどのED治療薬の摂取は断念しましょう。セックスの運動負荷量は体位などでも変わってきます。なので、気になる方は必ず主治医に確認をとるようにして下さい。

不安・疑問に関しては主治医に確認を

以上、心筋梗塞や狭心症などの心臓の病気とレビトラの服用についてまとめてきました。過去に心筋梗塞や狭心症を患っていても、上記のような一部のケースを除いて、基本的にはレビトラを服用してセックスを楽しむことが出来ます。

過去に狭心症や心筋梗塞の既往がある方は、まず自分の状況を鑑みてレビトラを使用してセックスを出来るかどうかをチェックするようにしましょう。

実際のところ、「このとある条件を満たせば過去に心筋梗塞や狭心症の既往があってもレビトラを使って思う存分セックスを楽しめる」みたいな簡潔明瞭な基準があるわけではありません。

個人個人の身体の状況によって、レビトラなどED治療薬の使用の可否は変わってきます。なので、この記事をみて少しでも不安や疑問がある方は、迷うことなく自分の主治医にその旨を問い合わせるようにしましょう。

まとめ:狭心症・心筋梗塞とレビトラ

過去に狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患を患っていても、特定のケースを除いて、レビトラを使用しセックスを楽しむことができます。狭心症や心筋梗塞の既往が有る方で、レビトラが使用できないケースには以下の3つの場合があります。

  • 心筋梗塞の発症が過去6ヵ月以内の場合
  • レビトラの併用禁忌薬にあたる医薬品を使用・所持している場合
  • 医師から運動制限を言い渡されており、セックスが出来ない場合

狭心症や心筋梗塞の治療を過去に行っていた場合は、自分がこれらのケースに当てはまるかどうかをチェックしてからレビトラを使うようにしましょう。少しでも不安や疑問がある場合には、自分の主治医にその旨を相談するのが何より安心です。

>>レビトラのお得な通販はこちら<<

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを投稿する

狭心症・心筋梗塞とレビトラ
平均:  
 0 reviews

-ED(勃起不全)治療薬, レビトラ
-, , , , , ,

Copyright© バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用 , 2020 All Rights Reserved.