バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用

タツナビではバイアグラ病院ではED(勃起不全)の改善や対策に効果のあるバイアグラ、シアリス、レビトラの効果効能や飲み方、他のED治療薬の細かい情報などなどを読みやすく判り易くまとめてある専門サイトになります。

勃起不全(インポ)

病院・クリニックでの勃起不全治療にかかる費用とリスク

更新日:

本記事では、病院で受けることの出来る勃起不全の治療方法とその費用についてまとめていきます。病院で受けることの出来る勃起不全の治療方法には以下のようなものがあります。

  • ED治療薬の処方
  • 陰圧式勃起補助具
  • 陰茎海綿体自己注射(ICI治療)
  • 陰茎プロステーシス

これらの治療方法は、基本的に下にいくほどに勃起不全の症状が重症の患者向けのものとなります。また、かかる費用も下にいくほどに高額なものとなります。

勃起不全の治療は、ほとんどの場合において、医療保険の適用外であり全額自己負担となります。場合によってはかなりの出費となることもあるので注意しましょう。

「少しでも勃起不全の治療にかかる費用を安く済ませたい」

このような思いのある方には、海外通販サイトを利用しての海外製ED治療薬の個人輸入をおすすめします。きちんとした海外通販の知識さえあれば、そこまでのリスクなく安価に高品質のED治療薬を入手することが出来るためです。

勃起不全(インポ)はクリニックで治療するもの

「勃起が上手くいかずに満足のいくセックスが出来ない」

このような下半身の悩みは、年齢を重ねるにつれて、男性であれば誰であっても起こりうるものです。しかし、かつて勃起不全に悩む人は侮蔑の意味も込められて「インポ」と罵られていました。「勃起不全=男らしさを失ったダサいやつ」のような価値観がはびこっていたということです。

しかし、最近ではすっかり状況は変わりつつあります。ネガティブなイメージのある「インポ」に代わって「ED」という言葉も完全に定着しました。

この呼称の変化は、「勃起不全は身体の不具合であり、適切な治療を受けることで改善できるもの」という感じに人びとの認識が変わったことを意味しています。

この「勃起不全」という身体の不具合に対する認識の変化によって、「勃起不全はクリニックで治療して治す」ということも世間に浸透するようになりました。街中にはED治療を看板に掲げているクリニックがたくさん存在し、日々たくさんの男性がその場を訪れています。

「勃起不全でクリニックを訪れることは恥ずかしい」

このような認識は完全に過去のものとなったということです。

>>勃起不全治療薬ランキング<<

クリニックでなされる勃起不全(インポ)の治療

では、専門医のいる病院・クリニックでは勃起不全に対してどのような治療が施されるのでしょうか。勃起不全を患っている患者に対しての治療方法には以下のようなものがあります。

  • ED治療薬の処方
  • 陰圧式勃起補助具
  • 陰茎海綿体自己注射(ICI治療)
  • 陰茎プロステーシス

これらのうち医師がどの治療方法を選択するかは、その患者の勃起不全の症状の深刻度によって変わってきます。

上記の列挙した治療方法は、上から下にいくほどに勃起不全が症状が深刻な患者向けのものになります。

ED治療薬の処方が最も手軽な治療方法であり、そこから陰圧式勃起補助具⇒陰茎海綿体自己注射(ICI治療)⇒陰茎プロステーシスといくごとに勃起不全の症状が重い患者向けの治療方法となっていきます。

以下、それぞれの治療方法についてまとめていきます。

ED治療薬の処方

勃起不全の治療を行うにあたって、医師の第一選択肢となるのがED治療薬の処方です。

1999年に世界初のED治療薬としてバイアグラが認可されてからというもの、ED治療薬は勃起不全の治療におけるスタンダードの位置を確率しています。勃起不全でクリニックを訪れた場合、とりあえず何らかのED治療薬が処方されることでしょう。

本記事ではED治療薬の他にも3つのクリニックでなされる勃起不全の治療方法を紹介しています。しかし、それらはあくまでもED治療薬による勃起不全の治療効果が認められなかった患者に対してです。

ED治療薬がこれだけ世間に広まっている現在においては、ED治療薬以外の勃起不全の治療方法が選ばれることはまれとなります。今現在、日本で認可されているED治療薬には以下の3つがあります。

  • バイアグラ
  • レビトラ
  • シアリス

効果継続時間などの差はありますが、基本的にこれらのED治療薬を用法用量を守りつつ使用することによってきちんと勃起をすることが出来ます。

陰圧式勃起補助具

とはいえ、ED治療薬は万能ではありません。一部の神経障害などが原因である勃起不全には効果がないことが分かっています。また、ニトログリセリン製剤などのED治療薬の併用禁忌薬にあたる医薬品を服用している場合には、ED治療薬を服用ふることが禁止されています。

このようなED治療薬で改善することができない勃起不全である場合、第二選択肢として用いられる治療方法が陰圧式勃起補助具となります。

陰圧式勃起補助具はペニスに装着して勃起を促す装置です。陰圧式勃起補助具での勃起のメカニズムは次のとおりです。

  1. 専用の器具をペニスに装着する
  2. ポンプを使って器具内部を陰圧状態にする
  3. 圧力が下がったことでペニスに血液が流れ込み擬似的な勃起状態になる
  4. ペニスの根本にゴムバンドを巻きつけペニスの血液が逃げないようにする
  5. そのままの状態でセックスをする

このように陰圧式勃起補助具を使用すると、なかば強制的にペニスを勃起させ、その状態を維持することが出来ます。ゴムバンド装着の不快感こそありますが、副作用なく即効性のある勃起が期待できます。

陰茎海綿体自己注射(ICI治療)

陰茎海綿体自己注射(ICI治療)とは、ペニスの海綿体に注射で薬剤を注入することで勃起を促すものです。使用される薬剤はプロスタグランジンE1(PGE1)というものです。この治療を施すことによって、10分程度で勃起が始まります。また、勃起の状態は2~3時間ほど継続するとされています。

陰茎海綿体自己注射(ICI治療)のED治療効果は非常に高くなっています。ED治療薬が効きづらい以下のような場合でも効果を発揮します。

  • 骨盤内手術
  • 脊髄損傷
  • 糖尿病
  • 心因性ED
  • 骨盤骨折
  • 尿道損傷

クリニックで注射を受けてから2~3時間しか勃起状態が維持されないために、治療を受けたらすぐにセックスをする必要があります。多くの場合、パートナーにクリニック近くのホテルで待機してもらっていて、治療後すぐにセックスをするみたいな感じで利用されるようです。

陰茎プロステーシス手術

陰茎プロステーシス手術は、勃起不全の治療の最終手段となるものです。基本的に前述の3つの治療方法でも勃起不全を解消できない場合に採用されるものです。

プロステーシスというシリコン製の器具を外科手術によってペニスの海綿体内に埋め込むというものです。このペニス内に埋め込まれたプロステーシスが「芯棒」の役割を果たしセックスできる硬さをペニスが維持できるようになります。

陰茎プロステーシス手術ならば、80歳以上の超高齢者や思い糖尿病で悩んでいる男性でもセックスが可能なレベルのペニスの硬さを手にすることができます。

また、芯棒がペニス内で機能し続ける限り、他のED治療方法は一切不要となります。ED治療薬ならば、セックスのたびに錠剤を飲まなくてはいけませんが、その手間も陰茎プロステーシス手術ではなくなるということです。

ただ、陰茎プロステーシス手術は芯棒をペニスに挿入するという外科手術であるためデメリットも存在します。それは、手術後はもう自然な勃起をすることは不可能になるということです。

不可逆の手術ということですね。常にペニス内部に芯棒がある状態なので、常時勃起しっぱなしとも呼べる状態になってしまいます。

勃起不全(インポ)の治療は自由診療で全額負担

 

ここまでクリニックで受けることの出来る勃起不全の治療方法として以下の4つを紹介しました。

  • ED治療薬の処方
  • 陰圧式勃起補助具
  • 陰茎海綿体自己注射(ICI治療)
  • 陰茎プロステーシス

それぞれにメリット・デメリットはあります。これに加えて注意するべきことに、これらの勃起不全の治療に関しては一部を除いて基本的に医療保険の適応外であり、全額が患者の自己負担となるということがあります。

これは勃起不全の治療における以下のような性質によるものです。

  • 勃起不全は、セックスが出来ないというだけで、健康を害する疾患ではないため
  • 勃起不全の治療は、セックスを出来るようにすることで生活の質を上げるものであり、勃起不全の根本的な解消に至るものではないため
  • ただ単に「セックスを楽しみたい」という理由だけで勃起不全の治療を受ける男性が多いため

このような理由のために、勃起不全の治療は保険適用外であり患者の全額自己負担となります。そのため、他の病気の治療などと比べると出費が高額になるので注意が必要です。

症状が重くなるほどに高額になる治療費

では、具体的に勃起不全の治療にはどれぐらいの費用が必要となるのでしょうか。基本的に症状が重い方向けの治療方法のほうが高額になります。ここで紹介した治療方法で言えば、ED治療薬が一番安価で陰茎プロステーシス手術が一番高額ということににります。

  • ED治療薬の処方:1錠あたり1500円程度
  • 陰圧式勃起補助具:器具買い取りで30,000円程度
  • 陰茎海綿体自己注射(ICI治療):1回あたり10,000円程度
  • 陰茎プロステーシス手術:600,000円程度

このように勃起不全の治療に関しては、その治療方法がより重度のEDの方向けになるほどに費用も高額となります。このため、やはり最初はED治療薬の服用から勃起不全の治療をスタートさせることをおすすめします。

費用最優先なら海外製のED治療薬を

「少しでも安く勃起不全の治療を行い、思う存分セックスを楽しみたい」

このように治療にかかる出費を下げることを優先的に考えている方もいるかと思います。そのような方におすすめなのが、海外通販サイトを利用しての海外製ED治療薬の個人輸入です。

この方法で、日本ではまだ認可されていない海外製のジェネリックED治療薬を入手することで、大幅に出費を下げることができます。

参考までに海外製のジェネリックED治療薬の価格を以下に紹介します。

  • カマグラゴールド(インド製バイアグラジェネリック):1錠あたり360円程度
  • レビスマ(インド製レビトラジェネリック):1錠あたり360円程度
  • タダシップ(インド製シアリスジェネリック):1錠あたり400円程度

もちろん、国内未認可の海外製医薬品となるので服用に際しては自己責任となります。

しかし、本サイトの「賢い通販方法」というカテゴリの記事などを参考にしていただければ、海外通販におけるリスクを下げることもできます。「少しでも安くED治療を」という方はぜひ参考にして下さいね。

まとめ:勃起不全の治療はED治療薬の服用から

最近では、「勃起不全はクリニックで治療するもの」という認識が一般的になりました。クリニックで受けることのできる勃起不全の治療には以下のようなものがあります。

  • ED治療薬の処方
  • 陰圧式勃起補助具
  • 陰茎海綿体自己注射(ICI治療)
  • 陰茎プロステーシス

これらの治療方法は、下にいくほどに勃起不全の症状が重症化している患者向けのものになります。また、治療にかかる費用も次のように下にいくほどに高額になっていきます。

  • ED治療薬の処方:1錠あたり1500円程度
  • 陰圧式勃起補助具:器具買い取りで30,000円程度
  • 陰茎海綿体自己注射(ICI治療):1回10,000円程度
  • 陰茎プロステーシス手術:600,000円程度

勃起不全の治療は、一般的には医療保険の適用外であり全額自己負担となります。そのため、場合によってはかなりの出費となることもあります。少しでも費用を下げたいという場合には、海外通販サイトから海外製ED治療薬を個人輸入する方法がおすすめです。

>>勃起不全治療薬ランキング<<

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを投稿する

病院・クリニックでのED治療
平均:  
 0 reviews

-勃起不全(インポ)
-, , , , , , , , ,

Copyright© バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用 , 2020 All Rights Reserved.