バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用

タツナビではバイアグラ病院ではED(勃起不全)の改善や対策に効果のあるバイアグラ、シアリス、レビトラの効果効能や飲み方、他のED治療薬の細かい情報などなどを読みやすく判り易くまとめてある専門サイトになります。

ED(勃起不全)治療薬 ジェネリック医薬品(ED治療) 賢い通販方法

通販購入と病院で処方するのとで値段がかなり違う!?

更新日:

ED治療薬は保険適用外の為、非常にコストがかかります。しかし使わないわけにも行かないですし、毎回病院を経由して処方してもらうだけ余分に費用が上乗せされています。病院に寄付している感覚になりますね。ED治療薬は通販で購入する事で大幅に値段を下げる事が可能です。本記事ではコスト面に関して詳しく説明してあります。

コスパを追求するならED治療薬は通販一択

日本国内においてED治療薬を入手するためには、クリニックへ行き医師に処方してもらう必要があります。今現在、ED治療薬は保険適用外なので全額自己負担です。そのため、処方してもらうにあたって支払う額はなかなか高額になってしまいます。

この入手に際してのコストを抑える方法としては海外からED治療薬を通販する方法があります。ポイントをおさえることで安全に格安価格でED治療薬を手にすることができます。

>>お薬のお得な通販はこちら<<

ED治療薬は心身を若返らせる魔法の薬

満足のいくセックスは人生に豊かさをもたらしてくれます。これは年齢を重ねていっても変わることのないことでしょう。中年とよばれる年齢になろうと自分のパートナーと愛を確かめあうという行為は欠かすべきではありません。

その意味において、ED治療薬は人生の潤滑油となりうるものです。自然勃起ができなくなったからといって素直にセックスを諦めてしまうのは、一度きりの人生にとっての大きな損失であると個人的には思います。

入手コストを下げられれば最強の薬ですが…

年老いた男性の心身を若かりし頃のように元気にしてくれるED治療薬。それは男にとって救世主となるものです。身体に負担がない範囲で積極的にED治療薬を摂取しセックスを楽しむ。このような習慣があると人生は実り豊かなものになるでしょう。

ただ、ここで問題となってくるのがED治療薬の入手コストです。保険適用外のED治療薬は全額自己負担が必要な医薬品です。そのため、1錠あたり1500円も身を削らなければなりません。

現状で格安でED治療薬を入手できる唯一の方法

日本国内において正規に流通しているED治療薬は、クリニックで処方してもらうことでしか手にすることは出来ません。ただ、海外からED治療薬を個人輸入で通販するということをすれば、日本にいながら格安価格でED治療薬を購入することができます。

いつ保険適用となるか分からないED治療薬。そんな薬を安価にそして継続的に手にするためには海外からの個人輸入という手段は暫定ベストの選択肢と言えるでしょう。

割高感が否めないクリニックでのED治療薬の処方

日本国内で認可されたED治療薬を手に入れようと思うと、専門医のいるクリニックにて処方してもらう必要があります。これ以外に正規に流通しているものを手にできる方法はありません。この正規品は1錠あたり1500円となかなかに高額です。

おいそれと手を出せる金額ではありません。この金額ゆえに日本に住む男性にとってED治療薬は身近な存在とはなれていません。

「もっと安価にED治療薬を入手したい」

これは日本に住む中高年男性の多くが心に抱えている願いなのではないでしょうか。

保険適用外で全額負担のED治療薬

日本国内におけるこのED治療薬の高額な価格に理由は、ひとえに保険適用外の医薬品であるからです。保険適用の医薬品に関しては大人ならば3割負担で済みます。しかし、ED治療薬は10割が自己負担となってしまっているわけです。

仮にED治療薬が保険適用だったとすると、1錠あたりの金額は単純計算で450円となります。このぐらいの価格帯だったらもっと頻繁に気軽にED治療薬を使用することが出来ますよね。需要は絶対にあるはずなのに、なぜED治療薬は保険適用外なのでしょうか。

ED治療薬が保険適用外の理由

ED治療薬がいつまでたっても保険適用にならない理由は2つあるとされています。1つ目は、ED(勃起不全)が健康を害する疾病として認識されていないことです。別にEDでも問題なく生きていくことは出来る。こういう認識があるために保険適用から外れてしまっているそうです。

2つ目は、ED治療薬は医学的には薬を必要としない人でも処方を求めることが多いからです。医学的に勃起不全とみなされなくても、勃ちが悪いからなどの理由でED治療薬を使う人は多いですよね。そんな人生における楽しさの追求にみんなが納めている保険が使用されるのは問題だ。こういう認識のために保険適用とはなっていないようです。

今後保険が適用される可能性はあるのか

今のところED治療薬が保険適用の医薬品になるという噂はありません。しかし、日本臨床泌尿器科医会に属する医師の7割程度は「ED治療薬を保険適用にするべき」と考えているようです。

もちろん医師としての利害関係などもあるでしょうが、これだけの専門医の支持があるということはいつの日かED治療薬が保険適用される可能性もないわけではないでしょう。

安くED治療薬を手にするなら海外通販を

今現在では保険適用で全額自己負担のED治療薬。なんとかしてそれを少しでも安く入手できる方法はないのでしょうか。日本国内で正規に流通しているED治療薬だとクリニックでの処方しか選択肢がないのは事実です。

しかし、ネット通販を利用しての海外からの個人輸入ならば、クリニックよりも大幅に安くED治療薬を手にすることができます。海外からの医薬品の通販は慣れないうちはハードルが高いのも事実です。ですが、一度それを乗り越えてしまうと大きなメリットを享受することが出来るものです。

日本はED治療薬後進国?

海外からの医薬品の輸入というとその品質に不安になる方もいるでしょう。しかし、少なくともED治療薬においては、日本よりも海外諸国のほうが進んでいるのも事実です。ED(勃起不全)というものに対し、より真摯に取り組んでいるということですね。

きちんと法整備がされていたり、多くの方が手に取れるようにジェネリック医薬品が用意されていたり。ですので、きちんとした入手経路をたどりさえすれば、海外製であっても品質の高いED治療薬を入手することができます。

海外からの医薬品の個人輸入は合法

また、海外から医薬品を個人で輸入するということに抵抗がある方もいるかもしれません。

「国が流通を規制している医薬品を個人で輸入するなんて違法行為をしているんじゃないか」

このように思われる方もいるでしょう。しかし、実際には、海外からの医薬品の個人輸入は全くの合法的なものです。税関で止められたり、輸入がばれて家に警察がきたりなんてことはないので安心してください。

日本国内では手にできないジェネリックも

ネット通販を利用しての海外からの個人輸入には見過ごせないメリットもあります。それは日本で未認可の医薬品を購入することが出来るということです。

例えば、ED治療薬のジェネリック医薬品ですね。ジェネリック医薬品を使用することが出来れば入手コストを大幅に下げることができます。

しかし、日本ではまだまだ普及していません。この日本国内で流通していないジェネリックED治療薬を購入すれば、ED治療薬にかかるコストをかなりうかせることができます。

海外通販のリスクを最小化する方法

とはいえ、医薬品をネット通販で海外から個人輸入をするにあたっては一定のリスクが存在するのもまた事実です。何の知識もないままで通販業者と取引をしてしまうと思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。

Amazonや楽天などの大手ショッピングサイトで商品を購入するのとはちょっとだけ勝手が違ってくるということですね。このリスクにきちんと対処しないことには円満な通販はできないということを理解しておきましょう。

知識をつけることでリスクを最小化する

海外通販におけるリスクはきちんとした知識を身につけることによって最小限に抑えることができます。トラブルになりやすいポイントというのはだいだい決まっています。

そういったポイントを理解し、避けるように行動していけばリスクに悩まされることはほぼほぼなくなります。以下にその概要をまとめていきますので、海外通販に慣れていない方はぜひ参考にして下さいね。

海外通販のリスク①:自己責任での購入

医薬品を海外から通販するにあたってのリスクの1つ目は、その医薬品を使用した結果は自己責任となることです。ED治療薬には副作用の症状や併用禁忌薬の存在などがあります。

これらを知らずに使用してしまうと身体に重篤な症状がでてしまうこともあります。このような被害も自己責任として自分で解決しなければなりません。

このリスクを回避するためには、まずは医師の診断を受けるということが大事です。いきなり通販でED治療薬を購入するのはあまりおすすめできません。最初は、クリニックで専門医との問診を行い、

・どのような副作用が起こりうるのか
・自分が常用している薬とED治療薬との飲み合わせに問題はないか

などをはっきりとさせておくのがおすすめです。海外通販を利用するのはED治療薬の使用に慣れてからでも遅くはありません。

海外通販のリスク②:通販業者とのトラブル

海外通販のリスクの2つ目。それは、通販業者との取引において問題が発生してしまうことです。医薬品の海外通販においては楽天やAmazonのような大手は参入していません。

中小の通販業者がそれぞれにサイトを運営しています。そして、それらの業者のなかにはユーザーからお金をだまし取ろうという意識でサイトを運営している業者もいます。

この取引におけるトラブルを回避するには、信頼できる通販業者を見つけるということに尽きます。詳しくはこのサイトの別記事にて解説しているのですが、まっとうな取引をしてくれる通販業者には以下のような特徴があります。

・きちんとした保証制度
・成分鑑定書の公開
・電話サポートの用意。
・クレジットカード決済を認めていない

これらの基準で業者を選定することで悪徳通販業者を避けることができるようになります。

海外通販でどれだけお金をセーブできるのか?

海外通販を利用しED治療薬を購入するとどれだけお得なのでしょうか。以下に簡単にシミュレーションしてみます。クリニックに処方されるED治療薬は1錠あたり1500円程度です。一方、通販を利用し海外のジェネリックED治療薬を購入すると1錠あたり400円程度となります。

週に1回のED治療薬の使用の場合、月あたりで4400円。年間で52800円もお得になるわけです。もし、この価格差をどうとらえるかは個人の価値観によります。しかし、個人的には無視できない金額だと思います。成分はまったく同じものですからね。どうせなら少しでも安いほうが良いに決まっています。

おすすめの通販業者は海外薬店

上記に示したような基準にもとづいて通販業者を選べば、まずハズレという業者には出会わないと思います。しかし、それでも初めて海外通販を経験するという人は、どの業者を選べばよいか分からないとなってしまう場合もあるでしょう。

そんな方のために、今現在、筆者が利用しているおすすめの海外通販業者を紹介したいと思います。

筆者が今現在使用している通販業者

筆者が現在進行系で利用している通販業者は「海外薬店」です。商品である医薬品の価格に関しては、海外薬店よりも安いサイトは存在します。また、海外薬店よりも豊富な品揃えをしているサイトもあります。

しかし、それでも筆者が利用する通販業者は海外薬店に落ち着きました。以下になぜ私が海外薬店を選び、おすすめするのかについて簡単に説明します。

海外通販初心者にもおすすめ

海外薬店の特徴は、とにかく顧客対応がしっかりしている点にあります。前述した通販業者を選別する基準をしっかりと満たしています。

海外からの医薬品の通販に慣れていない方は、まずは顧客対応のしっかりした海外薬店のような信頼できる業者と取引をするようにしましょう。目先の価格の安さなどで業者を選ぶと後でトラブルに巻き込まれる可能性が高くなってしまいます。

少額からの取引でリスクを最小化

おすすめなのは、海外薬店に限らず、初回の注文は少額から行うことです。バイアグラジェネリックだったら販売している最小単位となる一箱だけ頼むなどですね。

それでその頼んだ商品がきちんと手元に届くかを確認しましょう。まとめ買いをするのはその後でも遅くはありません。リスクをきちんと管理して充実したセックスライフを送っていきましょう。

>>お薬のお得な通販はこちら<<

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを投稿する

ジェネリックED治療薬の海外通販
平均:  
 0 reviews

-ED(勃起不全)治療薬, ジェネリック医薬品(ED治療), 賢い通販方法
-, , , , , , , ,

Copyright© バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用 , 2020 All Rights Reserved.