バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用

タツナビではバイアグラ病院ではED(勃起不全)の改善や対策に効果のあるバイアグラ、シアリス、レビトラの効果効能や飲み方、他のED治療薬の細かい情報などなどを読みやすく判り易くまとめてある専門サイトになります。

ED(勃起不全)治療薬 ジェネリック医薬品(ED治療) 賢い通販方法

ED治療薬が市販されていない理由とは?

更新日:

日本国内の薬局ではED治療薬を直接購入できないのですが、何故市販されていないのでしょう?日本でED治療薬が市販されていない理由やカラクリを本記事で解説してあります。

日本国内ではED治療薬は市販されない?

「中年とよばれる年齢になったがまだまだエッチなことがしたい」

このような悲痛な思いを胸にいだいている男性は多くいると思います。そのような男性の願いを現実にしてくれる魔法の薬がバイアグラに代表されるED治療薬です。

このED治療薬ですが、現時点において、正規品を入手するためには専門医のいるクリニックで処方箋を書いてもらう必要があります。精力増強剤のようにドラッグストアで市販されておらず、手軽に購入することのできない商品ということですね。

>>お薬のお得な通販はこちら<<

薬事法の厳しさゆえに…

「いつまでも何歳になっても男らしくいたい」

これは全ての男に共通する願いと言っても良いでしょう。しかし、わざわざクリニックに行ってまでED治療薬をもらってくるのは面倒と躊躇している方も少なくないはずです。多くの需要があるのに、なぜED治療薬は風邪薬などの家庭用医薬品のように市販化され大々的に流通しないのでしょうか。

その理由は、日本国内の医薬品に適用される薬事法の異常な厳しさにあります。法律によってバイアグラなどED治療薬の市販化は制限されてしまっているということですね。

お得に買うには個人輸入しかない

そのような現状においては、正規品のED治療薬はクリニックで高額を支払って処方してもらうしかありません。市販もされてないし、保険適用外の医薬品であるED治療薬は1錠あたりがかなりの価格になってしまいます。

「この高額な医薬品代を何とかセーブしたい」

そんな場合の現状における暫定ベストな選択肢は、通販業者を通じて海外からED治療薬のジェネリックを個人輸入するということです。敷居が高いと思われるかもですが、これがもっともお得な価格でED治療薬をゲットできる手法となります。

ED治療薬の値段さえ安ければ…

バイアグラに代表されるED治療薬は、その勃起促進効果ゆえに多くの男性に幸福をもたらすものです。場合によっては、ED治療薬によって夫婦仲を円満になるなんてこともあるでしょう。

そんな中高年男性の人生の充実に大きな役割を担っているED治療薬ですが、その高額な価格、そして入手の手間によって十分に活用できていないという男性が多いのもまた事実です。

多くの男性を肉体的・精神的に救う可能性のある医薬品なはずなのに入手までのハードルはやたらと高く設定されています。

ED治療薬があると人生が楽しくなる

筆者の個人的な意見になりますが、中高年とよばれる年代の男性はもっと積極的にED治療薬を使用するべきだと思います。ペニスの勃ちが悪くなってきたからといってセックスから遠ざかってしまうのはあまりにももったいないことです。

中高年になっていても、頭ではエッチなことがしたいと思っているはずです。ED治療薬で健全に勃起をし、年齢を重ねても女性と愛を確かめ合う。このようないつまでも性に旺盛な男性の人生の質は、EDでセックスを諦めてしまった男性よりも確実に高いはずです。

その価格の高さ故に満喫できない

「世間的には中年とよばれる年齢になったが、まだまだセックスを楽しみたい」

このように思っている男性は筆者だけではないはずです。私と同年代の男性の多くが可能ならばエッチなことをしたいと心に願っているでしょう。バイアグラという中高年のEDを治療する薬があることも多くの中高年男性は知っています。

なのになぜED治療薬を利用してセックスをしようとする人はまだまだ少数なのでしょうか。その原因のひとつは、ED治療薬の入手にあたってかかる費用の高額さにあります。

クリニックに行く手間もある

また、クリニックに行って専門医に処方箋を書いてもらわなければならないということも多くの男性をED治療薬から遠ざけている理由でしょう。

・クリニックの営業時間内に訪れることが出来ない
・近場にクリニックがない
・わざわざクリニックに行くことが億劫で仕方がない

ED治療薬を欲しいと潜在的には思っているのに、こういった理由でクリニックに行くことを断念してしまう方もいると思います。病院へ行くというのはちょっと気合のいることですよね。

ドラッグストアで気軽に買えれば

「街中のドラッグストアで気軽にバイアグラが変えればなぁ」

こう思う方は少なくはないはずです。精力増強剤やサプリメントと同じ棚にED治療薬が並んでいればこんな便利なことはないですよね。

コンドームと精力増強剤とED治療薬をまとめED治療薬て買い物かごに入れてレジで清算する。こんな感じでより手間なくED治療薬を入手できればと思いませんか。

需要は絶対にある薬なので、もっと手軽に手を出せれば多くの人がハッピーになるはずです。なのになぜED治療薬を入手する道のりは手間ばかりなのでしょうか。

なぜED治療薬は市販されないのか?

なぜED治療薬は街中のドラッグストアなどで手軽に購入することが出来ないのか。その理由は、日本国内において適用される薬事法による縛りによるものです。

個人的にはもっとED治療薬が普及したほうが、結果的には国民の幸福度は上がるのかなとも思います。しかし、国はそのようには考えていないということですね。

風邪薬や胃腸薬などはドラッグストアで気軽に購入できます。そのような薬とED治療薬とは何が違うのでしょうか。以下に簡単にまとめていきます。

市販できない理由①:副作用のリスク

ED治療薬が市販されない理由。その1つ目は、ED治療薬には副作用のリスクが高い確率でつきまとうからです。

・頭痛
・顔のほてり
・鼻づまり
・めまい
・突発性難聴

などなどこれらの副作用が使用者の90%にあらわれるという調査結果もあるようです。

もちろん、個人によってその程度こそ違います。ただ、高確率で副作用の症状が身体に出てしまう以上、医師による診断は外すことが出来ないということなのでしょう。

市販できない理由②:併用禁忌薬の存在

副作用と並んでED治療薬の市販化への道を険しくしているものに、併用禁忌薬の存在があります。代表的なものとしては、ニトログリセリンなどの硝酸剤や塩酸アミオダロン製剤などですね。

バイアグラなどのED治療薬には血圧を下げるという副次的効果があります。硝酸剤や塩酸アミオダロン製剤にも血圧降下の作用があります。

つまり、ED治療薬とこれらの硝酸剤、塩酸アミオダロン製剤を一緒に摂取してしまうと血圧降下がダブルで効いてしまうということですね。その結果、重篤な副作用につながってしまう可能性もあります。

市販化で手軽にED治療薬を手にすることが出来るようになると、このような併用が禁止されている薬と飲み合わせてしまう方がでてきてしまう可能性が高まります。なので、入手までに医師による診断というストッパーを用意しているというわけです。

ED治療薬をクリニックにて処方してもらう前には、必ず今現在の常用している薬を医師に知らせることになります。このプロセスは欠かせることが出来ないものだという国の判断なのでしょう。

日本国内の薬事法事情

大まかにいって上記のような医薬品としての特製ゆえにED治療薬は市販化されるにいたっていません。日本の薬事法は、海外のそれと比べると厳格であるとされています。

海外では医薬品としての効果が出ないことが問題とされるらしいです。一方、日本では副作用で身体に害が出てしまうことが問題視されるようです。

このような文化的な差もあり、副作用が強くあり併用禁忌薬も多いED治療薬は市販化されていません。国民の健康のための判断というのは分かりますが、ED治療薬を欲する者としては悲しい現実ですね。

今後もED治療薬の市販は望み薄?

では、今後もずっとED治療薬は市販化され手軽に購入できるようにはならないのでしょうか。今後の規制の見直しなどはあるのでしょうか。筆者がザッと調べた感じでは、どうもED治療薬がドラッグストアで手軽に入手できるというのは望み薄な感じです。

鎮静剤のロキソニンなどはもともと処方箋が必要な医薬品でしたが、今では薬剤師がいればドラッグストアで購入することができます。これはロキソニンの安全が確立したからとという判断らしいです。

しかし、ED治療薬にはいまだ副作用と併用禁忌薬がついて回っているために、ロキソニンのようにはいかないでしょう。アメリカやフランスなどのED治療薬がより一般化している国でもいまだ市販化のめどはたっていないみたいです。いわんや日本においてをやって感じですね。

ED治療薬をコスパよく入手するために?

市販化される見込みが薄いED治療薬。そんなED治療薬をなんとかして手軽に入手できる方法はないのでしょうか。わざわざ手間をかけてクリニックにいき医師に処方箋してもらう他に、購入できる方法はないのでしょうか。

日本国内において認可されている正規のED治療薬は、残念ながら、クリニックで処方してもらう以外に入手する方法はないようです。しかし、ちょっとした裏ワザのような手法を使えばより手軽にED治療薬を入手できます。以下にまとめますので、興味がある方はチェックしてみて下さいね。

個人輸入が暫定一位の選択肢

クリニックにて専門医に処方してもらうよりもコスパよくED治療薬を入手する方法。それは、通販業者を利用し、ED治療薬を海外から個人輸入するという手法です。

シンガポールやインドなどの海外では日本国内よりも安価にED治療薬が販売される環境が整っています。このような国から個人でネット通販しED治療薬をゲットするというものですね。

日本国内では認可されておらず手に入れることのできないED治療薬のジェネリックなどもあるので、非常にお得感のある価格で薬を入手することができます。

低価格かつ高品質なインド製ジェネリック医薬品

インド製のジェネリック医薬品というと先入観からその品質を不安視する方もいるかもしれません。

しかし、国際的に権威のあるボランティア団体である「国境なき医師団」も治療のためにインド製のジェネリック医薬品を使用しているとのことです。インド製のジェネリック医薬品は専門家によって経済的負担を抑えつつ安全な医療活動が出来るものとみなされているということです。

安くて安全。この2つを同時に満たすことの出来るものがインド製のジェネリック医薬品なのです。

リスクは知識をつけることで乗り越える

しかし、当然ながら、海外から個人輸入にはリスクがともなうのも事実です。

医薬品の個人輸入は法律で認められている合法なものです。ですが、その医薬品を使用した結果こうむってしまった被害に関しては全て自己責任となってしまいます。

「海外の製薬会社や通販会社とトラブルになってしまった」
「しかも、それを自分でなんとかしなければならない」

こんなことになってしまったらなかなか難儀です。この不安感ゆえに多くの方が個人輸入というED治療薬の入手法を避けてしまいます。

しかし、実際のところ、海外からの医薬品の個人輸入において起こるトラブルは、事前にしっかりと情報収集をしておくことによって回避できるものがほとんどです。

個人輸入におけるリスクを前もって把握しておけば問題なく海外と取引できます。先入観で個人輸入という選択肢を排除してしまうのはもったいない気がします。

以下に医薬品の海外からの個人輸入におけるリスクとその対処法についてまとめておきます。もし、少しでも安く手軽にED治療薬を入手したいという気持ちがあるならば検討してみて損はないはずです。

最低限これだけは知っておくべきというものをコンパクトにまとめすので、ぜひチェックしてみて下さいね。

個人輸入のリスク①:副作用と併用禁忌薬

ED治療薬の海外からの個人輸入におけるリスクの1つ目は、副作用と併用禁忌薬の使用による身体への被害です。

クリニックでED治療薬を処方してもらう時には、専門医から以下のようなことについて問診を受けます。

・ED治療薬を使用するにあたっての副作用とその対処法
・常用している医薬品のED治療薬との飲み合わせの確認

これらをしてもらうことでED治療薬を安全に使用することが出来ます。

ED治療薬を個人輸入するにあたっては、これらの確認を自分で行う必要があります。仮に何も知らないままED治療薬を使用してしまうと身体に大きな負担となってしまうでしょう。

おすすめなのは、初めてED治療薬を使用する時には面倒でもクリニックを訪れ、医師に問診してもらう。そして、その後に慣れてきてから海外からの通販を利用するというものです。

知識不足でED治療薬を使用し、万が一なことがあったら取り返しがつかないので、一度でも医師の診察をうけるようにしましょう。

個人輸入のリスク②:悪徳通販業者

個人輸入におけるリスクの2つ目。それは悪徳通販業者に詐欺られてしまうということです。医薬品の個人輸入にあたっては、Amazonや楽天のような安心して利用できるショッピングサイトはありません。

たくさんある海外からの医薬品の通販専門サイトのなかから自分で取引をする業者を選ぶことになります。そして、それらの中には結構な確率で悪徳通販業者が潜んでいます。

もし、なにも知らずに悪徳通販業者と取引をしてしまうと、以下のようなことが起こってしまいます。

・注文した商品と違う粗悪品を送りつけられた
・いつまでたっても荷物が届かない

安さばかりを追求するとこういう悪徳通販業者に騙されてしまいます。海外から医薬品を通販するにあたってはいかにして信頼できる業者を見つけることが出来るかということが何よりも大事になってきます。

おすすめの通販業者は?

信頼できる通販業者の探し方・見つけ方に関しては別記事にて詳しく解説しています。興味がある方はぜひチェックして下さいね。ここでは、今現在、筆者が頻繁に利用している通販業者をお伝えします。

おすすめできる通販業者は「海外薬店」というサイトです。大手の医薬品通販業者と比べると知名度はそこまでかもしれませんが、きちんと商品を送り届けてくれる信頼できる業者です。

初心者は価格ではなくサポートの質を重視する

海外からの医薬品の個人輸入を初めてやってみる。そのような方は、各サイトで提示されている価格ではなく、サポートの質によって業者を判断するようにしましょう。

・品質保証や配達保証などをきちんとやってくれるか
・メールだけではなく電話によるサポートもしてくれるか

などなど、どれだけ顧客対応に真摯に取り組んでいるかをチェックするようにしましょう。

海外薬店でどれぐらいお得になるか

クリニックでバイアグラを処方してもらうと1錠あたり1500円ほどです。海外薬店では、バイアグラジェネリックが1錠あたり400円程度で販売されています。1錠あたりで1100円も違うわけです。

週一で薬を使用すると仮定すると1ヵ月で4400円。1年間で52800円。これだけのお得になるわけです。

ED治療薬はいつ市販化され手軽に入手できるようになるか分かりません。市販化され手軽に入手できるまではこの個人輸入でやりすごすのが個人的にはベストチョイスだと思います。

>>お薬のお得な通販はこちら<<

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを投稿する

ジェネリックED治療薬
平均:  
 0 reviews

-ED(勃起不全)治療薬, ジェネリック医薬品(ED治療), 賢い通販方法
-, , , , , , ,

Copyright© バイアグラorシアリスorレビトラ | ED薬の効果と副作用 , 2020 All Rights Reserved.