バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用

タツナビではバイアグラ病院ではED(勃起不全)の改善や対策に効果のあるバイアグラ、シアリス、レビトラの効果効能や飲み方、他のED治療薬の細かい情報などなどを読みやすく判り易くまとめてある専門サイトになります。

早漏

早漏は早期改善が重要!放置で症状が悪化

更新日:

本サイトでは、早漏を放置することによる症状の重症化についてまとめていきます。ED(勃起不全)と同数程度の患者数がいるにも関わらず、早漏の治療というのはまだ一般には十分に認知されていません。多くの男性が、自分が早漏であることに気づきながらも放置しているのが現状です。

早漏は放置していると悪化する可能性のあるものです。どんどん早漏症の症状が深刻になっていき、さらにその悪影響は周囲の人間関係にまで波及していく可能性があります。このような状況を避けるためにも、早漏にはプリリジーなどの治療薬を用いてきちんと対処することが大事です。

>>早漏治療薬ランキング<<

早漏は放置していいものではない

本サイトでは「早漏は放置せずにすぐに治療しよう」と繰り返し主張しています。早漏はED(勃起不全)などと同じように適切な治療をすることによって症状が改善するものです。「早漏は早漏治療薬で簡単に予防改善できる」という記事でまとめたように、プリリジーなどの医薬品を使っての早漏治療が手軽でおすすめです。

このような治療方法が確立されているにも関わらず、早漏治療はいまだ一般に広く浸透したとは言い難い状況にあります。これは、早漏についてネットで検索すると一目瞭然です。早漏について体系だって治療法を紹介してるサイトは少なく、素人が書いた読みにくいブログが多くあることが分かります。

EDと同じくきちんと早漏を治療し克服しよう

一方、同じ下半身の悩みであってもED(勃起不全)の場合は状況がだいぶ違ってきます。EDに関してはバイアグラなどの治療薬を使って対処するということが広く認知されていますよね。最近では街中でもED治療薬を処方するメンズクリニックが増えており、バイアグラを服用することは決して恥ずかしいことではなくなりました。

EDに悩む人は日本人の成人男性の3人に1人と言われています。早漏も成人男性の30%ぐらいが悩んでいる症状とされています。このように患者数にはそこまで違いがないにも関わらず、EDに比べると治療方法の認知が遅れているのが早漏です。早漏もEDのようにきちんと対処することが必要となります。

放置すると状況は悪化する

なぜ早漏は治療をしなければいけないのでしょうか。ED(勃起不全)や膣内射精障害と違って、きちんと射精することが出来る早漏は、一見すると別に放置をしていても問題がないように思えます。海外で開発された早漏治療薬であるプリリジーが日本で認可されないのもこのような理由からでしょう。

厚生労働省は、早漏症を放置したところで生活に支障をきたすものではないと考えているはずです。しかし、それにも関わらず、本サイトでは一貫して早漏治療の重要性を説いています。なぜならば、早漏症は放置をすることで症状が悪化していく可能性があるからです。

失敗体験による心因性早漏の悪化

早漏の原因として日本人男性の中で最も多いものとしては精神的な理由があげられます。いわゆる心因性の早漏とよばれるものですね。日常のストレスやセックスへのプレッシャーが重なることによって早漏の症状があらわれるものです。

この心因性の早漏ですが、何もしないまま放置をすると悪化の一途をたどる可能性があります。

「心理的プレッシャーで早漏になる」⇒「セックスに対して苦手意識が生まれる」⇒「次のセックスで前にも増してストレスを感じる」⇒「早漏の症状が悪化していく」

このようなメカニズムが働くということですね。心因性早漏のネガティブなスパイラルに陥ってしまい、なかなか抜け出せなくなってしまいます。

成功体験を作ることが治療の第一

このような重症化していく厄介な心因性早漏から抜け出すためには、成功体験を積み上げて自信を獲得していくことが重要です。

「満足のいくセックスをすることが出来た」

このような感情の蓄積によって心理的なプレッシャーは少しずつ和らいでいきます。

手っ取り早く成功体験をするのにおすすめなのが、プリリジーなどに代表される早漏治療薬です。セックスの1時間前に1錠を飲むだけで、射精までの時間を3~4倍にすることができるものです。早漏治療薬を利用しつつ、「満足がいくセックスができた」という体験を増やしていくことが心因性早漏の治療では大切になります。

誤ったやり方の自慰行為による早漏の悪化

早漏を引き起こしている原因のひとつに日々の自慰行為(オナニー)のやり方が悪いということがあります。

健全な男性ならばだれでもオナニーをすることがあるかと思います。そのやり方は、個人個人で特徴がありそれぞれに癖があるかと思います。このオナニーのやり方に問題があり、早漏症を引き起こす原因となっている場合があります。代表的なものとしては以下のようなものですね。

  • 短時間でオナニーを終わらせる早抜き
  • 包皮の上からペニスを摩擦する皮オナニー

これらの間違った方法でオナニーを続けていると、早漏の症状が悪化していくリスクが増大します。心当たりがある場合は、オナニーの仕方を見直すようにしましょう。

早漏を防ぐ正しいオナニーの仕方とは

では、早漏を改善への導くようなオナニーの仕方にはどのようなものがあるのでしょうか。簡単に言ってしまえば、前述の早漏を引き起こすオナニーの反対のことをやれば良いということです。

  • 時間をかけて行うオナニー
  • 包皮をむいて亀頭を刺激するオナニー

まずは射精までの時間ですが、出来れば15分ぐらい時間をかけてオナニーをするようにしましょう。統計調査によると女性が男性に望む理想の時間は15分程度のことです。なので、このぐらいの時間は耐えられるようにオナニーでも準備しておくことが大切です。

次に、オナニーの方法ですが、仮性包茎の男性はきちんと包皮をむいて亀頭を刺激することによって射精を行うようにしましょう。包皮の上からの刺激ばかりだと、亀頭が敏感なままです。そのため、いざセックスで刺激を受けやすくなってしまいます。亀頭を刺激に慣らすことが普段のオナニーから必要となります。

オナニーで早漏を治すスタート・ストップ法

またオナニーのやり方を変えることにより、早漏防止のトレーニングをすることもできます。いわゆるスタート&ストップ法というものです。やり方は簡単です。

「オナニーをする」⇒「射精感が高まったら我慢」

これを3回繰り返した後に射精をするというものです。

これを繰り返すことで、射精タイミングをコントロールすることが出来るようになります。また、慣れてきたらお風呂でペニスを水で濡らした状態やローションを使用した状態でオナニーをしましょう。より膣内に近い状態で実践するほうが効果的とされています。

早漏を原因とする周囲の人間関係の悪化

早漏を放置することで悪化するのは、なにも自分の早漏の程度だけではありません。早漏という負い目があることによって、その人の周辺の人間関係までもが悪化していくことになります。あくまで間接的な影響ではありますが、早漏による弊害として見逃せない部分となります。

早漏であることは、男性の自尊心を大きく傷つけることです。早漏であるということに思い悩みすぎると、男としての自信を喪失してしまいます。自信があるかないかは社会生活を上手く営めるかどうかに強く影響しますよね。このような観点からも早漏治療の重要性が分かるかと思います。

早漏がパートナーに与える悪影響

また、早漏症を放置したまま交際を続けていると、そのパートナーとの関係性は次第に悪化していく可能性があります。早漏症の男性は、女性から見ると、自分ばかりが気持ちよくなっている身勝手な人とみなされることもあるようです。

日本人女性はあまり表立って男性にセックスのダメだしをすることはないと思います。しかし、内心では不満を少しずつため込んでいます。この積もり積もった不満が爆発すると、女性はあなたのもとから去ってしまうこともあるでしょう。このような悲劇を避けるためにも早漏にはきちんと向き合う必要があります。

手遅れになる前に早漏治療薬で治療を

 

ここまで述べてきたように、早漏は放置をすることによって、早漏症それ自体の悪化や周囲の人間関係の悪化を招くことになります。なので、自分が早漏症であるという自覚症状があるならば、すぐにでも適切な治療をはじめるべきです。

おすすめの早漏の治療方法としては、やはり早漏治療薬となります。ED治療やAGA治療を行っているメンズクリニックでは、早漏治療薬のプリリジーを処方してくれる所もあります。1錠2,000円以上となかなかに高価ですが、試してみる価値のあるものです。

早漏治療薬は海外通販がおすすめ

この早漏治療薬の価格の高さをなんとかしたいときには、海外通販サイトでプリリジーの海外製ジェネリック医薬品を購入することをおすすめします。プリリジーのジェネリック医薬品として代表的なものに、インド製のポゼットがあります。

このポゼットならば、価格は1錠あたり150円程度と非常にお得になります。ポゼットの有効成分はプリリジーと同じダポキセチンです。なので、プリリジーを服用するのと同様の早漏防止効果を期待することができます。詳しくは、「早漏は早漏治療薬で簡単に予防改善できる」という記事で詳しくまとめています。

まとめ:早漏は今すぐ治療薬で克服しよう

早漏症はED(勃起不全)などと比べるとまだまだ世間に認知されていない症状です。そのため、早漏症という自覚があっても適切な治療を施さない男性は多くいます。しかし、早漏は放置をすると症状が悪化する可能性のあるものです。なので、早漏は、放置をせずに出来るだけ早く治療をする必要があります。

  • 心的ストレスが増加することによる早漏の悪化
  • 間違ったオナニーを続けることによる早漏の悪化
  • 早漏を原因とする周囲の人間関係の悪化

これらのように早漏を放置することは、さまざまな弊害をもたらすものです。早漏が重症化し心身や社会生活に悪い影響を与える前に、きちんと治療することが大事です。おすすめの早漏治療法としては、早漏治療薬の服用があります。医薬品は海外通販で安く買えるので、ぜひチェックしてみて下さいね。

>>早漏治療薬ランキング<<

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを投稿する

早漏の悪化
平均:  
 0 reviews

-早漏
-, , , , , , , , ,

Copyright© バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用 , 2020 All Rights Reserved.