バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用

タツナビではバイアグラ病院ではED(勃起不全)の改善や対策に効果のあるバイアグラ、シアリス、レビトラの効果効能や飲み方、他のED治療薬の細かい情報などなどを読みやすく判り易くまとめてある専門サイトになります。

ED(勃起不全)治療薬 ジェネリック医薬品(ED治療) 賢い通販方法

薬販売での日本と海外の法律の違いと日本の異常な厳しさ

更新日:

日本の薬事情は海外と違いとても厳しく細かいルールが沢山あります。日本人の薬の使い方にも問題があるためしょうがないのかもしれませんが、本記事では海外と日本との薬に対する法律の違いを説明してあります。何故市販されていない薬が多いのかも納得できると思います。

効果抜群なのに価格は安い!そんなED治療薬を手に入れるには?

ED治療薬を使用することで若々しい頃のように性生活を充実させることが出来ます。中高年とよばれる年齢になってもセックスを楽しむことが出来るというのは喜ばしいことですよね。

このED治療薬ですが、ネックとなるのは価格が高額だということです。日本国内で正規品を入手しようとすると1錠あたり1500円ほどになってしまいます。この価格はおいそれと出せるものではありません。

どうすれば少しでも安く質の良いED治療薬を入手することができるのでしょうか。

>>お薬のお得な通販はこちら<<

良いED治療薬に出会うことで人生は輝きを増す

個人的な意見にはなってしまいますが、日本人男性はもっと積極的にED治療薬を使用するべきだと思います。海外と比較すると、日本人男性は年齢を理由に性欲に対して消極的になっているようです。

しかし、一度しかない人生、それではもったいないと思います。どうせ男に生まれたのならば、いつまでも「現役」でいたいというのが正直なところではないでしょうか。

良いED治療薬を人生のパートナーとすることによって、あなたの人生はより光輝くものになることでしょう。

クリニックでの処方薬を使うのは情弱?

しかし、残念ながら、日本国内においてはED治療薬は手軽に購入できるというレベルまでは普及していません。国によって認可された正規品を入手しようとすると、クリニックで処方してもらうしかありません。

この場合、ED治療薬は保険適用外となりますので、全額が自己負担となります。1錠あたり1500円は安くはありません。

実は、このED治療薬、裏ワザ的な入手方法をすることによって、大幅に安く入手することが出来ます。どうせならば、少しでも安く入手しコストを下げるのが利口な選択です。

多くの人が海外通販を利用している

クリニックで処方してもらうよりも低コストでED治療薬を入手する方法は、海外からの個人輸入です。海外からの医薬品の個人輸入は法律でも認められた全うな方法です。

海外では日本よりもED治療薬が普及しています。そのため、日本国内で買うよりも安くなっていたり、日本国内では未発売のED治療薬を手にできたりします。

もちろん海外通販にはちょっとしたコツがあるのも事実ですが、適切に利用することによってED治療薬にかかるコストを大幅に削減することができます。

日本はED治療薬後進国?価格が高く種類も少ない国内事情

欧米諸国などに比べると日本国内においてはED治療薬はまだまだ普及しているとは言えません。日本国内では入手できるED治療薬の種類も少なく、しかも高額です。

お金に余裕があるならば、この日本国内で認可されたED治療薬を使用すれば問題はないのですが、そこまで懐に余裕がある方ばかりではないと思います。

なぜ日本国内においてED治療薬は高額になってしまうのでしょうか。また、今後、より手軽に入手できるようになる可能性はあるのでしょうか。

バイアグラって高いですよね…

日本国内においてバイアグラに代表されるED治療薬を入手するためには、専門医のいるクリニックを訪れる必要があります。医師の診断を受け、ED治療薬の処方箋を書いてもらう必要があるということです。

この時、ED治療薬は保険適用外の医薬品となります。そのため、入手にあたっては全額が自己負担となります。そのため、1錠あたり1500円と他の医薬品と比べるとやたらと高額を薬局の窓口で支払わなければなりません。

1回のセックスにプラス1500円かかってしまうと考えると安くはないですよね。

なぜ保険適用外のままなのか?

バイアグラなどのED治療薬が登場して結構な時間がたつのに、なぜED治療薬は保険適用外のままなのでしょうか。それには2つの理由があるとされています。

1つ目は、ED(勃起不全)が健康を害する病気として認められていないためです。EDでも日常生活には問題はないということですね。

2つ目は、医学的に必要とされていない人でもED治療薬を入手する人が多いからです。みんなで負担している保険を無駄にするなということですね。

これらの理由のためにED治療薬は保険適用外のままなのです。

今後、状況が変わる見通しはあるのか?

では、今後、ED治療薬が保険適用となり、より手軽に安く入手できるようになる可能性はあるのでしょうか。私が調べてみた限りでは、残念ながら、まだ具体的にED治療薬が保険適用となるような動きはないようです。

しかし、日本臨床泌尿器科医会に属する医師の7割が「ED治療薬は保険適用とするべき」という意見も持っているという調査もあります。なので、将来的にED治療薬が保険適用となる可能性もゼロではないかと思います。

日本と海外の法規制の違い!規制ガチガチな日本と自由な海外

なぜ日本ではここまでED治療薬が入手しづらい状況となっているのでしょうか。それは、日本人の精神性を反映した薬事法によるものとされています。

副作用を過剰に恐れるあまり、日本では新しい医薬品などが認められにくい状況にあります。一方、アメリカに代表される欧米諸国では、新薬や新しい医療の可能性に柔軟に対応する傾向があるようです。

このような差があるために、日本国内においてはED治療薬は手軽には入手できない状況になっているのかなと思います。

効果を気にする海外、副作用を気にする日本

日本とアメリカに代表される海外では医薬品やサプリメントのリスクに対する考え方が違うと言われています。

日本では、とにかく副作用が起こるリスクが問題視されます。そのため、厳しい規制があったり、摂取量が低く設定されてりしているようです。

一方、海外ではその医薬品の効果が体感できないリスクを重要視します。そのため、日本よりも柔軟に医薬品が認可されたり、一度あたりの摂取量が多く設定されていたりするようです。

このような医学に対する考え方の差によって、ED治療薬など新薬の入手難易度に違いが生まれているようです。

インドは例外?独自の国内法とジェネリック医薬品

医薬品の製造に関して世界をリードしている国はインドです。インドでは独自の国内法があり、国際特許が失効していない医薬品でもジェネリック医薬品をインド国内向けに製造・販売できるような環境があります。

このような特殊な事情のため、ED治療薬においても他の国では特許との関係で製造できないジェネリックED治療薬が製造・販売されていたりします。

そのため、インドでは、ジェネリック医薬品の普及によって、手軽な価格でED治療薬を入手することができます。

実はレベルが高いインドのジェネリック医薬品

インド製の医薬品というとネガティブなイメージを思い浮かべる方もいるかもしれません。

・劣悪な環境の工場で製造されている
・不純物が混ざっている
・ひどい副作用がある

などなどこのようなことを思い浮かべる方もいるのではないでしょうか。

しかし、実際はインド製のジェネリック医薬品というと、高品質と安価を同時に満たしている医薬品として世界的に知られるブランドとなっています。

例えば、世界的なNGO団体である「国境なき医師団」も使用する医薬品はインド製のジェネリックだったりするようです。

規制緩和は待ってられない!海外から個人輸入で通販しよう

もしかすると、いつの日か日本の国内法もインドのように柔軟になりED治療薬を手軽に入手できる日がくるかもしれません。しかし、それはいつになるかは誰にも分からないことです。

そんなことよりも今夜のセックスを何とかしなければいけないというのが私たちですよね。なので、いつになるか分からない規制緩和を待っているわけにはいきません。

少しでも手軽にED治療薬を入手しようと思うならば、海外からの個人輸入を検討してみるべきでしょう。

海外通販でどれだけお得になるか

実際に海外通販を利用しED治療薬を個人輸入するとどれだけお得になるかを簡単にシミュレーションしてみましょう。

日本国内の正規のED治療薬は1錠あたり1500円です。これを週一で使用するとすると、1ヵ月で6000円、1年間で72000円となります。

インドのジェネリック医薬品はおなじ効果のED治療薬で1錠あたり400円です。同じく週一で利用すると、1ヵ月で1600円、1年間で19200円となります。

年間で52800円も節約できるという計算ですね。個人的にはこの差は見逃せないと思うのですがいかがでしょうか。

リスクと対処法①:何があっても自己責任

ただ、海外通販にはリスクがあるのも事実です。リスクのひとつ目は、その医薬品の使用に際しては自己責任となるということです。

ED治療薬には副作用や併用禁忌薬など、使用にあたって知っておくべきことがあります。これらの知識なしに使用すると大きなトラブルにつながる可能性もあります。

このリスクを軽減するためには、まずはクリニックに行き、専門医にED治療薬について教えてもらうようにしましょう。最初は正規のED治療薬を処方してもらうということですね。

その時に、副作用や飲み合わせなどを学んでおきます。そして、その知識をもとに2回目からは海外通販に挑戦すればよいのです。

一度専門医を受診しておくことで副作用や飲み合わせなどのリスクを回避できる可能性はグンと上がります。

リスクと対処法②:通販業者とのトラブル

海外通販のリスクの2つ目は、通販業者とのトラブルに巻き込まれる可能性があります。海外通販で医薬品を取り扱っているサイトはAmazonや楽天のようにしっかりした大手のショッピングサイトばかりではありません。

われわれからお金をかすめ取ろうとする詐欺業者や悪徳通販業者がいるものまた事実です。このような業者と取引をしてしまうと偽物を掴まされたり、お金を巻き上げられたりといったトラブルにみまわれてしまいます。

この通販業者とのトラブルのリスクを軽減する方法としては、信頼できる業者を見つけるということに尽きます。

このサイトの別コンテンツでは海外通販での信頼できる業者の見分け方について詳しく述べているので、ぜひ参考にして下さいね。

一度、信頼できる業者を見つけることが出来れば、その後は安心して海外通販をすることが出来るようになります。

個人的おすすめな海外通販業者をシェアします!

「自分で業者を選定するのが億劫だ」
「ネット通販に慣れておらず業者選びに不安が残る」

このような方のために、参考までに、私が実際に利用し信頼をおいている海外通販業者を紹介しておきます。それは、「海外薬店」さんです。

そこまで知名度のある大手の業者ではありません。しかし、安心して取引ができる優良な通販業者だと思っています。

安さや品揃えが全てではない

正直なところ、海外薬店さんよりも商品の価格が安く設定してあったり、品揃えが豊富であったりするサイトは存在します。しかし、往々にして、それらのサイトは顧客サポートがおざなりだったり、対応がお粗末だったりします。

上記のように海外通販には一定のリスクもあるので、ちょっとの安さなどに気を取られることはなく、サポートや対応のしっかりとしている業者を選んだほうがよいのでは、と個人的には思っています。

初心者にもおすすめできる海外薬店

その意味において、海外薬店さんは海外通販初心者の方にもおすすめできる業者です。

・電話サポートの窓口をきちんと開設している
・配達保証や正規品保証を行っている
・成分鑑定書をサイトで公開している

などなど海外からの個人輸入に慣れていない方にも優しい通販サイトとなっています。どの海外通販業者にするか決めきれていないという方は、ぜひ選択肢のひとつとして海外薬店さんを考慮してみて下さいね。

まずは少額から取引をはじめる

海外通販を成功させるコツは、初めての利用の際は少額の注文から始めることです。

ED治療薬ならば、販売している最小単位1箱など、万が一、トラブルがあっても負担が小さいぐらいの取引から始めましょう。

まとまった量の注文をするのは、安全性を確認した2回目以降の利用からがおすすめです。こうすることで、海外通販におけるリスクをごく小さいものにすることができます。

最初の海外通販には不安がつきものです。ぜひこのやり方を真似て、リスクを排除した安心な取引をして下さいね。

>>お薬のお得な通販はこちら<<

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを投稿する

ジェネリックED治療薬の海外通販
平均:  
 0 reviews

-ED(勃起不全)治療薬, ジェネリック医薬品(ED治療), 賢い通販方法
-, , , , , , , ,

Copyright© バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用 , 2019 All Rights Reserved.