バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用

タツナビではバイアグラ病院ではED(勃起不全)の改善や対策に効果のあるバイアグラ、シアリス、レビトラの効果効能や飲み方、他のED治療薬の細かい情報などなどを読みやすく判り易くまとめてある専門サイトになります。

ED(勃起不全)治療薬 ジェネリック医薬品(ED治療) 賢い通販方法

偽物を扱う悪徳通販業者の見分け方

更新日:

薬を通販で購入するメリットは沢山ありますが、メリットが多い分、業者選びは最重要になります。通販で薬を購入する人が増えたのと同時に悪徳な業者も増えてきています。本記事では悪徳業者の見分け方、正しい業者の選び方を解説していきます。

悪徳業者に騙されないために事前に情報収集を

ネット通販でED治療薬のジェネリックを購入するとかなりの額のお金を節約することができます。しかし、ネット通販には偽物のED治療薬を扱う悪徳業者がいるのも事実です。

このような悪徳通販業者にひっかからないためには、全うなビジネスをする信頼できる業者を見つけることが大事になります。そのためにも、ED治療薬やそのジェネリック、そしてそれらを扱う通販業者に対する知識を事前に身につけておくようにしましょう。

>>お薬の安全な通販はこちら<<

ED治療薬のネックはその価格

バイアグラに代表されるようなED治療薬は適切に使用することで、中年とよばれる世代の男性の人生に彩りをもたらしてくれるものです。勃起不全や中折れを克服し満足のいくセックスができるということは、男としての自信にもつながりますね。

40代でも50代でもあなたに男としての尊厳を取り戻させてくれるもの。それがED治療薬です。

しかし、そんなED治療薬にもネックとなるものがあります。それは、入手に際してかかるコストです。バイアグラなどのED治療薬はその全てが保険適用外となります。そのため、1錠あたりの負担額が他の医薬品よりも高額になってしまいます。

「出来ることならより使用の頻度を増やしてセックスを楽しみたい」

そのように心では思っていても、薬代というコストゆえに遠慮してしまっている男性は多くいます。

コストをグッと下げられる通販

このED治療薬をゲットするにあたっての高額なコストは、ちょっとした裏ワザ的な手法を実践することによってグッと下げることができます。格安でED治療薬を手にすることができる方法があるということですね。

それは、ネット通販で海外からED治療薬のジェネリックを個人輸入するということです。日本国内で販売されている正規のED治療薬ではなく、海外で現地の方向けに製造・販売されているものを独自に取り寄せるというものです。

賢く通販するには業者を見極める目が必須

海外から医薬品を個人輸入する。このように書くとハードルが高いことのように思えるかもしれません。実際、医薬品の個人輸入は自己責任なので思いがけないトラブルに巻き込まれることもあります。

格安で効果のあるED治療薬を手にするためには、これら海外からの個人輸入におけるハードルを乗り越えていく必要があります。そのためには、粗悪な商品を勧めてくる悪徳通販業者を排し、誠実に対応してくれる信頼できる業者を見極めなくてはいけません。

そのような信頼のおける業者を見つけられるかどうかがED治療薬の海外からの個人輸入のキモとなるわけです。

世間にはびこる悪徳業者と偽物ED治療薬

海外からの医薬品の個人輸入に関しては、日本国内におけるネットショッピングのように法がきちんと整備されているわけではありません。そのために、詐欺師のような業者や質の悪い商品もやたらとのさばっているのもまた事実です。

なんの知識も備えもなくそういう業者に接してしまうと、お金を無駄にするだけでなく、健康を害する結果になる可能性もあります。

ネットに出回るED治療薬の60%が偽物?

2009年に日本国内においてED治療薬の製造・販売を行っている4社が協力しあって、とある調査が行われるました。参加している企業は、バイアグラのファイザー社、レビトラのバイエル薬品、そしてシアリスの日本イーライリリーと日本新薬です。ED治療薬オールスターですね。

その調査というものは、60にも及ぶサイトで実際にバイアグラ、レビトラ、シアリスを購入し、それが本物であるかどうかを鑑定するというものです。含有成分に関する化学分析なども行う厳密な調査です。

その結果は、調査したED治療薬の55.4%が偽物であったというものです。半分以上が正規の医薬品ではないということですね。ちょっとびっくりするぐらい高い割合だと思います。それだけED治療薬の周りには悪徳通販業者と粗悪なコピー薬が群がっているということです。

偽物を掴まされると死に至る?

偽物のED治療薬は多くの危険をはらんでいます。単にバイアグラのような勃起不全の改善効果を体感できなくなるというだけではありません。その粗悪な品質によって身体に害をもたらしてしまうものです。

粗悪品のED治療薬は発展途上国の劣悪な環境の工場で製造されていることがほとんどです。そして、少しでもコストをうかせるために何らかの添加物が含有されていたりします。

これらのED治療薬を模した質の悪いコピー品を使用してしまったがために、後遺症に苦しんだり、死亡してしまったりといった事例も過去にはあります。

個人輸入は自己責任なので泣き寝入り?

仮に日本国内で製造・販売されている医薬品において上記のような偽物が流通していたとなったら、それは大問題となるでしょう。その被害をしかるべき所に訴えることで損害賠償請求などもできるはずです。

しかし、海外からの個人輸入に関しては、その全てが自己責任となります。そのため、偽物を掴まされてしまっても、質の悪い製品で身体に後遺症がでてしまっても、個人で対応するしかありません。

海外のメーカーや通販業者とやりとりをするというのは並大抵の難易度ではありません。なので、個人輸入で偽物を掴まされてしまっても泣き寝入りするしかないというのが現状のようです。

偽物を売る悪徳業者を見分けるチェックポイント

ここまで述べてきたように、ED治療薬などの医薬品を自己責任のもとに個人輸入するのには相応のリスクがあります。

もしこのリスクを背負い込む気にはならないと思うのであれば、おとなしく最寄りのED治療専門医のいるクリニックを受診しましょう。そこで処方されるED治療薬ならば日本国内で認可された正規品なので、まず安心して使用することができます。

リスクが最も低いのはクリニックでの処方だが…

ですが、そうは分かっていても…

「ちょっとでも安くお得にED治療薬をゲットしたい」
「もっとコスパよくセックスを謳歌したい」

そのように思う方もいるでしょう。1錠あたり1500円もするED治療薬はやはりなかなか手出しできないものです。

業者の見極め方を知ることでリスクは低くなる

なんとかして医薬品の個人輸入におけるリスクを低くしたい。そのように思うならば、粗悪品を売りつけてくる悪徳通販業者の見分け方を勉強しましょう。

いくつかの基準にあてはめてその通販業者を分析することで、その業者が悪徳通販業者かどうかの目安を知ることができます。代表的なものを以下にまとめますので、ぜひッチェックしてみて下さいね。

悪徳通販業者の見分け方①:保証制度がない

まっとうな通販業者には正規品保証や荷物の宅配保証といった質を担保するための保証制度が用意されています。優良な通販業者にとっては、ちゃんとした商品をきちんと配達するだけなので、これらの保証はリスクなく行うことが出来ます。

一方で、偽物を送りつけてくるような業者はこのような保証をしてしまうとクレームだらけになってしまいます。そのため、悪徳通販業者のサイトにはこれらの保証はない場合が多くなっています。

悪徳通販業者の見分け方②:成分鑑定書を公開していない

自社のサイトで扱っている医薬品の質に自信がある場合、多くの業者は第三者機関による成分鑑定を実施し、その結果をサイトで公開しています。バイアグラならばシルデナフィルがきちんと記載通りに含有されているかなどを保証するということですね。

これは、当たり前のことですが、偽物を扱っている悪徳通販業者には真似できないため成分鑑定書などは公開されていません。

悪徳通販業者の見分け方③:電話対応の窓口がない

言うまでもなく、悪徳通販業者が電話対応の窓口を設置したら、そこはクレームの嵐となってしまいます。そのため、悪徳通販業者は、その多くが電話対応を行っていません。

申し訳程度にメールで対応するのみです。閲覧している通販サイトに電話対応の窓口がない場合には、ちょっとそのサイトを疑ってみましょう。顧客対応に力を注いでいない業者である可能性が高くなります。

>>お薬の安全な通販はこちら<<

悪徳通販業者の見分け方④:クレジットカードが使える

あまり知られていないことですが、原則として、医薬品を取り扱っている通販業者はVISAやMasterなどのカード会社と契約することが出来ません。

なので、支払い方法はコンビニ決済や銀行振込などになる場合が多いです。まっとうな医薬品の通販をしている業者ほどクレカ決済が出来ないということです。

逆に、医薬品のクレジット決済が可能であるサイトは要注意です。正規の医薬品を販売していないということを名言しているようなものだと考えておきましょう。

信頼できる業者を見つけ格安価格でED治療薬を

上記のような基準を用いることによって、自分が今閲覧しているサイトは信頼するにたるものなのかどうかということに関してある程度の判断がつくはずです。

粗悪なED治療薬を掴まされないためには、何よりも通販業者の選定が重要です。なので、信頼できると判断できる業者が見つかるまで妥協せずにリサーチを続けてみて下さいね。

少額から取引を始めてみる

とは言うものの、どれだけサイトとにらめっこをしても、そのサイトを運営している業者が悪徳であるかどうかを100%見抜くことは出来ません。

特にED治療薬などといった世間的に需要の高いものに関しては、次から次へと新しい通販業者が参入しているのが現状です。どれだけ事前調査をしてもハズレくじを引く可能性はあるということですね。

なので、ある通販サイトを初めて利用する時には少額の取引から始めるようにしましょう。ED治療薬だったら、含有量の少ないものを一箱だけ注文してみて、きちんとした商品が届くかどうかをチェックする感じです。

そして、その取引の結果、信頼するにたるとその通販業者をみなすことができたら、ある程度のまとまった量を注文する。このようなお試しの一回のプロセスを挟むことで、万が一、詐欺業者に出会ってしまった場合でも被害を最小限に食い止めることが出来ます。

ED治療薬をクリニックで処方してもらう場合

きちんとしたまっとうな通販業者からED治療薬のジェネリックを購入するとどれだけ費用をうかせることが出来るのでしょうか。以下に簡単にシミュレーションをしてみようと思います。

まずは、クリニックでバイアグラやレビトラ、シアリスなどの正規のED治療薬を処方してもらう場合です。週に1回の頻度で使用すると仮定します。

クリニックで処方される場合は、1錠あたりの価格相場は1,500円程度です。なので、1ヵ月で6,000円、1年間で72,000円ほどの出費となります。

通販でジェネリックED治療薬を個人輸入する場合

一方で、通販業者を利用し海外からED治療薬を個人輸入する場合です。ジェネリック医薬品ならば1錠あたりの価格は300円程度です。

なので、1ヵ月で1,200円、1年間で14,400円となります。クリニックで正規品を処方してもらう場合と比較すると、1年間で58,000円弱も出費を抑えることができるということです。

この58,000円という金額をどうとらえるかは個人の価値観によります。ある程度、懐事情に余裕がある方にとっては誤差とよべるぐらいの価格差かもしれません。

しかし、筆者のような一般庶民からしたら、とてもではないですが無視できる金額ではありません。勇気を振り絞って個人輸入にトライしてみる価値はある金額だと思います。

筆者おすすめの通販業者は?

繰り返しになりますが、前述した医薬品の通販サイトの見極めのガイドラインにそって業者を選定していけば、そこまでひどく悪質な業者にぶつかるということはないでしょう。

しかし…

「とは言うものの自分で調べるのには不安がある」
「わざわざ時間をかけて調べるのは億劫だ」

このように思われる方もいるでしょう。そんな方のために、参考までに、筆者が現在進行系で利用しているサイトを紹介しておきます。

それは海外薬店です。実際にED治療薬の販売ページなどを書くにしてもらえれば分かるのですが、きちんと前述の基準をクリアしています。

多くの通販サイトは「売ったら終わり」という精神で運営している業者がほとんどです。その中にあって、海外薬店さんは顧客のことを大事にしているなぁと感じることができます。

海外からの個人輸入に初心者の方にもおすすめできるサイトです。ぜひチェックしてみて下さいね。

>>お薬のお得な通販はこちら<<

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを投稿する

ジェネリックED治療薬の個人輸入
平均:  
 0 reviews

-ED(勃起不全)治療薬, ジェネリック医薬品(ED治療), 賢い通販方法
-, , , , , , ,

Copyright© バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用 , 2020 All Rights Reserved.