バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用

タツナビではバイアグラ病院ではED(勃起不全)の改善や対策に効果のあるバイアグラ、シアリス、レビトラの効果効能や飲み方、他のED治療薬の細かい情報などなどを読みやすく判り易くまとめてある専門サイトになります。

ED(勃起不全)治療薬 ジェネリック医薬品(ED治療) 賢い通販方法

薬を通販で購入するメリットとデメリット

更新日:

最近通販で薬を購入する人が増えてきています。本記事では何故通販で薬を購入する人が増えてきているのか?そのカラクリを説明します。日本の薬代は負担3割でも物凄く高く支払っている事になります。

コスパよくED治療薬を入手するなら通販がおすすめ

「30代、40代と歳を重ねていっても、若い頃と変わらずにセックスを楽しみたい」

このように思っている方は多いと思います。ただ問題となるのは、頭でいくらセックスをしたいと思っていても、身体がうんともすんとも反応しないということです。いわゆるED(勃起障害)ですね。

せっかくのセックスのチャンスがあるのに、ペニスが勃起しない。もしくは、勃起しても中折れしてしまい正常に射精にまでいかない。男にとってこれよりみじめなことはありません。

こんな状態を克服し、年齢に関係なく男としての尊厳を取り戻す方法としては、ED治療薬の使用があります。年齢をどれだけ重ねていようが、適切にバイアグラなどのED治療薬を使用することで、20代の頃のような元気な下半身を再度手にすることができます。

「まだまだ枯れたくない」

そんな悲痛な思いを胸に抱いている男性にとっての救世主となる存在がバイアグラに代表されるED治療薬なのです。

>>お薬のお得な通販はこちら<<

バイアグラへの出費がキツいならジェネリックの通販を

ただこのED治療薬ですが、ひとつどうしても見逃せない欠点があります。それは、価格が高いということです。残念ながら、バイアグラ、レビトラ、シアリス、このどれものED治療薬が保険適用外の医薬品です。そのため、購入にあたっては全額を自分で払う必要があります。

だいたいですが、1錠で1500円ほどですね。1錠で1セックスとすると、週に1回セックスするとして、月に6,000円ほどの出費となってしまうわけです。お小遣いからこれを捻出するとなると楽に払える額ではありません。

「バイアグラでセックスを楽しみたいけどお金がなぁ」

このように思っている方にぜひおすすめしたいのが、通販を利用し海外からバイアグラに代表されるようなED治療薬を購入することです。クリニックで正規品を購入するよりも断然お得な価格でED治療薬を入手することができます。

もちろん、ジェネリック医薬品なので、正規のED治療薬と比べて効果が劣るなんてこともありません。有効成分は全く同じものになります。

デメリットこそあるが、抜群の費用対効果

海外からのED治療薬の個人輸入というと、慣れていない方にとってみると不安に思うことも多いかと思います。実際のところ、あまり知識がない方が勢いでやってしまうと予期せぬトラブルに巻き込まれてしまうことも事実です。

しかし、きちんと情報を精査して個人輸入をすることで、ED治療薬を驚くほどの格安価格で入手することができます。

お金と時間に余裕がある方ならば毎回クリニックで正規品を処方してもらうのが良いでしょう。ですが、そうではなく少しでも資金をうかせたいと考えている方にとっては、個人輸入は大きな利点をもつ、避けては通れない選択肢となります。

通販でED治療薬を購入するデメリット

とは言うものの、前述のように、個人輸入で海外からED治療薬などの医薬品を通販するには一定のリスクが存在するのもまた事実です。日本のクリニックで正規品を処方してもらうことに比べることのほうが安心できるのは事実でもあります。

まずは、通販会社を利用し医薬品を個人輸入する時にどのようなデメリットがあるのかということを知ることから始めましょう。いくら安く購入できるからと言っても、これらのデメリットに耐えられないようならば、個人輸入は諦めてクリニックで処方してもらうのもひとつの考え方です。

デメリットその1:自己責任で使用する必要がある

個人輸入のデメリットとしては、その通販した医薬品の使用においては全てが自己責任となってしまうということです。

例えば、その通販した医薬品を使用し、身体に何らかの副作用が出てしまったとしても、それは誰かに責任を転嫁できないということです。併用が禁止されている薬と誤って飲み合わせてしまった時におこる症状なども同様ですね。

この自己責任に関しては、自分で知識をつけて事前に注意をしておくしか回避する方法はありません。

・自分が通販を利用し輸入する医薬品はどのような効果があるのか
・どのように使用すれば良いのか
・どんな副作用があるのか
・いざという時にはどう対処すれば良いのか

これらの基本的な情報についてきちんと調べておきましょう。初回はクリニックに行き専門医から指導してもらい、慣れてきたら通販を利用するというのもおすすめです。

デメリットその2:偽物薬を掴まされる可能性がある

個人輸入のデメリットの2つ目としては、偽物の薬を掴まされてしまう可能性があるということです。注文した医薬品と別な粗悪な医薬品を送りつけられてしまうということですね。

大手製薬会社が調査した結果によると、実にネット上の通販で出回っているED治療薬のうち、6割以上が偽物であったということです。半分以上が偽物で詐欺商売をしていると考えると、結構な割合かと思います。

偽物を掴まされないようにするためには、信頼のできる通販会社を見つけるということに尽きます。この会社なら安心だ。という会社を見つけるということですね。

このサイトの別ページで紹介しているのですが、優良な通販会社には特徴があります。それらにもとづいて通販会社を選ぶことで、偽物を掴まされる確率はグッと下がります。

デメリットその3:商品が届かない場合がある

個人輸入のデメリットの3つ目は、注文した商品が自分のもとにきちんと配達されないことがある、ということです。

海外からの輸入になるので、海外の運送会社や税関などどうしてもトラブルが起こりやすいポイントがいくつか存在します。運悪くそれらに巻き込まれてしまうと、お金は払ったのにいつまでたっても商品が届かないなんてことになりかねません。

このような状態を避けるためには、やはり信頼できるきちんとした通販会社を選ぶということになります。優良な通販会社は、販売ページにて、配達保証というものをしっかりと記載しています。

きちんと荷物があなたのもとに届くまで面倒をみるよ。ということですね。通販会社を選ぶときには、この荷物の配達保証がなされているかをチェックすることを怠らないようにしましょう。

通販でED治療薬を購入するメリット

ここまで通販会社を利用しての医薬品の個人輸入についてのデメリットを述べてきました。個人輸入に対するネガティブなイメージが強くなったという方もいるかもしれません。

しかし、それでもちょっとのリスクを冒してでも個人輸入には挑んでみる価値があるものです。以下に医薬品の個人輸入のメリットを述べていきます。

メリットその1:クリニックや処方箋の手間を省ける

ED治療薬など医薬品の個人輸入におけるメリットのひとつ目は、クリニックに通う手間を省けるということです。

処方箋による医薬品の購入においては、どうしてもクリニックに行き医師の診察を受けるというプロセスを踏む必要があります。ちょっと想像すれば分かりますが、これはなかなかの手間ですよね。

自分の都合の良い時間にクリニックが営業しているとも限りません。また、自分の生活範囲内にED治療のクリニックがあるとも限りません。いちいち時間を割いてクリニックに出向くというのは面倒ですよね。

その点、通販ならば、ネット環境があればどこでも注文し、家に自動的に配達されてくるものです。この楽ちんさは見逃せないポイントです。

メリットその2:日本で入手できないジェネリックが買える

個人輸入のメリットの2つ目としては、日本国内におけるクリニックでは取り扱っていないジェネリック医薬品が購入できるということです。

正規の医薬品には国際特許というものがあり、販売開始からしばらくはそのジェネリック医薬品は製造されないのが普通です。これはED治療薬においても同じです。しかし、インドでは国内法が特殊であるために、この国際特許があるにも関わらず安価なジェネリック医薬品を製造することが認められています。

このタイプのジェネリック医薬品は、自分で個人輸入をすることでしか入手できないものです。インド製ということに不安を覚える方もいるかもしれませんが、有効成分は全く同じなので、先発薬と全く同じ効果を期待できるものです。

メリットその3:ジェネリックで費用を下げられる

医薬品を通販で買うメリットの3つ目は、ED治療薬にかかる費用を劇的に下げることが出来るというものです。これが最大のメリットとなりますね。

クリニックでバイアグラやレビトラ、シアリスなどを処方してもらうととにかくお金がかかってしまいます。1錠あたり1500円程度、つまりセックスを1回するごとに1500円がプラスで加算されるわけです。

上記のように、ED治療薬を通販で個人輸入すると、日本未発売のジェネリック医薬品を買うことができます。あとで詳しく述べますが、びっくりするぐらいの価格差になります。無視できない価格さになりますので、個人輸入に不安やいかがわしさを抱いている方も、とりあえずチェックをしてみて下さいね。

>>お薬のお得な通販はこちら<<

メリットその4:誰にも知られずに購入できる

個人輸入のメリットの4つ目は、誰の目を気にすることもなくED治療薬を購入することが出来るということです。クリニックだとどうしても入る時や出る時に人目が気になるなんてこともあるかと思います。

通販ならば、全てがオンラインの取引となるので人目を気にするべくもありません。配達されてくる品に関しても郵便局留めなども出来るので家族に知られることもありません。もちろんですが、梱包もひと目でED治療薬と分かるようにはされていないので安心です。

通販でED治療薬を購入するとどれだけお得になるか?

繰り返しになりますが、個人輸入でED治療薬を通販することの最大のメリットは、その価格の安さにあります。以下に個人輸入を利用することでどれだけ費用を浮かせることが出来るのかを実際にシミュレーションしてみましょう。

クリニックの処方箋 vs 個人輸入通販

クリニックで正規のED治療薬、つまりバイアグラやレビトラ、シアリスなどを処方してもらうと1錠あたり1500円ぐらいとなっています。ここで例えば、週一でED治療薬を使ってセックスをすると仮定しましょう。そうなると、ひと月では6000円の出費になります。一年間では、72,000円になります。

一方、個人輸入でED治療薬のジェネリックを通販した場合は、1錠あたりの価格は300円程度となります。同じく週に1回使用するとすると、月で1,200円間で14,400円となります。つまり、個人輸入を利用することによって、年間で57,600円も費用を浮かせることができます。

57,600円のコストをあなたはどう判断する?

57,600円。その人の生活レベルでこの価格をどう感じるかは変わってくると思います。もし、こんな金額なら屁でもないぜってお金持ちの方ならば、時間と費用をかけてED治療のクリニックに通えば良いと思います。

しかし、私のような一般庶民にとっては、57,600円というのはとても無視できる金額ではありません。大衆ソープに2回行ける金額ですよ。年間でこれだけの金額を得できるなら、上記のデメリットを背負ってでも個人輸入しようというのが私の考え方です。

どの通販会社を利用するべきか?

個人輸入で不安になるポイントである上記にまとめたデメリットですが、結局のところ、信頼できる通販会社を見つけることが出来るかどうかで、そのリスクはグッと下げることができます。

信頼できる通販会社の見分け方

詳しくはこのサイトの別記事にて解説しているので詳細は省きますが、信頼のできる通販会社を見つけるポイントは、以下のようなものです。

・電話問い合わせ窓口がある
・クレジットカードの使用を認めていない
・正規品保証や荷物の配達保証を行っている
・成分鑑定書をサイトで公開している

これらのポイントをチェックしつつ通販会社を選別していけば、上記のデメリットのリスクは極限まで下げることができます。

筆者イチオシの通販会社は?

とはいえ、自分で通販会社を探すことに不安があるという方もいるでしょう。また、いちいち自分で複数の通販会社を比較することが煩わしいのも事実です。

そんな方のために、普段私が利用しているサイトを紹介します。それは海外薬店です。サイトを見てもらえば分かりますが、上記のポイントをきちんと抑えており、顧客に親切にしてくれる業者さんです。

通販初心者にありがちなミスとして、とにかく価格の安いところと取引をしてしまうというのがあります。しかし、安いだけが取り柄の通販会社だと、粗悪品だったり偽物だったりといったハズレくじを引く可能性がぐっと高まってしまいます。

慣れないうちは、とくかく顧客に親切にしてくれる対応の良い通販会社を選ぶことがおすすめです。

>>お薬のお得な通販はこちら<<

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを投稿する

ジェネリックED治療薬の個人輸入
平均:  
 0 reviews

-ED(勃起不全)治療薬, ジェネリック医薬品(ED治療), 賢い通販方法
-, , , , , ,

Copyright© バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用 , 2020 All Rights Reserved.