バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用

タツナビではバイアグラ病院ではED(勃起不全)の改善や対策に効果のあるバイアグラ、シアリス、レビトラの効果効能や飲み方、他のED治療薬の細かい情報などなどを読みやすく判り易くまとめてある専門サイトになります。

ED手術

EDは手術で治療可能?病院で行う手術とは

更新日:

本記事では、外科手術で行うED治療についてまとめていきます。ED治療の基本はバイアグラなどのED治療薬です。それらの方法でEDが克服できなかった場合、最後の手段として用いられるのが外科手術によるED治療です。代表的なものとしては、陰茎プロステーシス手術があります。

これらの外科手術によるED治療は、日本ではまだあまり馴染みがありません。しかし、欧米ではより一般的なものであり、アメリカでは30万人を超える人が陰茎プロステーシス手術を受けています。重度のEDに悩む方は、外科手術でのED治療も検討してみることをおすすめします。

ED治療薬売れ筋ランキング

手術はED治療の最終手段

EDとは、勃起不全のことです。簡単に言うと、「ペニスを十分に勃起することが出来ずに、セックスをするのに支障をきたしている状態」のことになります。

EDは年齢を重ねるごとに、多くの男性に発症するものです。男性であれば、誰であっても決して他人事に出来ることではないということですね。

多くの男性に胸痛する悩みということもあり、EDには明確な治療方法が確立されています。軽度なEDと重度なEDとでは、治療方法も違ってきます。

自分のEDの程度を知り、適切な治療を受けることによって、高確率で再び勃起をすることができ、セックスを満足に行うことが出来るようになります。

ED治療の基本は投薬治療

言わずもがなですが、ED治療における基本はED治療薬と呼ばれる医薬品を用いた投薬治療になります。具体的には、以下のようなED治療薬があります。

  • バイアグラ
  • レビトラ
  • シアリス

また、それぞれのED治療薬には、安価に購入できるジェネリック医薬品もあります。

ED治療薬での投薬治療の利点は、なんと言ってもその手軽さにあります。薬を飲むだけです。また、海外製のジェネリック医薬品を選べば、1錠あたり300円ほどの出費で済ませることのが出来ます。

この利便性の高さゆえに、EDに悩む多くの男性はED治療薬を服用することから治療をスタートさせます。

それでもダメなら外科手術

多くの場合において、バイアグラなどのED治療薬を服用すると、セックスに十分な勃起力を得ることができます。しかし、重度のEDの場合は、ED治療薬が効かないことがあります。また、他の病気との兼ね合いで、ED治療薬を服用することが出来ない患者さんもいます。

そのような、他のED治療方法ではどうにも対処できない場合、最終手段で用いられるのが外科手術です。ペニスにメスを挿れることでEDを治療するというものですね。日本ではまだそこまで浸透しているものではありませんが、欧米では一般的なEDの治療方法として認知されています。

ED治療薬売れ筋ランキング

陰茎プロステーシス手術とは?

外科手術によって行うED治療にはいくつかの手法があります。それらの中で最も知名度が高いのが陰茎プロステーシス手術です。

日本国内ではまだあまり知られていないED治療に関した治療方法かもしれません。しかし、アメリカでは30万人以上がこの手術を受け、重度のEDを克服しているそうです。

「バイアグラが効かないんじゃもう諦めるしかないのか…」
「外科手術をしてまでEDを治療するのは怖い…」

このように思っている方は少なくありません。しかし、「陰茎プロステーシス手術を受けたことで、人生が好転した」という方が少なからずいるのは事実です。興味がある方は、ぜひチェックしてみましょう。

プロステーシスとは

そもそも陰茎プロステーシス手術における「プロステーシス」とは何なのでしょうか。結論から言ってしまうと、プロステーシスとは、「人工器官」のことです。

義眼や義足なども、広義の意味においては、プロステーシスと言えます。つまりは、陰茎プロステーシスとは、人工的に作られたペニスということになります。

それをペニスに埋め込んで、強制的に勃起状態にしてしまうのが陰茎プロステーシス手術になります。端的に言ってしまえば、骨折における添え木のようなものをペニスに挿入することになります。

そのため、ペニスは常時勃起状態となり、どんな重度のEDでも克服することが可能になります。

陰茎プロステーシス手術の流れとは

「ペニスをメスで開いて、シリコンのプロステーシスを挿入する」

このように聞くと、陰茎プロステーシス手術は、何やら大掛かりな手術に思えてしまいますよね。しかし、実際にはそのようなことはありません。1時間ほどの簡単な手術であり、日帰りも可能となっているものです。

陰茎プロステーシス手術では、亀頭の裏側を3cmほどメスで開きます。そこから、患者にマッチしたプロステーシスを挿入していきます。あとは開いた箇所を縫い合わせるだけです。

手術の内容自体は、それほど大掛かりなものではありません。局部麻酔もしっかり効くので、痛みを感じることもありません。

陰茎プロステーシス手術を受けられる年齢は

陰茎プロステーシス手術は、成人男性であれば誰でも受けることの出来る手術です。しかし、前述したように、あくまでもED治療における最終手段という位置づけになります。

なので、まずはバイアグラなどのED治療薬を試してみて、それでもダメな場合に、陰茎プロステーシス手術を検討することになります。

陰茎プロステーシス手術のすごいところは、70代~80代の高齢者でも手術を受けられることです。

つまり、この年代の男性であっても、ギンギンに勃起したペニスを手にすることができ、性生活を充実させることが出来るということです。とあるサイトには、74歳男性の体験談が掲載されていました。

陰茎プロステーシス手術の満足度は

陰茎プロステーシス手術は、不可逆な手術です。一度受けてしまうと、常時勃起したような状態のペニスとなります。これから手術を受けることを考えている方にとっては、何かと不安に思うこともあるでしょう。

しかし、実際のところ、この陰茎プロステーシス手術の満足度は、非常に高いものとなっています。

とあるED治療クリニックのサイトによると、手術後に「挿入したプロステーシスを除去したい」と言ってくる人は、皆無であるとのことです。これは、術を受けた患者さんが、自分のペニスの状態に満足していることを意味します。

EDに本気で悩んでいるならば、陰茎プロステーシス手術は一考の価値があるものです。

まとめ:陰茎プロステーシス手術は、ED治療の最終手段

ED治療の基本は、バイアグラなどのED治療薬の投薬になります。しかし、それでも治療できないような重度のEDの場合は、外科手術による治療が行われます。

代表的なEDの外科手術は、陰茎プロステーシス手術です。日本では知られていない手術ですが、欧米ではメジャーなED治療方法のひとつです。

陰茎プロステーシス手術は、シリコンの棒状の人工器官をペニスに挿入することで、ペニスを強制的に勃起状態にするものです。手術は1時間程度の簡単なものであり、日帰りも可能となっています。重度のEDに悩んでいる方は、陰茎プロステーシス手術も検討してみることをおすすめします。

ED治療薬売れ筋ランキング

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを投稿する

外科手術によるED治療
平均:  
 0 reviews

-ED手術
-, , , , , ,

Copyright© バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用 , 2020 All Rights Reserved.