バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用

タツナビではバイアグラ病院ではED(勃起不全)の改善や対策に効果のあるバイアグラ、シアリス、レビトラの効果効能や飲み方、他のED治療薬の細かい情報などなどを読みやすく判り易くまとめてある専門サイトになります。

早漏

病院・クリニックでの早漏治療にかかる費用とリスク

更新日:

本記事では、病院・クリニックで行う早漏治療についてまとめていきます。勃起不全(ED)や男性型脱毛症(AGA)の治療をするメンズクリニックや包茎手術を扱う美容外科では早漏治療を受けることができます。これらの早漏治療は基本的に保険適用外であり全額が自己負担となります。

メンズクリニックでの早漏治療はプリリジーなどの医薬品の投薬による治療が主です。一方、美容外科では包茎手術や亀頭強化手術での治療となります。自由診療であるためにこれらの早漏治療には結構な費用がかかります。プリリジーは1錠2000円程度、包茎手術は100万円を超えることもあります。

これらの早漏治療にかかる費用を抑える手段としては、海外通販サイトを利用するというものがあります。海外通販サイトでは早漏治療薬のプリリジーの海外製ジェネリック医薬品が販売されています。これを利用することで、1錠あたり200円という価格でプリリジーと同じ効果をもつ医薬品を購入することができます。

>>早漏治療薬ランキング<<

早漏治療に不安があるなら病院・クリニックへ

 

「早漏とは?どんな状態になると早漏といえる?」という記事でもまとめているように、本来の意味での早漏というのはパートナーとの関係性によって決まってくるものです。

単純に射精に至るまでの時間が早いかどうかよりも、パートナーがそのセックスに満足感を感じているかどうかが重要になるということですね。そのため、自分が早漏であるかどうかを客観的に把握することは難しいのが現状です。

また、勃起不全(ED)の治療におけるバイアグラなどのED治療薬のように治療方法が世間に浸透しているということもありません。ネットなどでまとめられている情報に関しても信頼できるものが少なくなっています。

そのため、本気で早漏に悩んでいる人は、納得のいく解決策を見出すことが出来ずに困っているようです。そのような方の早漏に関する不安の解消におすすめなのが早漏治療を行っている病院・クリニックを訪れることになります。

どんな病院・クリニックで早漏治療が出来るのか?

では、早漏治療にあたってはどのような病院・クリニックを訪れればいいのでしょうか。この答えは、いわゆるメンズクリニックになります。勃起不全(ED)や男性型脱毛症(AGA)のような男性特有の悩みを専門に扱っている病院・クリニックということですね。全国展開しているクリニックがあるので、それらの最寄りの医院を訪れるのが良いでしょう。

また男性向けの包茎手術などを主とした美容外科でも早漏治療を標榜している病院・クリニックがあります。そこでも外科的な施術によって早漏の治療を受けることが出来ます。「包茎だと早漏になるのか!?早漏と包茎の関係性」という記事でも指摘したように、包茎と早漏には一定の関連性があります。この部分にフォーカスした治療が受けられるということですね。

ただ一点注意したいのは、包茎手術などを専門に行う病院・クリニックはあまりおすすめ出来ないということです。このような医院に行くと、包茎手術や亀頭強化などのペニスの手術での早漏の治療が提案されます。

ペニスにメスを入れるということからも分かるように、この手法にはリスクがあり、あまりおすすめ出来るものではありません。きちんとした男性の悩みに対処してくれるクリニックを選ぶようにしましょう。

早漏治療に健康保険は適用されない

早漏治療は、基本的には、健康保険が適用されません。早漏治療での診察料や薬代などが全額自己負担になるということです。これは勃起不全(ED)や男性型脱毛症(AGA)でも同じですね。これらの男性に特有の悩みは、放置していても命の危険につながるようなものではありません。あくまで自分の生活の質を高める類のものと国によって認識されているということです。

美容整形などと同じ扱いをされているということです。そのため、病院・クリニックでの出費は医療保険が適用される他の病気の治療の場合よりも高額になります。本気で早漏に悩んでいる方にはつらい現状ですが、今の所これを回避することは出来ません。医薬品による治療ならば1錠あたり2,000円程度、手術による治療ならば100万円を超えることも覚悟しなければなりません。

病院・クリニックでの早漏治療の内容は?

病院・クリニックにおける早漏治療の方法としてはどのようなものがあるのでしょうか。代表的なものとしては次の2つがあります。

  • 早漏治療薬による投薬治療
  • 包茎手術や亀頭強化手術などペニスにメスを入れる治療

一部のクリニックのHPには早漏防止トレーニングの紹介がされていることもありますが、それらが診察にて指導されることはあまりありません。

勃起不全(ED)や男性型脱毛症(AGA)をメインに扱っているメンズクリニックでは投薬治療が、包茎手術をメインに扱っている美容外科クリニックでは外科手術が選択されることになります。同じ早漏治療といっても、この2つの治療方法には大きな違いがあります。それぞれの長所・短所を見極めることが大事になります。

早漏治療薬による治療

病院・クリニックにおける早漏治療でもっともポピュラーなものが早漏治療薬とよばれる医薬品を服用することによる治療です。勃起不全(ED)におけるバイアグラのようなものですね。

セックス前に錠剤を1錠服用するだけで早漏を事前に防止することができます。この手軽さ、そして身体への負担の少なさがメリットとなります。錠剤を飲んだその次のセックスから早漏が解消できるというのは嬉しいですよね。

この医薬品の服用による治療の欠点としては、あくまで対症療法的な解決策であるという点です。つまり、早漏治療薬は早漏の根本的な原因を直接的に解決できる治療法ではないという点ですね。なので、セックスをするたびに1錠を飲む必要があります。後述するように、早漏治療薬は全額自己負担で結構な出費が必要となります。この医薬品代としてのコストはひとつのデメリットであるといえるでしょう。

包茎手術や亀頭強化手術

美容外科などでも早漏治療は行われています。この場合は、外科手術による治療になります。ペニスに外科的な施術をするということですね。具体的には以下のようなものがあります。

  • 包茎手術
  • 亀頭強化手術

包茎手術はペニスの包皮を切り落とすものです。カントン包茎や真性包茎などの重度の包茎の場合は保険適用となることもあります。しかし、ほとんど場合、クリニック側がすすめてくるのは自由診療での手術です。その場合は、クリニックのHPに書いてある価格よりも大幅に高く100万円を超すこともあります。

亀頭強化手術は、亀頭部分にヒアルロン酸などを注入する施術です。その結果、亀頭への刺激を鈍らせることができ、早漏を防止することが出来るというものです。効果はヒアルロン酸が身体に吸収されるまでの約1年間ほど続きます。亀頭強化手術も包茎手術と同様に自由診療で高額になります。

美容外科手術のリスク

これら美容外科クリニックで行われる早漏治療手術ですが、個人的にはおすすめしていません。理由としては、金銭的な負担と身体的な負担が大きすぎるためです。実際、これらのペニスへの外科手術に関しては価格と術後不良に関して国民生活センターにクレームが入っているようです。

価格に関しては、HPに記載される価格の安くすませることの出来る手術よりもより高額な手術を受けることを執拗に勧めてくるというものです。HPには6万円で手術できると書いておきながら、100万円以上もする手術をすすめてくるというものです。6万円の手術では手術跡が残ってしまうなどと言ってくるようです。

術後不良に関しては、以下のようなものが報告されています。

  • 痛み
  • 腫れ
  • 出血・裂け
  • 性機能障害
  • 効果がみられない
  • 感覚の違和感

包茎手術においてのこれらの術後不良によるクレームは、2011年から2016年までの5年間で100件弱報告されています。自分のペニスに万が一のことがあったらと思うと不安に思ってしまいますよね。

病院・クリニックで処方される早漏治療薬

このように美容外科で行われる施術には少なくないリスクがあります。そのため、本サイトでは早漏の治療方法としては美容外科での施術は積極的におすすめをしておりません。なので、推奨する病院・クリニックでの早漏治療としては、早漏治療薬とよばれる医薬品の服用になります。美容外科での施術に比べると、手軽さや安さは段違いです。

早漏治療薬とよばれる医薬品には以下のようなものがあります。

  • プリリジー
  • パキシル
  • リドスプレー

プリリジーは一番ポピュラーな早漏治療薬です。セックスをする1~3時間前に服用することで、射精時間を通常の3~4倍まで延長させることが出来ます。1錠あたり30mgで2,000円程度、60mgで3,000円程度します。

パキシルやリドスプレーはプリリジーに比べると早漏治療効果は弱めとなっています。パキシルはセックスの4~5時間ほど前に服用し、射精時間を30秒から90秒延長させます。また、リドスプレーは、ペニスに直接噴霧するタイプのものです。ペニスの感覚をマヒさせるものですね。

パキシルにしてもリドスプレーにしても、プリリジーを試して効果が十分でなかった時に使用するというのが普通のようですね。基本的にはプリリジーを使用しておいたほうが良いでしょう。

早漏治療効果のない医薬品に注意

プリリジー・パキシル・リドスプレー以外にも早漏防止の効果があるとされる医薬品があります。以下のようなものですね。

  • ユリーフ
  • トラマール

これらの医薬品は過去のいくつかのデータにて早漏防止効果があったことが伝えられています。しかし、その症例数は少なく、早漏症への適応はありません。

ユリーフは前立腺肥大の治療薬であり、逆行性射精などの副作用のリスクが高くあるものです。トラマールは、一部の病院・クリニックでは早漏防止薬として処方されています。しかし、その科学的根拠となるものは、中国の7つの症例だけで、信憑性は低くなってします。

もしクリニックでユリーフやトラマール処方されたら、それを無理して飲むことはおすすめしません。別なクリニック・病院などを訪れプリリジーなどのきちんとした早漏治療薬を手にすることをおすすめします。

早漏治療薬をより安価に入手するためには?

とはいえ、いくら美容外科でのペニスへの施術よりは安価だといっても、全額が患者の自己負担である以上、プリリジーをはじめとする早漏治療薬は決して安価なわけではありません。たとえば、とある都内のクリニックでのプリリジーの価格は以下のようになっています。

  • 30mg:1錠あたり2,200円
  • 60mg:1錠あたり3,000円

同じ全額自己負担のバイアグラでも1錠あたりの価格は1,500円程度です。それらと比べても早漏治療薬がいかに高額な医薬品であるかが分かると思います。1回のセックスのたびに最低でも2,000円程度の出費が加算されるということになります。これはおいそれと服用できるものではないですよね。

「少しでも安く早漏治療薬を購入したい」

このように考える方は多いと思います。そんな方におすすめの購入方法が海外通販サイトを利用しての早漏治療薬の購入です。海外製の早漏治療薬を個人輸入するということですね。

海外通販は安価で手軽

海外通販で早漏治療薬を購入する最大のメリットは、日本国内では入手が出来ないジェネリック医薬品を購入することが出来るという点です。簡単にいうと、プリリジーのジェネリック医薬品を手にすることが出来るという点ですね。

一番ポピュラーなのは、インド製のジェネリック医薬品であるポゼットです。プリリジーのジェネリック医薬品なので、有効成分は同じダボキセチンです。で、価格は以下のようになっています。

  • 30mg:1錠あたり150円
  • 60mg:1錠あたり200円
  • 90mg:1錠あたり300円

前述したプリリジーの価格と比較すると、その安さは一目瞭然かと思います。同じ有効成分であり同じ早漏治療効果がありこの価格差があるのは驚きかと思います。もちろん、医薬品の絵画通販には多少のリスクはあります。

しかし、それらの海外通販のリスクは、本サイトの「賢い通販方法」のカテゴリの記事などで知識をつけることで避けることが可能です。興味がある方は、ぜひ早漏治療薬の海外通販にトライしてみて下さいね。

まとめ:病院・クリニックでの早漏治療は費用が高い

早漏治療を行っている病院・クリニックとしては、勃起不全(ED)や男性型脱毛症(AGA)の治療をしているメンズクリニックや包茎手術などをしている美容外科があります。これらの病院・クリニックでの診察料や医薬品代、施術料は全てが自己負担となります。そのため、ある程度の出費は覚悟しなければなりません。

メンズクリニックでは主に投薬による早漏治療を行います。代表的な早漏治療薬であるプリリジーは安くとも、1錠あたり2,000円程度します。また、美容外科では包茎手術や亀頭強化手術で早漏治療を行います。これらは自由診療の外科手術であるために費用が100万円を超えることもあるそうです。

このように病院・クリニックでの早漏治療にはお金がかかります。この費用を少しでも安くしようと思うならば、海外通販サイトから早漏治療薬を個人輸入してみましょう。プリリジーのジェネリック医薬品などを購入することができます。その価格はプリリジーの10分の1程度となり、かなりお得になります。

>>早漏治療薬ランキング<<

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを投稿する

病院・クリニックでの早漏治療
平均:  
 0 reviews

-早漏
-, , , , , ,

Copyright© バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用 , 2020 All Rights Reserved.