バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用

タツナビではバイアグラ病院ではED(勃起不全)の改善や対策に効果のあるバイアグラ、シアリス、レビトラの効果効能や飲み方、他のED治療薬の細かい情報などなどを読みやすく判り易くまとめてある専門サイトになります。

早漏

早漏は早漏治療薬で簡単に予防改善できる

更新日:

本記事では、おすすめの早漏治療薬についてまとめていきます。早漏の治療方法としては、以下のようなものがあります。

  • 早漏防止トレーニング
  • 早漏治療薬の服用
  • 包茎手術などの美容外科手術

この中で手軽かつ効果的でおすすめのなのが早漏治療薬の服用です。早漏治療薬としては以下のようなものがあります。

  • プリリジー
  • ポゼット
  • 「ED治療成分+早漏防止成分」な医薬品
  • リドスプレー
  • 早漏防止コンドーム

プリリジーは国内のクリニックでも処方してもらうことができます。1錠あたりの金額は2,000円以上となかなかに高額です。少しでも安く早漏治療薬を手にするためには、ポゼットなどのジェネリック医薬品を海外通販サイトで購入するのがおすすめです。

>>早漏治療薬ランキング<<

早漏は放置してはいけない

日本人には早漏症の男性が多くいるとされています。ネット上で公開されている調査結果によると、実に30%以上の男性が早漏による悩みを抱えているとされます。しかし、この早漏症を患っている人の多さにも関わらず、早漏をきちんと治療しようとする人は少なく思えます。

本サイトで繰り返し述べていることですが、早漏という身体の症状は放っておいてよいものではありません。たしかに、早漏は放置したところで、他の病気と違って、生活に支障をきたすようなことはありません。このために、国も早漏の治療に関しては保険を適用していません。しかし、だからといって早漏をそのままにしておいて良いものではありません。

早漏はQOLの低下につながる

「早漏のまま生活を送ること」

これはあなたの生活の質を下げることに直結することです。第一に、早漏はあなたの自尊心を傷つけるものです。早漏ということが心の傷となって、自分に自信が持てないでいる人は多くいます。当然ながら、自信が持てないままでは人生を謳歌することは出来ません。

第二に、早漏はあなたとパートナーとの関係にヒビを入れるものです。早漏であるということは、パートナーをセックスで満足されることが出来ていないということを意味します。このようなパートナーの不満が積み重なることによって、パートナーはあなたのもとから離れていってしまう可能性があります。

おすすめの早漏治療法は?

このように、自覚症状のある場合は早漏は出来るだけ早急に対処するべきものです。では、早漏症の治療はどのように行っていけば良いのでしょうか。代表的な早漏の治療法には以下のようなものがあります。

  • スクィーズ法など早漏防止トレーニング
  • 早漏治療薬での投薬治療
  • 包茎手術などの美容外科手術

早漏防止トレーニングは自分一人で、もしくはパートナーの協力でできるものです。早漏治療薬はAGA(男性型脱毛症)やED(勃起不全)の治療を行っているメンズクリニックで処方を受けることができます。包茎手術は男性向け美容外科ですね。

早漏治療薬が手軽かつ効果的

早漏の治療方法としては、大まかに分けてこれら3つがあります。この中で個人的に一番おすすめなのは、早漏治療薬による投薬です。錠剤を飲むだけという手軽さでありながら、服用後のセックスですぐに早漏防止効果を体感することができます。

早漏防止トレーニングは身体への負担こそ少ないですが、即効性はありません。また、場合によってはパートナーに心的負担をかける可能性があります。一方、包茎手術などの美容外科手術はペニスにメスを入れることになるので身体への負担が大きくなります。また、手術費用もバカになりません。

おすすめの早漏治療薬は?

このような他の早漏治療方法のデメリットを考えると、まず取り組むべきものとしては早漏治療薬の服用の一択になるかと思います。バイアグラなどのED治療薬と違い、まだ国内で正式認可された早漏治療薬はありません。

なので、早漏治療薬を入手するためには、クリニックで全額自己負担で購入するか、海外通販から個人輸入をするかになります。専門医に相談できるという点において、メンズクリニックなどで早漏治療薬を処方してもらったほうが安心できるのは事実です。

しかし、早漏治療薬はクリニックで購入すると、1錠あたり2,000円を超えてしまいます。バイアグラなどよりも高額な医薬品になるということです。なので、安価に済ませたい場合には海外通販で購入しましょう。以下、メンズクリニックや海外通販で購入できるおすすめの早漏治療薬を紹介します。

プリリジー

もっともポピュラーな早漏治療薬がプリリジーです。プリリジーの有効成分はダポキセチンです。プリリジーは、本来であれば、うつ病や気分障害の改善に使われるSSRIとよばれる医薬品です。このプリリジーはセックスの1時間前に前もって飲む医薬品です。

プリリジーを服用後のセックスでは、射精までの時間を3~4倍まで延ばすことができます。また、早漏症の男性がプリリジーを服用することにより、パートナーのセックスにおける満足度が2倍になったという報告もあります。1錠あたり2,000円以上という高価な医薬品ですが、それだけの価値があるものです。

ポゼット

ポゼットはプリリジーのジェネリック医薬品です。高品質と低価格を両立していることで人気のあるインド製の医薬品になります。ED治療薬などにおいても、インド製のジェネリックは多くの男性に支持されています。それの早漏治療薬バージョンがポゼットになります。

ポゼットの魅力はなんといっても、その価格にあります。1錠あたり150円程度から購入をすることが出来ます。プリリジーの1錠あたりの価格から考えると、異常な安さになりますね。価格の高さゆえにプリリジーの購入をためらっている方におすすめなのが、このインド製プリリジージェネリックのポゼットになります。

「ED治療成分+早漏防止成分」な医薬品

海外通販サイトには、ジェネリック医薬品としてED治療に効果ある成分と早漏治療に効果のある成分とが一緒に配合されている医薬品があります。以下のような商品ですね。

  • スーパーPフォース:シルデナフィル(バイアグラ)+ダポキセチン(プリリジー)
  • スーパーレビスマ:バルデナフィル(レビトラ)+ダポキセチン(プリリジー)
  • タダボックス:タダラフィル(シアリス)+ダポキセチン(プリリジー)

正規品のED治療薬と早漏治療薬をそれぞれ別にセックス前に服用すると、かなりの金額になってしまいます。バイアグラとプリリジーなら合計で3,500円程度ですね。これが上記のジェネリック医薬品なら、1錠360円程度でEDと早漏の治療効果があり非常にお得になります。

リドスプレー

リドスプレーはペニスにスプレーを噴霧するタイプの早漏治療薬になります。有効成分は局所麻酔薬にも使われるリドカインです。この成分をペニスに塗布することで、麻酔効果によってペニスは鈍感になります。その結果として、射精までの時間が延びるということですね。

リドスプレーは噴霧後30分ほどで効果があらわれます。効果があらわれたら、必ずシャワーなどでペニスに付着したリドスプレーの成分を洗い落としましょう。リドスプレーの成分が付着したままのペニスを膣内に挿入してしまうと、膣内の感度までも鈍らせてしまう可能性があります。

早漏防止コンドーム

早漏防止コンドームには2種類あります。ゴムが厚くなっているものとゴムの内側にリドカインなどの有効成分が塗り込まれているものですね。早漏治療薬のカテゴリにあてはまるものとしては後者ですね。このタイプのコンドームを使用するとリドスプレーを使用したのと同じ効果を得ることができます。

リドカインを配合したコンドームは日本国内では販売されていません。そのため、購入するためには海外通販サイトを利用します。この早漏防止コンドームは、リドカインと違い、セックス前にペニスを洗うという手間が必要ありません。そのため海外通販サイトでも人気商品となっています。

注意するべき医薬品

以下に紹介する医薬品は、ごくまれに早漏治療薬として処方されることがある医薬品です。しかし、以下のいずれの医薬品にしてもプリリジーのような劇的な早漏治療効果はありません。また、使い方を間違うと重い副作用が発症するリスクもあります。

なので、仮にメンズクリニックで処方されたとしても、服用に関しては十分に注意を払うことが必要になります。早漏治療効果を期待するならば、以下のような医薬品よりも、海外通販サイトで購入できる上記の商品をおすすめします。

パキシル

パキシルはプリリジーが一般的になる以前に早漏治療薬として処方されていた医薬品です。プリリジーと同じSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)に分類されます。うつ病やパニック障害、社会性不安障害の治療に使われる医薬品です。

パキシルを服用することで挿入から射精までの時間が延びることは事実です。しかし、その延長効果は30~90秒程度です。プリリジーと比べると早漏防止効果が弱いと言わざるをえません。あえてプリリジーを避けてパキシルを服用する理由がないというのが正直なところです。

ユリーフ

ユリーフは前立腺肥大による排尿障害の治療薬です。過去に発表されたいくつかの医学研究にて、ユリーフの早漏症への治療効果が報告されています。この研究を根拠にいくつかのクリニックでは早漏症の治療薬としてユリーフが処方されているようです。

しかし、ユリーフを服用すると高い確率で逆行性射精という副作用の症状が発症します。逆行性射精とは膀胱内に射精してしまう症状で、通常射精時の精液量の減少につながるものです。このような高い副作用のリスクがあるため、早漏治療効果を求めてのユリーフの服用はおすすめできません。

トラマール

トラマールは癌などの治療困難な疾患に対して使われる鎮痛剤です。トラマールの早漏治療効果を指摘している医学研究としては、2012年に中国で報告されたものが1件あるのみです。その論文では、パキシルと同程度の早漏治療効果が報告されています。

パキシルと同程度の弱い早漏治療効果にもかかわらず、トラマールは強い副作用がある医薬品です。また、依存性もあり、過度の使用によって中毒症状が引き起こされることもあります。このようなリスクをはらんでいる医薬品であるために、早漏治療効果を期待してのトラマールの服用はおすすめできるものではありません。

まとめ:早漏治療には医薬品がおすすめ

早漏はきちんと向き合って治療するべき症状です。きちんと早漏に対処することによって、自分のQOLが上がるのはもちろん、パートナーの女性との関係性を向上させることも出来ます。早漏の治療方法としては、医薬品による投薬治療がおすすめです。早漏治療薬としては以下のようなものがあります。

  • プリリジー
  • ポゼット
  • 「ED治療成分+早漏防止成分」な医薬品
  • リドスプレー
  • 早漏防止コンドーム

プリリジーは国内のメンズクリニックでも処方してもらうことが出来ます。価格は1錠あたり2,000円以上と高額になっています。少しでも早漏治療薬に対する費用を抑えたいならば、海外通販サイトでポゼットなどのジェネリック医薬品を購入するようにしましょう。1錠あたり150円程度と非常に安価です。

>>早漏治療薬ランキング<<

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを投稿する

早漏治療薬
平均:  
 0 reviews

-早漏
-, , , , , , ,

Copyright© バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用 , 2020 All Rights Reserved.